「LOKMAT APPLLP Max」を実機レビュー。超小型エミュレータ機としても遊べる!Android OS、4G LTE搭載スマートウォッチ

LOKMAT APPLLP Max 実機レビュー

Android OS、4G LTE 搭載スマートウォッチ「LOKMAT APPLLP Max」は、 結構遊べるデバイスとしてガジェットマニアから注目を集めています。スマートウォッチとしての機能はもちろん、超小型スマホ、モバイルルーター、エミュレータ機としても活躍できる優れモノです。

一風変わった LOKMAT APPLLP Max の価格・販売ストア、特徴、操作性などの使いやすさ、使い方・設定方法、メリット・デメリットなどをご紹介していきます。


LOKMAT APPLLP Max の価格・販売ストア

LOKMAT APPLLP Max 価格・販売ストア

スマートウォッチ「LOKMAT APPLLP Max」は、海外通販サイトを中心に販売しています。
ざっくりと調べると販売価格は 20,000円~25,000円 といった感じです。
カラーバリエーションは シルバー、ゴールド、ブラックの3色です。

  • スマートウォッチに!
  • 超小型スマホとして!
  • モバイルルーターにも!
  • エミュレータ機としても使える!
クーポンコード「BG25edeb」で 175.99ドル!~5月31日まで

海外通販サイト:AliExpress(LOKMAT APPLLP公式ストア) でも販売しています。


LOKMAT APPLLP Max のスペック

はじめに LOKMAT APPLLP Max のスペックを詳しく見ていきます。
公式発表ベースではなく、実際のベンチマーク・実測値ベースで記載しています。

こちらが正しいスペックです。
LOKMAT APPLLP Max
  • ディスプレイ:2.88インチ(640×480)
  • OS:Android 9.0
  • SoC:MediaTek Helio A22 MT6761(4core)
  • RAM:4GB DDR3
  • ストレージ:64GB eMMC
  • バッテリー:1000mAh
  • SIM:nanoSIM
  • LTE:B1/B2/B3/B5/B7/B8/B12/B17/B20/B38/B39/B40/B41
  • カメラ:メインカメラ 8.1MP、インカメラ 1.9MP
  • I/Oポート:Pogo Pin
  • 無線:Wi-Fi 2.4G/5G、Bluetooth 5.0
  • その他:シングルスピーカー
  • 大きさ:77.2 × 53.6 × 15~18mm
  • 重量:134g(本体:91g、バンド:43g)

免責事項:スペック情報の正確性には細心の注意を払っていますが保証はできかねます。

LOKMAT APPLLP Max をしっかりチェック!

LOKMAT APPLLP Max をしっかりチェックしていきます。
付属品、基本的な特徴、専用アプリ・ファイル移動を含む初期設定、使い方、エミュレータ性能にいたるまで徹底解説していきます。

付属品を確認

LOKMAT APPLLP Max 付属品

付属品は、マニュアル(日本語記載あり)、バンド、充電用ケーブル(Pogo Pin用)、プラスドライバー、ネジ(5本)です。本体には液晶保護フィルムが標準で貼り付けられています。

なくしても安心!

公式ストア(AliExpress)で、純正アクセサリーの販売もしています。

本体サイズ・重さ

LOKMAT APPLLP Max 大きさ・重量

LOKMAT APPLLP Max の本体サイズは 77.2 × 53.6 × 15~18mm、重さは 91g(本体のみ)です。
スマートウォッチとして使うのであれば、大きく・重たい部類に入ります。

ただし、スマホ、モバイルルーター、エミュレータ機として使うのであれば「超小型サイズ」であることは間違いありません。スペックは低めながらも、いろいろな用途に使えることがポイントです。

スマホに近いスマートウォッチ

LOKMAT APPLLP Max 心拍センサー

本体背面には心拍数センサーを搭載しています。
専用アプリと心拍数センサーを組み合わせることで、身体の動きや心拍数などの情報を取得します。行動記録や健康管理といった最低限の機能を兼ね備えています。

メッセージ確認、音楽を聴く、地図を見る、電話の通話・発信・着信、文字盤のカスタマイズなどのほか、単体でスマホアプリをインストール・起動するといった一般的なスマホ機能も備えています

カメラ機能は期待できない

LOKMAT APPLLP Max カメラ

カタログスペックでは メインカメラ 13MP、インカメラ 5MPとなっていますが、実際はメインカメラ 8.1MP、インカメラ 1.9MP と鮮明な画質での撮影は期待できません。

腕に取り付けたまま撮影ができ、シャッター音はありません。
時刻を確認するスタイルで、確認しながら画面タッチで撮影することが可能です。

SIMカードは nanoSIM のみ対応

LOKMAT APPLLP Max SIM

対応LTEバンドは、B1/B2/B3/B5/B7/B8/B12/B17/B20/B38/B39/B40/B41 です。
SIMカードスロットは付属プラスドライバーで開封してセットします。

SIMカードは nanoSIMカードのみ対応です。
SIMトレイタイプではなく、SIMカードを抜き差しするタイプです。
APN設定することで、国内SIM(HISモバイル、ワイモバイルなど)でも使えます。

技適未取得機器を用いた実験等の特例制度」を利用したうえでの検証です。

インターフェースは限定されている

LOKMAT APPLLP Max 電源ボタン

本体には電源ボタンの設置のみで、microSDカードスロットもありません。
周辺機器の接続は、ワイヤレス接続(Bluetooth)に限定され、本体の充電用ケーブルも Pogo Pin と汎用性はなく扱いづらいです。

ちなみに「電源ボタン」はホームボタン、長押しで電源OFF、再起動、マルチタスクの切り替えといった機能を備えています。

スマートウォッチとしてはデカすぎる

LOKMAT APPLLP Max 厚み

本体をバンドにセットすると、その大きさ・厚みは際立ちます。
やはりサイズ感が大きいので、常に身につけておくデバイスには適していません。
ウェアラブルデバイスとして使うのは「デカすぎる」のは一目瞭然です。

LOKMAT APPLLP Max サイズ感

腕に取り付けたイメージがこちらです。かなり違和感がありますよね。
ウェアラブルデバイスとしては劣等生でも、超小型スマホ、モバイルルーター、エミュレーター機としては優等生です。

エミュレータ機としてのサイズ感

LOKMAT APPLLP Max サイズ感

人気の中華ゲーム機 RG351シリーズ(RG351M)と、サイズ感を比べてみます。
本来の目的が違うので優劣をつけることはできませんが、液晶ディスプレイのサイズ、コントローラーの有無により LOKMAT APPLLP Max の小ささ・軽さが際立ちします。

製品名液晶ディスプレイ大きさ重さ
RG351M3.5インチ151 × 71 × 17.8mm262g
LOKMAT APPLLP Max2.88インチ77.2 × 53.6 × 15~18mm91g

スペックシートでのベンチマークは、RG351シリーズよりも性能が高いこともポイントです。

あわせて読みたい

ずっしりとした重厚感・堅牢性を確保した金属筐体を採用した「RG351M」は、人気が高い RG351P をベースにワイヤレス通信機能を搭載した高級モデルです。ODROID-GO Advanceクローンな中華ゲーム機としての基[…]

中華ゲーム機「RG351M」 実機レビュー


LOKMAT APPLLP Max の初期設定・使い方

LOKMAT APPLLP Max の初期設定・使い方を詳しく解説していきます。
Android OS を搭載したデバイスなので、基本的な初期設定はスマホと同じです。

基本的な操作を覚えよう

LOKMAT APPLLP Max 使い方

画面を指で押して特定の方向へ動かす「スワイプ」操作が基本です。
ホーム画面を中心に、スワイプ操作で表示される画面をまとめてみました。

  • 下へスワイプ:クイック設定ツール画面
  • 上へスワイプ:お知らせ画面
  • 右へスワイプ:アプリ画面
  • 左へスワイプ:ヘルストラッカー画面
  • 長押し:文字盤のカスタマイズ画面

「電源ボタン」はホームボタン、長押しで電源OFF、再起動、マルチタスクの切り替えといった機能を備えています。

専用アプリを導入する

LOKMAT APPLLP Max アプリ設定

専用アプリ「HEBSwatch」は、心拍数センサーを組み合わせることで、身体の動きや心拍数などの情報を取得します。行動記録や健康管理といった最低限の機能を兼ね備えています。

初期設定時の QRコードを読み込むか、Google Play ストアから導入できます。

  1. 接続するデバイスの Bluetooth接続をONにする
  2. HEBSwatch を起動したら「バインディング装置」をタップ
  3. QRコードをタップ
  4. 本体アプリ「Watch QR code」を表示して読み込む
  5. ペアリング画面が表示されたら「ペア」をタップ
  6. 接続されたら完了

ファイル・データの転送方法

LOKMAT APPLLP Max ファイル移動

LOKMAT APPLLP Max には、microSDカードスロットはありません。
ここではワイヤレス(Wi-Fi接続)を使ったファイル・データ転送方法を解説していきます。

Google Play ストアの「CXファイルエクスプローラー」を使っていきます。

  1. CXファイルエクスプローラーを起動
  2. ネットワークタブから「ネットワーク…」をタップ
  3. 「開始する」をタップ
  4. 「ftp://~」というアドレスが表示される
  5. ブラウザでこのアドレスを入力
  6. ④で表示される「ユーザー名」、「パスワード」を入力
  7. ストレージが表示される
付属の充電用ケーブル(Pogo Pin)とパソコンを接続してデータ転送することも可能です。

開発者向けオプションを有効

アプリ選択画面から「設定」を開き、「My device 」、「About watches」と選んでいき、「Firmware version」を連続タップすることで「開発者向けオプション」を有効にできます。

エミュレータ機として使う方法

LOKMAT APPLLP Max 大きさ

LOKMAT APPLLP Max をエミュレータ機として使っていきます。
スペックシート上での性能は、人気の中華ゲーム機 RG351シリーズの性能を上回ります

あくまでもスマートウォッチであり、エミュレータ機ではありません。
遊べるエミュレータは Google Play ストアに依存する点には注意してください。

セキュリティレベル(WideVine L3)なので、導入できるアプリは限定されます。

コントローラーは必須

LOKMAT APPLLP Max 外部コントローラー

スマートウォッチのように、仮想ゲームパッドでゲームプレイができます。
ただし、画面サイズが小さすぎるので快適なゲームプレイを楽しむことはできません。

エミュレータを遊ぶのであれば、Bluetooth接続できるゲームコントローラーは必須です。
画面をはさみ込むタイプのコントローラーは、一般的サイズのスマホ向けです。
失敗をしたくなければ、通常タイプのコントローラーを用意するのが賢明です。

あわせて読みたい

本格的なゲーミングを楽しむには、両手持ちゲームパッドの操作性が優れています。ゲーミング環境は、Android や iOS といったスマホ・タブレット、Nintendo Switch、パソコンと幅広く、それぞれにマッチしたコントロー[…]

GameSir G4 Pro 実機レビュー

RetroArch を導入する

LOKMAT APPLLP Max RetroArch

世界的に有名なマルチエミュレータシステム RetroArch を導入してきます。
基本的な導入手順については、こちらの記事(2-1のみ)を参考に進めてください。

あわせて読みたい

Pegasus Frontend は、あらゆる種類のエミュレーターを起動するためのグラフィカルフロントエンド・ユーザーインターフェイス(UI)です。ゲームタイトル閲覧などのカスタマイズ性と、ハイパフォーマンスに重点を置いて制作が進[…]

フロントエンド Pegasus Frontend 使い方

RetroArch のおすすめ設定

LOKMAT APPLLP Max エミュレータ性能

初期状態では、画面が常に縦表示、仮想パッド表示となっています。
RetroArch の画面を縦表示から、横表示にする方法は下記のとおりです。

  1. RetroArch を起動
  2. 設定から「ユーザインタフェース」をタップ
  3. 「詳細設定を表示」をONにする
  4. 設定に戻り「ビデオ」を選択
  5. 「出力」を選択
  6. 「スクリーンの回転」を選択
  7. 「90 deg」を選択
  8. 画面が縦画面から横画面になる

仮想パッドを非表示にする方法は下記のとおりです。

  1. RetroArch を起動
  2. 設定から「OSDディスプレイ」を選択
  3. OSDオーバーレイの「オーバーレイを表示」をOFFにする
  4. 仮想パッドが非表示になる
必要に応じてメインメニューから「メイン設定ファイル」を保存してください。
設定変更後は、RetroArch を再起動する必要があるかもしれません。

その他のエミュレータアプリ

RetroArch のほか、PPSSPP などで正常動作することが確認できました。
中華ゲーム機の設定と同じように、グラフィックスの「オートフレームスキップON」、システムの入出力のタイミングを「UMDの遅延をシミュレートする」に変更します。

セキュリティレベル(WideVine L3)が低いのでインストールができないアプリがあったり、縦画面から横画面に切り替える設定がないといった問題が確認できました。


ある意味で万能なスマートウォッチ

LOKMAT APPLLP Max エミュレータ性能

Android OS、4G LTE搭載スマートウォッチ「LOKMAT APPLLP Max」は、ある意味で万能なスマートウォッチです。本来のスマートウォッチとしての機能は十分でも、その大きさ・重さから常用するウェアラブルデバイスには向いていません。

ある意味 スマートウォッチとして本末転倒、致命的な欠点を抱えています。
しかし、エントリークラスのスペックを備えた超小型スマホ、モバイルルーター、性能高めなエミュレータ機と使える万能なスマートウォッチです。

LOKMAT APPLLP Max まとめ

LOKMAT APPLLP Max のメリット

  • 超小型スマホとして使える
  • モバイルルーターとして使える
  • エミュレーター機として使える
  • スマートウォッチとして十分使える
  • 専用アプリは日本語対応
  • 4G LTE対応モデル
  • Google Play ストアが利用可
  • バッテリー持ちが思ったより良い
  • 本体のみなら手のひらサイズ
  • ガジェットマニア向け

LOKMAT APPLLP Max のデメリット

  • 公式スペックが正しくない
  • スマートウォッチとして常用できるサイズではない
  • 音量ボタンがない
  • スマホとしは低スペック
  • microSDカードスロットがない
  • USBポートがない
  • nanoSIM の抜き差しタイプ
  • 充電用ケーブルが一般的でない
  • カメラの画質は低め
  • 無線接続に限定される
  • セキュリティレベルが低い(WideVine L3)
  • 初心者向けではない

スマートウォッチとしては劣等生でも、ガジェットマニアから見たら優等生なスマートウォッチです。発想しだいで色々と遊べるデバイスなのではないでしょうか。

LOKMAT APPLLP Max 実機レビュー
  • スマートウォッチに!
  • 超小型スマホとして!
  • モバイルルーターにも!
  • エミュレータ機としても使える!
クーポンコード「BG25edeb」で 175.99ドル!~5月31日まで
あわせて読みたい

AMD Ryzen 5 4500U搭載の携帯型ゲーミングPC「AYA NEO Founder Editon」は、中国国内限定モデルとして先行リリースされたモデルです。その後、世界向けモデルとして同スペックの AYA NEO が I[…]

AYA NEO Founder Edition 実機レビュー

Amazonでお得に買い物できる節約術!

Amazonで少しでもお得に買い物したいのなら、Amazonギフト券での購入がおすすめです。

1円単位でも購入できるので余すことなく使い切れます。

しかも、初回購入なら 1,000円分のポイントがもらえる!

Amazonでお得に買い物

  1. キャンペーンにエントリー
  2. Amazonギフト券を 5,000円以上注文する
  3. コンビニ・ATM・ネットバンキング払いで支払う
  4. 支払い完了月の翌月中旬頃にポイント付与

Amazonでよく買い物をする人ほど、お得に買い物できる!
しかも、プライム会員なら還元されるポイントも UP!

\ お得に買い物できる節約術 /

最大2.5%分のポイントがもらえる!
コンビニ・ATM・ネットバンキング払いが対象

>実践済み!格安販売「Windowsライセンス」

実践済み!格安販売「Windowsライセンス」

圧倒的な安さで Microsoft Windows 10 / Officeなどを販売している consogameで Windows 10 Proを実際に購入した導入手順などを詳しくご紹介しています。

ローリスク・ハイリターンで、正規ライセンスを手に入れよう!

CTR IMG