ポータブルゲーミングPC「ONEXPLAYER mini Pro Ryzen版」レビュー|Ryzen 7 6800U搭載機

ONEXPLAYER mini Pro Ryzen 6800U レビュー

ポータブルゲーミングPC「ONEXPLAYER mini Pro Ryzen版」は、Windows携帯ゲーム機としては一回り小さな 7インチサイズ、Nintendo Switchライクな見た目、RGBライトエフェクト機能、AMD Ryzen 7 6800U を搭載したモデルです。

主要スペックは Windows 11 Home、7インチ(1920×1200、10点マルチタッチ)、AMD Ryzen 7 6800Uプロセッサ、AMD Radeonグラフィックス、メモリー16GB / 32GB LPDDR5 6400MHz、ストレージ容量 512GB / 1TB / 2TB SSD を搭載しています。

ONEXPLAYER mini Pro Ryzen版 の価格・販売ストア

ONEXPLAYER mini Pro Ryzen 6800U 価格・販売ストア

ONEXPLAYER mini Pro Ryzen版は、国内通販サイトで広く販売しています。
One-Netbook公式ストアのほか、Amazon、ハイビームAKIBA公式オンラインストア、ハイビーム秋葉原本店(実店舗)で取り扱いを開始しています。

16GB / 512GBモデル
 一般販売価格:162,800円
 先行予約価格:146,520円

16GB / 1TBモデル
 一般販売価格:169,800円
 先行予約価格:152,820円

32GB / 2TBモデル
 一般販売価格:198,000円
 先行予約価格:178,200円

先行予約特典として『専用ハードケース』を用意しています。
2022年12月1日までの予約分限定で『専用ドッキングステーション』をプレゼント!

ハイビーム 公式オンラインストア

  製品名 ONEXPLAYER mini Pro Ryzen版 国内正規版 OS Windows 11 カラー ブラッ…

ONEXPLAYER mini Pro Ryzen版 のスペック

ONEXPLAYER mini Pro Ryzen版 のスペックを詳しく見ていきます。

  • ディスプレイ:7インチ、解像度 1920 × 1200、10点マルチタッチ対応
  • OS:Windows 11 Home 64bit
  • CPU:AMD Ryzen 7 6800U
  • GPU:AMD Radeonグラフィックス
  • メモリー:16GB / 32GB(LPDDR5 6400MHz)
  • ストレージ:512GB / 1TB / 2TB(PCle3.0 M.2 2280 SSD)
  • バッテリー:12450mAh PD対応
  • I/Oポート:USB-C 4.0 ×2、USB-A 3.0、イヤホンジャック
  • 無線:Wi-Fi6、Bluetooth 5.0
  • その他:フロントステレオスピーカー、6軸ジャイロ機能、マイク、
    振動モーター、RGBライトエフェクト
  • 大きさ:262 × 107 × 23~35mm
  • 重量:612g
  • 素材:ABS樹脂

免責事項:スペック情報の正確性には細心の注意を払っていますが保証は致しかねます。

ONEXPLAYER mini Pro Ryzen版 のレビュー

ポータブルゲーミングPC「ONEXPLAYER mini Pro Ryzen版」をレビューします。
付属品から基本的な特徴、インターフェース、操作性、ゲーム動作確認、ベンチマークテスト、評価すべき点、欠点についても徹底解説します。

付属品

ONEXPLAYER mini Pro Ryzen 6800U 付属品

マニュアル(中国語・英語)、USB Type-Cケーブル、100W 電源アダプターが付属します。

大きさ・重さ

ONEXPLAYER mini Pro Ryzen 6800U 大きさ・重さ

大きさは 262 × 107 × 23~35mm、重さは 620g(実測値)。
Windows携帯ゲーム機としては『やや軽め』で、持ち運びできるギリギリなサイズです。

片手で持つと重さを感じますが、両手で持つと重量バランスに優れているためか思ったより軽めです。本体筐体(ABS樹脂素材)のビルドクオリティは優れており、UVコーティングされた質感はさらりとした触り心地です。

ONEXPLAYER mini Pro Ryzen 6800U サイズ感

似たような形状・重さの製品と比較してみました。
いずれも実測値ではなく、公式発表されているスペックです。

製品名画面サイズ大きさ重さ
Nintendo Switch6.2インチ239 × 102 × 13.9mm398g
ONEXPLAYER mini Pro Ryzen版7インチ262 × 107 × 23~35mm620g
Nintendo Switch Lite5.5インチ208 × 91.1 × 13.9mm275g
Steam Deck7インチ298 × 117 × 49mm669g

大きさは一般的なサイズ感、重さは賛否両論と評価します。
任天堂から発売された携帯型ゲーム機を基準に考えると、重さは 500g未満がストレスなく使える印象を持ちます。人によっては短時間のゲームプレイでもストレス・負担を感じるかもしれません。

インターフェース

ONEXPLAYER mini Pro Ryzen 6800U インターフェース

インターフェースは、上部に USB-A 3.0ポート、USB-C 4.0ポート、イヤホンジャック、音量ボタン、電源ボタン。下部に USB-C 4.0ポート、左右にフロントステレオスピーカーを用意。指紋認証、microSDカードスロットは非搭載です。

ONEXPLAYER mini Pro Ryzen 6800U インターフェース

左右にはグリップがあり、しっかりとホールドできます。
接続できるポートは限定されているので、必要に応じて Bluetooth機器や専用ドッキングステーション、USBハブを活用しましょう。

ONEXPLAYER mini Pro Ryzen 6800U RGBライトエフェクト

本体サイドに RGBライトエフェクト機能を搭載しています。
RGBライトエフェクトの ON/OFF、RGBカラー、照明効果のプリセットを変更可能です。

ONEXPLAYER mini Pro Ryzen 6800U インターフェース

背面中央から左側には内蔵ファンの吸気口があり、上部の排気口へ放熱します。
回転数を自動 / 手動制御が可能で、一定温度になると自動停止します。

ドッキングステーション

ONEXPLAYER mini Pro Ryzen 6800U ドッキングステーション

別売りとして専用ドッキングステーションが用意されています。
本体下部にある USB-C 4.0ポートと接続することで機能し、インジケーターライトが点灯します。

ドッキングステーションの大きさは 100 × 98 × 72.5mm、重さは 127g(実測値)。
ONEXPLAYER mini Pro 本体だけの給電(5V)のほか、USB Type-C給電(20V)にも対応しています。

ONEXPLAYER mini Pro Ryzen 6800U ドッキングステーション

接続することで、USB-Typc-C 3.0(充電ポート)、HDMIポート、USB-A 3.0ポートを3つ、LANポート(RJ45)を拡張できます。周辺機器の拡張に加え、4K出力対応の HDMI からモニターに繋げてデスクトップPC としても使えます。

画面

ONEXPLAYER mini Pro Ryzen 6800U 画面

ONEXPLAYER mini Pro Ryzen版 の液晶ディスプレイは鮮明です。
7インチ液晶ディスプレイ(IPS、16:10)、解像度 1920 × 1200、画素密度 323PPIです。
10点マルチタッチ対応で、操作・感度、画面の明るさは良好です。

ネイティブランドスケープな液晶ではなく、画面の向きは「横(反対向き)」表示です。
デフォルトの解像度は 1920×1200、スケーリングは 200% で、文字も大きく視認性は優れています。

この状態だと正常に表示されないアプリがあるので、必要に応じて解像度・スケーリングの調整や、Steamビックピクチャーモードでの起動が必要です。

操作性

ONEXPLAYER mini Pro Ryzen 6800U 操作性

操作性・持ちやすさは『優れている』と評価します。
一般的なコントローラーのように、しっかりと本体をホールドできるのが特徴です。
ABXYボタンサイズは 8.7mm、ストロークは 1.2mm。各種ボタンはメンブレン、LT/RTボタンはアナログトリガーを採用しています。

右側には Startボタン、ABXYボタン、アナログスティック、 キーボードボタン、Turboボタンが用意されています。マウスモードへの切り替えはキーボードボタンを長押し、左アナログスティックがマウスカーソル、Aボタンが左クリック、Bボタンが右クリック、右アナログスティックがスクロール、方向ボタンが機能します。

ONEXPLAYER mini Pro Ryzen 6800U 操作性・持ちやすさ

左側には Backボタン、左アナログスティック、Homeボタンが用意されています。
Homeボタンを押すと作業中画面からデスクトップ画面に切り替わり、もう一度押すと作業中の画面へ復帰します。

Homeボタンはファンクションキーとしても機能します。
下記の機能が割り当てられています。

  • Homeボタン長押し:Xbox Game Bar表示
  • Homeボタン+キーボードボタン:Ctrl + Alt + DELキー
  • Homeボタン+Turboボタン:全画面スクリーンショット
  • Homeボタン+音量-ボタン(短押し):RGBエフェクト変更
  • Homeボタン+音量-ボタン(長押し):RGBエフェクト ON/OFF

ONEXPLAYERシリーズで培ってきた技術やユーザーフィードバックが活かされています。
ただし、ポータブルゲーミングPC の欠点として、キーボード入力がソフトウェアキーボードに依存します。キーボード入力が必要となるシチュエーション、ゲームタイトルを想定するなら別途キーボード接続が必要です。

専用アプリ「GAME CENTER」

ONEXPLAYER mini Pro Ryzen 6800U 専用アプリ

Turboボタンは、専用アプリ「GAME CENTER」の呼び出しボタンです。
TDP(Thermal Design Power)設定、GPUクロックスピード(周波数)、冷却ファンの回転数、バイブレーションの強弱、解像度、RGBライトエフェクト、明るさのレベル、音量をリアルタイムに設定できます。

TDP のデフォルト設定は 15W で、最大28W まで変更可能です。
4W~28W の 1W刻みで調整が可能で、ユーザー自身で簡単に変更・設定ができます。

ゲーム動作確認

ONEXPLAYER mini Pro Ryzen 6800U ゲーム動作確認

最新のゲームタイトルも動作しますが、最低・推奨システム要件ありきです。
遊ぶゲームタイトルに合わせた画面設定(テクスチャクオリティ、品質、解像度など)の変更が必須です。

ONEXPLAYER mini Pro Ryzen 6800U FPS

手持ちのゲームタイトルが遊べるレベルに動作し、Ryzen 7 6800U の性能を実感できます。
解像度を 1280 × 800 に変更すれば、60FPS の快適なゲームプレイが可能です。

FPS測定値は、One-Netbook社ラボ公開の実測データです。
動作環境:解像度 1280 × 800、TDP 28W、低設定

ONEXPLAYER mini Pro Ryzen 6800U RSR

グラフィックカード向けの機能に対応しています。
ゲーム解像度を下げた状態で高画質なスケールアップを実現できる機能『RSR(Radeon Super Resolution)』、水面や鏡、窓への映り込みなどのリアルな映像表現が可能な『レイトレーシング』に対応しています。

ざっくりとした使い方は、AMD Software: Adrenalin Edition をインストールして、RSR(Radeon Super Resolution)を有効化します。次にディスプレイ解像度を 1920×1200 に設定してゲームを起動して、ゲーム設定の解像度を 1280 × 800 にぐっと下げることで RSR が機能します。

画面サイズが小さい Windows携帯ゲーム機にマッチした機能で、ゲーム解像度・処理負荷を下げて高画質・スケールアップにして FPS を高めたり、逆に処理負荷を少し上げてリアルで鮮明な映像を映し出すといった使い方を選択できます。

すべてのゲームタイトル・環境で正常動作するものではありません。

ストレージ状態

ONEXPLAYER mini Pro Ryzen 6800U 初期ストレージ

ONEXPLAYER mini Pro Ryzen版 のストレージ容量は 512GB / 1TB / 2TB です。
パーティション分割されており、専用アプリがプリインストールされています。

搭載されている OS は「Windows 11 Home」です。
日本語対応しているので、問題なく初期インストールを進められます。

本体の初期化

万が一のトラブルがあっても、初期化ユーティリティで解決できます。
下記手順を参考に進めてください。

  1. 電源オフを確認
  2. 電源ボタン押す
  3. 「Homeボタン」(左下ボタン)と「音量+ボタン」を同時押し
  4. Bootメニューが表示される
  5. キーボードボタンを長押し(ランプ点灯する)
  6. 十字キーで「UEFI OS」を選択
  7. 「Startボタン」で決定
  8. 「System Recovery」をタッチ
  9. 「Start」をタッチ
  10. しばらく待つと完了
バッテリー残量が 60% 以上でないと実行できません。
ただし、給電をしながらであれば実行可能です。

ONEXPLAYER mini Pro Ryzen版 のベンチマーク

ONEXPLAYER mini Pro Ryzen 6800U ベンチマーク

ONEXPLAYER mini Pro Ryzen版 のベンチマーク結果です。
設定・環境によって変わることがあるので、あくまでも参考程度にとどめてください。

冷却能力

ONEXPLAYER mini Pro Ryzen 6800U ベンチマーク

ベンチマークテストで負荷をかけた状態の温度を計測しました。
最大温度は 90度を超えましたが、一定時間経過後には 40度台で安定します。
TDP 28W 設定時の冷却能力に関しては、やや不十分のように思えます。

ゲームプレイ時でも体感的に温かさは感じません。
画面上部が 40度ほどになりますが、それ以外の筐体表面温度は 30~34度ほどです。

内蔵ファンの風切り音は、負荷がかかる際に一時的に大きくなります。
そのため、没入感があるゲームミュージックを楽しむにはイヤホンが必須です。

ストレージ速度(SSD)

ONEXPLAYER mini Pro Ryzen 6800U SSD速度

標準搭載されている M.2 2280 SSD のストレージ速度です。
ONEXPLAYER で採用されている PCIe 3.0規格の SSD が搭載されています。

PCle4.0規格の SSD サポートしています。

バッテリー情報

ONEXPLAYER mini Pro Ryzen 6800U バッテリー情報

ONEXPLAYER mini Pro Ryzen版 のバッテリー状態です。
バッテリーの基本情報、容量、状態などの参考としてください。

ベンチマークテスト結果

ONEXPLAYER mini Pro Ryzen版 のベンチマークテスト結果です。
標準設定の『15W』、高性能設定の『28W』、解像度 1920 × 1200 でのベンチマークスコアを比較しています。

ベンチマークテスト15W28W
ドラゴンクエストX ベンチマーク 標準品質 フルスクリーン91189813
ドラゴンクエストX ベンチマーク 最高品質 フルスクリーン83908512
ドラゴンクエストX ベンチマーク 標準品質 ウィンドウ917511071
ドラゴンクエストX ベンチマーク 最高品質 ウィンドウ80968273
ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレ 標準品質64337996
ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレ 標準品質 ノートPC64607948
ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレ 高品質46995320
ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレ 高品質 ノートPC39926432
ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレ 最高品質35185116
PCMARK 1052176017
3DMARK Time SPY20182734
3DMARK Fire Strike50096542
3DMARK Night Raid1841623694
CINEBENCH Release23778410318
CINEBENCH Release23(Single Core)14211214

連続稼働時間

ONEXPLAYER mini Pro Ryzen版 の連続稼働時間の測定結果です。
測定にはベンチマークテスト BBench を使用しています。

  • ディスプレイの明るさは 50%
  • ボリューム 50%
  • スリープしない
  • 無線LAN / Bluetooth:ON
  • 電源プラン「バランス」
  • TDP設定「15W」

上記の測定条件で、強制休止までの時間を計測したところ、計測結果は4時間11分でした。
重ためのゲーミング使用に限定した場合では、設定ありきで1~2時間と見て良いでしょう。

消費電力と供給電力の関係を考えると、モバイルバッテリーでの運用は厳しいです。
電源が確保できる環境での使用を推奨します。

まとめ

ONEXPLAYER mini Pro Ryzen 6800U レビュー

ONEXPLAYER mini Pro Ryzen版は、Ryzen 7 6800U を搭載したアップグレードモデルです。
7インチサイズの Nintendo Switchライクな見た目に、新たに本体サイドに RGBライトエフェクト機能、これまでの操作性・持ちやすさはそのままにスペックアップしています。

大きさ・重さは Windows携帯ゲーム機としては一般的なサイズ感・重さです。
RSR を有効化してゲーム解像度・品質を工夫することで、快適なゲーミング体感を楽しめます。

長時間のゲームプレイでも体感的な発熱温度が気になることはありません。
28W設定時の最大温度は気になりますが、放熱対策・冷却能力については十分に備わっていると評価します。

メリット
デメリット
  • Ryzen 7 6800U搭載機
  • 大きさ・重さ
  • 操作性・持ちやすさ
  • RGBライトエフェクト
  • 放熱対策・冷却能力
  • 専用アプリ
  • 価格
  • PC操作(キーボード・マウス)
  • microSDカードスロット 非搭載
  • キックスタンド 非搭載
  • 指紋認証 非搭載
  • バッテリー持ち

小型・軽量化にフォーカスした作りを目指したため、指紋認証によるセキュアなログイン機能やキックスタンドは非搭載です。インターフェースの少なさ、キーボード入力の不足感は否めませんが、専用ドッキングステーションや USBハブを接続することで補える作りとなっています。

従来モデルと比べての販売価格は、かなり検討しています。
AMD Ryzen 6800U を搭載した Windows携帯ゲーム機で、本体サイズ・重さはそこそこ、ゲームに必要最低限プラスアルファの機能を求めている人に最適なモデルと評価します。

ONEXPLAYER mini Pro Ryzen版の購入を検討している人は、主要スペックは同等で、本体・画面サイズを大きくした AOKZOE A1 をあわせて検討することをおすすめします。

ハイビーム 公式オンラインストア

  製品名 ONEXPLAYER mini Pro Ryzen版 国内正規版 OS Windows 11 カラー ブラッ…

あわせて読みたい

Windows携帯ゲーム機「AOKZOE A1」は、大型8インチの Nintendo Switchライクな見た目に、RGB LEDイルミネーション機能、AMD Ryzen 7 6800U を搭載したモデルです。ちなみに、AOKZO[…]

AOKZOE A1 レビュー
あわせて読みたい

Windows携帯ゲーム機「AYANEO AIR」は、超軽量薄型 398g を実現したモデルです。AYANEOシリーズとしては初となる有機ELディスプレイ、LEDイルミネーション機能、LC/RCボタン、microSDカードスロット[…]

AYANEO AIR レビュー
あわせて読みたい

モバイルゲーミングPC「GPD WIN Max 2」は、ゲームだけでなくビジネスユースにも活躍できるモデルです。Ryzen 7 6800U を搭載した高いスペック、拡張性の高さとインターフェースの豊富さが魅力です。主要スペ[…]

GPD WIN Max 2 レビュー
あわせて読みたい

中華ゲーム機「ANBERNIC WIN600 Ultimate Edition」は、限定カラー採用、主要スペック(メモリー・SSD)をアップグレードした低価格・軽量な Windows携帯ゲーム機です。Windows 10 / St[…]

ANBERNIC WIN600 Ultimate Edition レビュー
あわせて読みたい

2022年上期(2022年1月~6月)の中華ゲーム機の売れ筋ランキングを発表します。世界的な半導体不足の影響が続いた 2022年上期、その中でも一番売れた中華ゲーム機の売れ筋ランキングを発表します。5つのカテゴリ分けしたラ[…]

2022年上期 中華ゲーム機ランキング

実践済み!格安販売「Windowsライセンス」

圧倒的な安さで Microsoft Windows 10 / Officeなどを販売している consogameで Windows 10 Proを実際に購入した導入手順などを詳しくご紹介しています。

ローリスク・ハイリターンで、正規ライセンスを手に入れよう!

CTR IMG