携帯型ゲーミングPC「AYA NEO Founder Edition」を実機レビュー。デザイン性の高さ・新たな選択肢を提示したモデル

AYA NEO Founder Edition 実機レビュー

AMD Ryzen 5 4500U搭載の携帯型ゲーミングPC「AYA NEO Founder Editon」は、中国国内限定モデルとして先行リリースされたモデルです。その後、世界向けモデルとして同スペックの AYA NEO が INDIEGOGO でクラウドファンディングを開始、無事に資金調達を達成しました。

一足早く AYA NEO Founder Edition をお借りしたので、Nintendo Switch Liteライクな見た目、AMD Ryzen 5 4500U搭載、7インチ液晶ディスプレイというポテンシャルを秘めたゲーミングデバイスをご紹介していきます。

AYA NEO Founder は技適認証済みの製品ではありません。
技適未取得機器を用いた実験等の特例制度」を利用したうえで公開しています。

AMD Ryzen 5 4500U搭載「AYA NEO」という選択肢

AYA NEO Founder Edition レビュー

2020年11月に開催された WePlay Expo 2020 でお披露目された AYA NEO は、初めて AMD Ryzen 5 を搭載した携帯型ゲーミングPC ということで大きな注目・反響を獲得しました。

開発当初に発表された試作機は、おもちゃブロックを組み立てた筐体だったため、中国フォーラムなどでもフェイクであると指摘されていました。数々の苦難を乗り越え 完成された AYA NEO は、今では中国ユーザーや大手メディアなどから高評価を得ているデバイスです。

AYA NEO Founder Edition レビュー

GPD WIN3 でも OneXplayer でもない、新たな選択肢になりえるデバイスです。
モバイルゲーミングPC「AYA NEO」は、正規輸入品の国内販売を開始しています。
ざっくりとした販売価格は 500GBモデルが 11万円~、1TBモデルが 12万円~で、CPU や ストレージ容量の組み合わせ、限定モデルによって価格が異なります。

適宜価格改定を実施予定で 2021年10月中旬に発送予定です。
この価格はクラウドファンディング価格とそれほど大きな差がなく、海外通販価格よりも安いうえに、国内1年保証が付いているのでお得です。

あわせて読みたい

モバイルゲーミングPC「AYA NEO」の国内先行予約を開始、販売価格は 99,980円(税込)で 2021年7月末~8月初旬に出荷を予定しています。一定台数の受付後は、適宜価格改定を実施していくことをアナウンスしています。[…]

AYANEO 国内予約開始

AYA NEO のスペック

はじめに AYA NEO のスペックを詳しく見ていきます。
AYA NEO Founder Edition と AYA NEO の基本スペックは同じです。

  • ディスプレイ:7インチ(1280×800)、IPS(215PPI)、5点マルチタッチ対応
  • OS:Windows 10 Home 64bit版
  • CPU:AMD Ryzen5 4500U / 6スレッド
  • GPU:AMD Radeon Vega 6
  • RAM:16GB DDR4-4266 LPDDR4X
  • ストレージ:512GB or 1TB PCIe NVMe(M.2 2280)
  • バッテリー:12300mAh、47Wh、65W PD
  • I/Oポート:USB Type-C×3、イヤホンジャック
  • 無線:Wi-Fi6、Bluetooth 5.0
  • その他:ステレオスピーカー、ジャイロスコープ、重力センサー
  • 大きさ:255 × 106 × 20mm
  • 重量:650g

免責事項:スペック情報の正確性には細心の注意を払っていますが保証はできかねます。

AYA NEO Founder Edition をしっかりチェックしていく

AYA NEO Founder Edition をしっかりチェックしていきます。
中国国内限定モデルなので、世界向けモデル AYA NEO では仕様・動作などは大きく変更される可能性があります。

AYA NEO 製品版のレビューも公開しています。こちらも併せて参考にしてみてください。

あわせて読みたい

海外クラウドファンディング Indiegogo でキャンペーンを実施していたモバイルゲーミングPC「AYA NEO」が、支援者へ向けた本格的な出荷がはじまりました。AMD Ryzen 5 4500Uを搭載していることが特徴[…]

AYA NEO 実機レビュー

付属品をチェック

AYA NEO Founder Edition 付属品

60W充電ACアダプター、ユーザーマニュアルカード、USB Type-Cケーブル、USB Type-C変換アダプタ2つが付属します。

ユーザーマニュアルカードの QRコードは、公式サイトのマニュアルページにリンクされています。必要なアプリ、ドライバー類の最新版をダウンロードできます。裏面にはシリアルNo.、プロダクトキーなどが記載されています。

サイズは大きく・重さもある

Nintendo Switch Lite と AYA NEO Founder Edition

AYA NEO Founder Edition の大きさは 255 × 106 × 20mm、重さは 643g(実測値)です。
これまでに発売されている一般的な携帯ゲーム機と比べると、かなり重たく感じます。

Nintendo Switch Lite と比べてみると、大きさの差は歴然です。
このサイズ感を受け入れられるかが、AYA NEO を選択する上でのポイントとなりそうです。

GPD WIN3 Nintendo Switch Lite

GPD WIN3 と比べてみてと、厚みはないものの一回り大きく・幅広であることがわかります。
体感的な重さは GPD WIN3 と AYA NEO では、それほど大きな差はないように感じました。

ただ、任天堂製品をはじめとした携帯型ゲーム機の重さは、ほとんどが 500g ほどに抑えられています。それを超える重さなので、人によっては短時間のゲームプレイでもストレス・負担に感じる重さかもしれません。

AYA NEO Founder Edition 本体サイズ

また、専用アクセサリーとしてグリップが販売されているようにフィット感はそれほど良くありません。滑りやすいプラスチック素材なので、手汗をかきやすい人は本体右上のストラップホールを利用するのが安心です。

製品名大きさ重さ
GPD WIN3198 × 92 × 27mm555g
AYA NEO Founder Edition255 × 106 × 20mm643g

冷却能力は高く、放熱対策は十分

AYA NEO Founder Edition 放熱対策

AYA NEO Founder Edition の冷却能力、放熱対策は十分です。
AMD Ryzen 5 4500U搭載、初リリース製品なので心配していましたが問題ありません。

本体裏面を見てもわかるように大きな冷却ファン・吸気口が備えています。
また、本体上部の右半分に大きな排気口を用意しています。

ただ、GPD WIN3 と同じように平置きするとスキマがほとんどありません。
柔らかな床面に平置きすると吸気口をふさいでしまい、冷却能力に支障が出てくる恐れがあるので注意が必要です。

ゲーミングに特化した操作性

AYA NEO Founder Edition 携帯型ゲーミングPC

AYA NEO Founder Edition はゲーミングに特化した操作性を実現しています。
そのため、当たり前のことですがキーボード・マウスの操作性は期待できません

また、マウスモードとジョイスティックモードを切り替えるスイッチはありません
マウス操作は Controller Companion などの外部アプリを利用すれば問題ありませんが、キーボード入力は Windows10標準のソフトウェアキーボード依存します。

AYA NEO Founder Edition ジャイロセンサー

Nintendo Switch Liteライクな左右に分けれたコントローラーは、Xboxボタンレイアウト・機能を採用しています。6軸のジャイロセンサー、振動機能も搭載しています。

ゲームコントローラーとしての操作性は良く、ボタンの押し心地はクリック感あり、沈み込みは浅めです。ボタンの大きさは Nintendo Switch Lite の ABXYボタンよりもやや大きめです。

AYA NEO Founder Edition 左コントローラー

左側には LEDイルミネーションボタン、Xboxボタンと同等機能を持つHボタン、ビューボタン、メニューボタンを配置しています。電源OFF の状態であっても、給電・充電中であればイルミネーションボタンは機能します。

AYA NEO Founder Edition 右コントローラー

右側には Windowsキーの WINボタン、ESCキーの ETSボタン、Ctrl+Alt+Delete の TMボタン、Windows10標準のソフトウェアキーボードが ON/OFF 可能な KBボタンを配置しています。

AYA NEO Founder Edition だけのカラー、LEDイルミネーション

AYA NEO Founder Edition カラーバリエーション

AYA NEO Founder Edition の本体カラーは、限定カラー「クリア」です。
世界向けモデルの AYA NEO の本体カラーバリエーション(ライトムーン、ダークスター)と異なり、限定カラーの再販はないと公式アナウンスされています。

AYA NEO Founder Edition LEDイルミネーション

クリアカラーということで、ゲーミングデバイスらしい LEDイルミネーションが目立ちます。
LEDライトは本体背面に4つ設置されており、イルミネーションパターンは全15パターン(常時点灯8色、呼吸点灯7色)用意されています。

世界向けモデル AYA NEO にも LEDイルミネーションボタンは存在するので、どのようなイルミネーションになるのか注目されています。また、将来的にはコラボモデルを発売することもアナウンスされています。

最低限の入出力ポートを搭載

AYA NEO Founder Edition I/Oポート

AYA NEO Founder Edition に備えられている入出力ポートは少なめです。
USB Type-Cポート3つ(内、2つは映像出力、PD対応)、イヤホンジャックだけです。
そのほかに、電源ボタン、音量調整ボタンがあるのみです。

ちょっとしたセットアップ作業には問題ありませんが、それ以上を求めるのであれば、マウス・キーボード、拡張性に優れたドッキングステーションやハブを別途接続することをおすすめします。

AYA NEO Founder Edition 入出力ポート

別売りの専用アクセサリーとして、ドッキングステーションが用意されています。
USBポート(USB 3.2 Type-A)×2、USB Type-C ×2、HDMIポート、RJ45ネットワークポート(有線LAN)、SDカードスロット、microSDカードスロットを拡張できる予定です。

あわせて読みたい

ケーブル1本で周辺機器を一括管理できるドッキングステーションが注目を集めています。在宅勤務などでノートパソコンを持ち運ぶ際に、ケーブルの抜き差しって大変ですよね。ドッキングステーションを使えば、そのようなわずらわしさから解放されま[…]

Baseus Working Station レビュー

7インチ液晶ディスプレイ、解像度は低め

AYA NEO Founder Edition 7インチ液晶ディスプレイ

AYA NEO Founder Edition の液晶ディスプレイは 7インチ、解像度は 1280 × 800 です。
GPD WIN3 と同じように評価は分かれるところですが、液晶ディスプレイサイズに合わせた最適なパフォーマンスを発揮できる選択となっています。

液晶ディスプレイの発色は、画面全体が黄ばんでいるように見えます。
この部分については個体差、製造段階の品質のバラつきもあることから、AYA NEO 全体の問題とはいえません。

AYA NEO Founder Edition 解像度・スケール

左右のベゼル幅は 14.5mm、上下は 4.5mm ほどで、左右のベゼル幅の広さが少し目立ちます。
画面の大きさ・見やすさについては、GPD WIN3 よりも AYA NEO Founder Edition の方にアドバンテージがあります。

初期ストレージ状態を確認

AYA NEO Founder Edition ストレージ

AYA NEO Founder Edition のストレージ容量はモデルによって異なります。
今回のレビュー品は 1TBモデルで、パーティション分割はされておらず無駄なアプリもプリインストールされていません。

搭載されている OS は「Windows 10 Home」です。
言語パックは英語・中国語の2つだけで、世界向けモデルの AYA NEO では追加するようです。
上画像は、すでに初期設定・アプリ導入後の状態なので参考としてください。

あわせて読みたい

GPD製品(GPD WIN 2)で何度もSSD の換装をしていたところ、ライセンス認証ができなくなりました。問い合わせするのも時間がかかり面倒、新しい OS を購入するのは高すぎる。ローリスクハイリターンな格安ライセンスを手に入れろ![…]

consogame

専用アクセサリーは充実

AYA NEO アクセサリー

AYA NEO 専用アクセサリは充実しています。
ドッキングステーション、液晶ディスプレイの強化スクリーンプロテクター、キャリングケース、左右のアナログスティック用キャップ、ハンドルグリップなどの販売準備を進めています。

AYA NEO キャリングケース

キャリングケースは、カバンに収納して持ち運ぶというよりも、単体で持ち運ぶような大きなサイズです。専用品だけあって、AYA NEO の付属品をすべて収納できるよう作られています。

AYA NEO アナログスティックキャップ

左右のアナログスティックキャップは高さの異なる3種類を用意しています。
カラーバリエーションも3色(ブラック、ブルー、グリーン)で、自分好みに変更できます。

専用アクセサリーのほとんどは、Skull&Co製 で AYA NEOモデルとして発売予定です。
もしかしたら、今後も専用アクセサリーが充実していくかもしれません。

あわせて読みたい

AYA NEO専用アクセサリが海外通販サイト:AliExpress で販売しています。販売しているのは、スクリーンプロテクター、キャリングケースの2つです。価格は 50%OFF となっていますが、INDIEGOGO価格とほ[…]

AYA NEO ダークスター

AYA NEO Founder Edition のベンチマーク

AYA NEO Founder Edition ベンチマーク

AYA NEO Founder Edition のベンチマーク結果を簡単に確認していきます。
中国国内限定モデルなので、これから出荷される AYA NEO とのベンチマークテスト結果と相違があるかもしれません。あくまでも参考程度にとどめてください。

冷却能力をチェック

AYA NEO Founder Edition 温度・冷却能力

ベンチマークテストで負荷をかけた状態で温度を計測しました。
最大温度は 77度まで上昇したものの、一定時間経過後には 40度台で安定しています。

内蔵ファンの音は平常時ではまったく気にならず、負荷がかかる際には一時的に大きくなるもののゲームプレイ時に気になることはありません。

一番熱を帯びている排気口部分を赤外線温度計で計測したところ、最高表面温度は 45度でした。持ち手となる部分には熱は伝わらないように設計されているので心配はいりません。

ストレージ速度をチェック

AYA NEO Founder Edition SSD速度

AYA NEO Founder に標準搭載されているのは SanDisk Western Digital製の SDBPNPZ-1T00 です。GPD WIN3 に標準搭載されている SSD よりワンランク上の速度を実感できます。

バッテリー状態を確認

AYA NEO Founder Edition 内蔵バッテリー

AYA NEO Founder のバッテリー状態です。
バッテリーの基本情報、容量、状態などの参考としてください。

ベンチマークテスト結果

AYA NEO Founder のベンチマークテスト結果はご覧のとおりです。
GPD WIN3 試作機(Corei5-1135G7、高性能モード(PL1=25W、PL2=28W))と AYA NEO Founder Edition のベンチマークスコアを比較しています。

AYA NEO Founder は、ドラゴンクエストX ベンチマークのフルスクリーン表示(1280 × 720)では動作しないので、仮想フルスクリーン表示での結果を記載しています。

ベンチマークテストGPD WIN3AYA NEO
ドラゴンクエストX ベンチマーク 標準品質 フルスクリーン1204314351
ドラゴンクエストX ベンチマーク 最高品質 フルスクリーン1140012832
ドラゴンクエストX ベンチマーク 標準品質 ウィンドウ1516814329
ドラゴンクエストX ベンチマーク 最高品質 ウィンドウ1503813050
ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ 標準品質 デスクトップPC107836757
ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ 標準品質 ノートPC107626930
ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ 高品質 デスクトップPC76504861
ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ 高品質 ノートPC92065546
ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ 最高品質71764359
PCMARK 1046914917
3DMARK Time SPY15581120
3DMARK Fire Strike44292945
3DMARK Night Raid1600711722
CINEBENCH Release2013331897
CINEBENCH Release20(Single Core)486453

ゲーミング性能についてはスペックありきなので、遊ぶゲームタイトルによっては画面設定のテクスチャクオリティ、低設定などに変更する必要がありそうです。

連続稼働時間はどれくらい持つか

AYA NEO Founder の連続稼働時間を測定してみました。
測定にはベンチマークテスト BBench を使用しています。

  • ディスプレイの明るさは 50%
  • ボリューム 50%
  • スリープしない
  • 無線LAN / Bluetooth:ON
  • 電源プランは「バランス」
  • LEDイルミネーション:OFF

上記の測定条件で、強制休止までの時間を測定たところ、測定結果は2時間50分でした。
ゲーミング使用に限定した、バッテリー持続時間は1時間程度といった感じです。

製品名バッテリー持ち測定結果ゲーミング使用限定
GPD WIN33時間48分1時間40分ほど
AYA NEO Founder Edition2時間50分1時間ほど

ゲーミングデバイスに特化した AYA NEO Founder Edition

AYA NEO Founder Edition 総評

AYA NEO Founder Edition は、AMD Ryzen 5 4500U を搭載した初の携帯型ゲーミングPCです。
中国国内限定モデル として先行リリースされたモデルをレビューしていきましたが、これまでにない「ゲーミングデバイスらしい見せ方」を実感できるモデルです。

ベンチマークテスト結果を見比べると、GPD WIN3 の Core i5-1135G7 を搭載したスタンダードモデル(試作機)には劣りますが、大きな負荷がかかるようなゲームタイトルでなければ、体感的にはそれほど大きな差は感じられませんでした。

AYA NEO Founder Edition トラブル

また、GPD WIN3 で発生した Unreal Engine 4 のクラッシュ問題なども発生しませんでした。
そのため、ネット検索をしながら原因を特定したり、対策をする必要もないので手間もなくゲームプレイが楽しめました。

これから一般販売される GPD WIN3 や OneXplayer には性能面では勝てないものの、販売価格の安さ・ゲーミングデバイスとしての見せ方、デザイン性の高さは他社よりも一歩リードしている印象を持ちます。世界向けモデル AYA NEO では、さらにシステム面のチューニング・ユーザーフィードバックを生かしたモデルになるようなので期待したいです。

ちなみに日本国内からも複数社が AYA NEO の一般販売に向けて動いているようです。
今回、「技適未取得機器を用いた実験等の特例制度」申請・開設届出をしたうえでレビューを進めてきましたが、そういった心配もなく普通に使える製品がリリースされそうです。

あわせて読みたい

GPD WINシリーズの最新作「GPD WIN3」は、新たに第11世代TigerLake-Uシリーズ、スライド式キーボードを採用したモデルです。これまでのシリーズ以上にゲーミングにフォーカスされただけでなく、デスクトップPC のよ[…]

GPD WIN3 レビュー

Amazonでお得に買い物できる節約術!

Amazonでお得に買い物したいのなら、Amazonギフト券 がおすすめです。

1円単位でも購入できるので余すことなく使い切れます。

しかも、初回購入ならキャッシュバックポイントがもらえる!

Amazonでお得に買い物

  1. キャンペーンにエントリー
  2. Amazonギフト券を 5,000円以上注文する
  3. コンビニ・ATM・ネットバンキング払いで支払う
  4. 支払い完了月の翌月中旬頃にポイント付与

Amazonでよく買い物をする人ほど、お得に買い物できる!
しかも、プライム会員なら還元されるポイントも UP!

\ お得に買い物できる節約術 /

最大2.5%分のポイントがもらえる!
コンビニ・ATM・ネットバンキング払いが対象

実践済み!格安販売「Windowsライセンス」

圧倒的な安さで Microsoft Windows 10 / Officeなどを販売している consogameで Windows 10 Proを実際に購入した導入手順などを詳しくご紹介しています。

ローリスク・ハイリターンで、正規ライセンスを手に入れよう!

CTR IMG