テンセント、ウワサのゲーミングUMPC は「ONEXPLAYER」で確定!2021年5月10日クラウドファンディングを開始、819ドルから。

テンセント 携帯型ゲーミングデバイス

テンセントが特許取得をしたウワサの “PCビデオゲームコンソール” は、One-Netbook社のゲーミングUMPC「ONEXPLAYER」であることが確定しました。

2021年5月10日、クラウドファンディングサイト Indiegogo でキャンペーンを開始、第11世代インテルプロセッサー、DDR4X-4266 の 16GB メモリーを搭載したスペックが異なる3モデルを同時リリース、超早期出資価格は 819ドル~と正式リリースされました。

あわせて読みたい

ゲーミングUMPC「ONEXPLAYER」は、テンセントが特許取得したウワサの “PCビデオゲームコンソール” として登場し、2021年5月10日にクラウドファンディングサイト Indiegogo で、プロモーション目的[…]

ONEXPLAYER 実機レビュー

ONEXPLAYER のスペック

CPUとストレージ容量の組み合わせが異なる「3モデル」をリリースします。

  • Core i7 1185G7+2TBモデル
  • Core i7 1165G7+1TBモデル
  • Core i5 1135G7+512GBモデル
CPU、ストレージ容量以外のスペックは3モデルとも同じです。
ONEXPLAYER
  • ディスプレイ:8.4インチ(2560×1600)、IPS(358PPI)、10点マルチタッチ対応、4096段階筆圧感知
  • OS:Windows 10 Home
  • CPU:Core i7-1185G7 / i7-1165G7 / i5-1135G7
  • GPU:Intel Iris Xe Graphics
  • RAM:16GB(LPDDR4x-4266)
  • ストレージ:512GB / 1TB / 2TB(M.2 2280 PCIe3.0x4)
  • バッテリー:15300mAh、59Wh/20V 3.25A、65W PD
  • 入出力ポート:USB Type-C(USB 4.0)× 2、USB 3.0、Pogo Pin、3.5mmイヤホンジャック、microSDカードスロット
  • 無線:Wi-Fi6、Bluetooth5.0
  • その他:ステレオスピーカー、指紋認証(電源ボタン)、専用キーボード有り
  • 大きさ:288 × 131 × 21~44 mm
  • 重量:820g(試作機の実測値)

免責事項:スペック情報の正確性には細心の注意を払っていますが保証はできかねます。


3モデルの価格をチェック!

ONEXPLAYER の3モデルの価格は次のとおりです。

モデル超早期出資枠早期出資枠一般出資枠販売価格
i5-1135G7+512GBモデル819ドル879ドル899ドル1,059ドル
i7-1165G7+1TBモデル899ドル959ドル999ドル1,159ドル
i7-1185G7+2TBモデル1,499ドル
専用キーボード39.99ドル79.99ドル

超早期出資枠、早期出資枠は限定数量で、クラウドファンディング開始後すぐになくなる可能性が高いです。競争率が高いプロモーション目的な要素が強いので、一般出資枠を価格を参考にすると良いでしょう。

ONEXPLAYER のサイズ感

ONEXPLAYER Indiegogo

同じような携帯型ゲーミングUMPC として発表されている GPD WIN3、AYANEO よりも、ONEXPLAYER は大きく・重たいモデルです。Nintendo Switch Lite の大きさ・重さと、3つのデバイスを見比べるとサイズ感がわかりやすいです。

製品名画面サイズ大きさ重さ
ONEXPLAYER8.4インチ288 × 131 × 21~44 mm825g
AYA NEO7インチ255 × 106 × 20mm650g
GPD WIN35.5インチ198 × 92 × 27mm560g
Nintendo Switch Lite5.5インチ208 × 91.1 × 13.9mm275g

任天堂が過去に発売した大きめ・重たい Wii U GamePad が 500g であることを考えると、それを超える重量のデバイスを両手持ちすることはストレス・負担に感じられる重さとなるでしょう。

ONEXPLAYER サイズ感

ただ、実際に GPD WIN3、AYA NEO Founder Edition を実機レビューした経験からすると、両手持ちでの長時間ゲームプレイには向いていません。どちらかと言えば、本体のスタンドを立てかけてゲームプレイするのに向いているモデルです。


専用キーボードはマグネット式

ONEXPLAYER キーボード

ONEXPLAYER にはマグネット式の専用キーボードを用意しています。
重さは 156g で、本体の重さとあわせると 980g ほどになります。
出資価格は 39.99ドルで、一般販売価格 79.99ドルの 50%OFF での提供です。

ONEXPLYAER 本体下部には Pogo Pin が設置されており、そこに専用キーボードの接続部を近づけると、マグネットによりピッタリと接続できる構造です。

ONEXPLAYER キーボード

公式発表によると現時点では『英字キーボードのみ』が予定されています。
マウス操作に対応したトラックパッドも備わっているので、パソコンライクに使えるという点は、サイズ感を生かした特徴といえそうです。

見てわかるとおり、手に持ったままでのキーボード入力には向いておらず、安定した場所での入力作業に向いています。

あわせて読みたい

GPD WINシリーズの最新作「GPD WIN3」は、新たに第11世代TigerLake-Uシリーズ、スライド式キーボードを採用したモデルです。これまでのシリーズ以上にゲーミングにフォーカスされただけでなく、デスクトップPC のよ[…]

GPD WIN3 レビュー

特徴が異なるゲーミングUMPC、選ばれるのはどれだ。

ONEXPLAYER クラウドファンディング

ONEXPLAYERは、これから注目を集めていきそうなゲーミングUMPC です。
テンセントが特許取得したウワサの “PCビデオゲームコンソール”、インテル社のプロダクトイノベーションアワードを受賞したデバイス、そして、One-Netbook社としては初の試みであるクラウドファンディングキャンペーンを開始。

GPD WIN3、AYA NEO に続き、ONEXPLAYER が正式リリースされました。
特徴が異なるゲーミングUMPC 3つが出揃い、2021年夏頃に一般販売がはじまります。
三つ巴の戦いで『選ばれるデバイス』は、どれになるのでしょうか。

Source:INDIEGOGO

あわせて読みたい

AMD Ryzen 5 4500U搭載の携帯型ゲーミングPC「AYA NEO Founder Editon」は、中国国内限定モデルとして先行リリースされたモデルです。その後、世界向けモデルとして同スペックの AYA NEO が I[…]

AYA NEO Founder Edition 実機レビュー

Amazonでお得に買い物できる節約術!

Amazonでお得に買い物したいのなら、Amazonギフト券 がおすすめです。

1円単位でも購入できるので余すことなく使い切れます。

しかも、初回購入ならキャッシュバックポイントがもらえる!

Amazonでお得に買い物

  1. キャンペーンにエントリー
  2. Amazonギフト券を 5,000円以上注文する
  3. コンビニ・ATM・ネットバンキング払いで支払う
  4. 支払い完了月の翌月中旬頃にポイント付与

Amazonでよく買い物をする人ほど、お得に買い物できる!
しかも、プライム会員なら還元されるポイントも UP!

\ お得に買い物できる節約術 /

最大2.5%分のポイントがもらえる!
コンビニ・ATM・ネットバンキング払いが対象

実践済み!格安販売「Windowsライセンス」

圧倒的な安さで Microsoft Windows 10 / Officeなどを販売している consogameで Windows 10 Proを実際に購入した導入手順などを詳しくご紹介しています。

ローリスク・ハイリターンで、正規ライセンスを手に入れよう!

CTR IMG