ゲーミングUMPC「GPD WIN Max」クラウドファンディングに向け準備万端!海外フォーラムで情報開示も。

GPD WIN Max クラウドファンディング

GPD WIN Max のクラウドファンディング情報が、海外フォーラムで情報公開されています。
公開されている情報は、海外クラウドファンディングのキャンペーンで開示される予定の内容そのものです。

新型コロナウィルスの影響により、GPD社の既存製品の製造・生産、新製品開発に遅れが出ていましたが、現在は正常化され遅れを取り戻しつつあります。

そのため、クラウドファンディングは GPD社の Wade Wang 氏 が海外フォーラムでアナウンスしていたとおり、大きな問題がないかぎり 2020年5月にクラウドファンディングが開始します。GPD WIN Max の詳細なスペック、魅力的なポイントをご紹介していきます。

GPD WIN Max のスペック

GPD WIN Max の詳しいスペックはご覧のとおりです。
GPD WIN 2(現行モデル)と比べると大幅にスペックが向上しています。

CPU は AMD Ryzen シリーズ からインテルの第10世代 CPU i7-1065G7 または i5-1035G7 が搭載されることになっていましたが “ Intel Core i5-1035G7 ” で確定しました。

GPD WIN Max スペック

ディスプレイサイズは8インチ、ストレージは 512GB(M.2 2280 SSD)、メモリは 16GB(LPDDR4-3733)、バッテリー容量は 15,000mAh、Bluetooth 5.0 対応、無線LAN だけでなく、有線LANコネクタ(RJ45)も搭載しています。

大きさ・重量は未公開ですが、現時点(試作機)での大きさは GPD P2 Max 相当で、重さは 800g になると GPD担当者より回答がありました。

外装シェルは CNC マグネシウムアルミニウム合金と、GPD MicroPC にも採用された 耐衝撃ABS合成樹脂の組み合わせです。

バックライトキーボード、ゲームコントローラ、タッチパッドなどの各種インターフェイスについては、こちらの記事をご覧ください。

あわせて読みたい

2020年に発売予定の次世代小型ゲーミングUMPC「GPD WIN Max」の製品イメージが公開されました。最終的な製品イメージが公開されたことからもわかるように、クラウドファンディングの準備は着々と進められています。しか[…]

GPD WIN Max

GPD WIN Max のポイント

海外フォーラムで公開されたクラウドファンディング事前情報の中から、特に気になった GPD WIN Max の特徴的な機能を5つご紹介します。

CPU / GPU の世代更新、Thunderbolt 3 対応の拡張性

CPU / GPU の世代更新による高性能化、Thunderbolt 3 対応によるドッキングステーションなどの拡張性が注目を集めそうです。

GPD WIN Max はゲーミング向けの製品としてアピールされていますが、本格的な最新ゲーミングPC と比べると、性能はそれほど高くはありません。

そういった不足した機能を Thunderbolt 3 接続による eGPU(外付けGPUボックス)をサポートしたことにより補えます。最新世代のグラフィックボードを使えるというアドバンテージは高いです。

GPD WIN Max 外部GPU

バッテリー容量増加、充電速度も向上した

GPD WIN Max のバッテリー容量 15,000mAh(5,000mAh × 3)で GPD WINシリーズ最高容量です。また、60W 急速充電 PD3.0(Power Delivery)に対応し、満充電までおよそ2時間と短縮されています。

バッテリー持ち時間は、高負荷がかかるゲーミング使用であれば3時間、負荷がないゲーミングであれば6~8時間、最大バッテリー持ち時間は 14時間です。

GPD WIN Max バッテリー持ち

冷却能力は GPD史上最高の完成形へ

GPD WIN Max 冷却能力

GPD WIN Max の冷却能力は、もともと TDP 25W 向けに設計・開発されています。
デスクトップ PCクラスの冷却能力を実現させるために、ツインターボファンとデュアルヒートパイプ冷却方式を採用しました。冷却能力は GPD WIN 2 の8倍の性能です。

冷却ファンは BIOS による自動制御調整(20W)をしていますが、ユーザー側で BIOS 設定を変更することで TDP(Thermal Design Power)を3モード(15W、20W、25W)から選ぶこともできます。

液晶ディスプレイはより大きく・綺麗に

GPD WIN Max 液晶・解像度

GPD WIN Max の液晶ディスプレイは8インチ、GPD WIN 2 と比べるとサイズが大きくなっただけでなく、より綺麗で鮮明になります。

キズ・汚れ・衝撃に強いゴリラガラス5、デジタルシネマの色域規格 DCI-P3 カバー率 90%、ちらつきが少ない DC調光、500Nits の高い明るさ(輝度)、視野角178°、10点マルチタッチに対応した液晶ディスプレイです。

解像度は 1280 × 800 で、1024 × 768(4:3)未満のクラシックゲームの解像度も完全にサポートします。

Wi-Fi 6 対応で快適なインターネット環境を実現

GPD WIN Max 通信速度

GPD WIN Max のインターネット接続は、LANコネクタ(RJ45)を使った有線接続、Wi-Fi 通信を利用した無線接続の両方を使えます。

特に無線接続の Wi-Fi 6 は、最大通信速度 9.6Gbps を実現できます。
Wi-Fi 5 と比べると、およそ4倍~10倍 通信スピードが速くなると言われています。

次世代移動通信システム「5G」の情報を処理するのに必要なのが Wi-Fi 6 とも言われているので、これからの時代の快適なインターネット環境を実現できます。
オンラインゲームを楽しむ人にとっても GPD WIN Max は面白い選択になるでしょう。

GPD WIN Max クラウドファンディングに向け準備万端

GPD WIN Max は 今までの超小型ゲーミングPC である GPD WINシリーズ、ネットワーク技術者向けにアピールした GPD MicroPC の経験を生かした良作になりそうな気がします。

しかし、過去作を見てもどうしても気になってしまうのがやはり放熱性能です。
両手に持ったスタイルでゲーミングすることが想定されるので、放熱対策が不十分だと本体自体が熱くなります。

GPD WIN Max クラウドファンディング

GPD WIN Max の冷却能力は GPD史上最高の完成形で、本体底面には熱伝導率が低い 耐衝撃ABS合成樹脂を採用するなど工夫がされています。

長時間の使用で「熱くて持っていられない」ということは無いとは思いますが、放熱と冷却ファンの騒音などのバランスが取れている製品を期待したいです。

海外クラウドファンディング:INDIEGOGO でのキャンペーン開始は5月予定とされていますが、もしかすると中華圏のクラウドファンディングが先行して開始されそうです。

あわせて読みたい

2020年に発売予定の次世代小型ゲーミングUMPC「GPD WIN Max」の製品イメージが公開されました。最終的な製品イメージが公開されたことからもわかるように、クラウドファンディングの準備は着々と進められています。しか[…]

GPD WIN Max
あわせて読みたい

2020年、One-Netbook 初のゲーミングUMPC「OneGX」が近日中に公開されそうです。このゲーミングデバイスは、2019年11月21日に開催された新作発表会で極秘に試作機(モック)が公開されたものです。202[…]

OneGX ゲーミングUMPC

Source:百度贴吧、現地協力者(中国)

デントオンラインショップ

 日本初、実績 No.1 の国内修理サービス!
だから、GPD製品はサポート充実の正規販売店がおすすめ。
>実践済み!格安販売「Windowsライセンス」

実践済み!格安販売「Windowsライセンス」

圧倒的な安さで Microsoft Windows 10 / Officeなどを販売している consogameで Windows 10 Proを実際に購入した導入手順などを詳しくご紹介しています。

ローリスク・ハイリターンで、正規ライセンスを手に入れよう!

CTR IMG