レトロPC・レトロゲームに最適モニター「Checkmate Retro Monitor」|クラウドファンディング開始

Checkmate Retro Monitor モニター

古いパソコンやレトロゲームに最適なモニター「Checkmate Retro Monitor」のクラウドファンディングが開始しました。標準仕様では 19インチ(1280 × 1024、アスペクト比 5:4)、昔ながらのデザイン・カラーを採用したモデルの登場です。

出資価格は 269ポンド(およそ45,000円)で、2023年9月出荷予定です。
この価格にパネル代金は含まれておらず、ストレッチゴールによる 17インチの選択、解像度・アスペクト比が異なる別注パネルを提供予定としています。

Checkmate Retro Monitor モニター・ディスプレイ

当初は CRTディスプレイでの製作を進めていましたが、ブラウン菅(CRT)を提供しているサプライヤーがなく、有機ELパネルでも条件を満たすものが存在しなかったことから、産業用の高品質な IPSパネルを採用することになりました。

本体サイズは 43cm × 39cm × 18cm(幅 × 高さ × 奥行き)、カラーバリエーションは、ホワイト(オイスターホワイト RAL 1013)、ブラックの2色です。昔ながらのモニターに近づけたデザイン・カラーを採用、持ち運びに便利な持ち手、拡張マウントを備えています。

Checkmate Retro Monitor 特徴・インターフェース

入力端子は HDMI、VGA、コンポジットとコンポーネント(15khz と 50/60hz)が標準で、オプションとして SCART RGB、CGA、EGA、SVideo と幅広くサポートします。モニターの画面設定(輝度、コントラストなど)は本体側ボタン、リモコンによる操作で対応予定です。

本体左右にはドイツ製のスピーカーを内蔵、オプションとしてモニター前面・背面に拡張マウントを備えています。ユーティリティパネルの追加、MiSTer や Raspberry Pi などを内蔵して一体型としても使えるようにモジュラー設計が採用されています。

ディスプレイスタンドや 17インチモニターの追加はストレッチゴールとして用意しています。
Amiga のハードウェア・ソフトウェアの設計に携わってきた Stephen Jones氏のプロジェクトで、過去に2回の Kickstarterプロジェクトを成功・実現しています。

関連リンク

モデル名:1089s(19インチ)、1087s(17インチ(ストレッチゴール))
出資価格:269ポンド(パネル代金、送料別途)
出荷時期:2023年9月

Kickstarter

Stylish monitor platform supporting modern IPS displays and …

あわせて読みたい

2014年頃に iPad3 の Retinaディスプレイを再利用したサブモニタを自作するのが流行りました。9.7インチと小さいながらも鮮明で高解像度(2048 × 1536)、それでいて軽量で費用もそれほどかからないのがポイントで[…]

Retina iPad サブモニタ
あわせて読みたい

「InnoView 15.6インチ モバイルモニター」は、定番スペックを備えた人気の画面サイズで、アーム式・壁掛け式としても使える VESA規格を採用したモデルです。InnoView 15.6インチ モバイルモニター の価[…]

InnoView 15.6インチ モバイルモニター レビュー
あわせて読みたい

iPad Pro用 Magic Keyboardライクな「P109」が登場しました。Apple純正品よりも価格は 3分の1、Bluetooth による無線接続、バッテリー内蔵で長時間使用が可能なサードパーティー製品です。中[…]

Magic Keyboard P109 レビュー
あわせて読みたい

テレワークなどでモバイルディスプレイの需要が高まっていますが、本当の意味で持ち運びに便利で使いやすい「InnoView 4K 14インチ モバイルモニター」を購入したのでレビューしていきます。過去にも2つのモバイルディスプ[…]

InnoView モバイルモニター レビュー
あわせて読みたい

モジュラー型ハンドヘルドPC「uConsole」の予約販売を開始しました。ClockworkPi 公式ストアにおける販売価格は 139ドル~259ドル(送料別途)で、スペック・価格が異なる4つの DIYキットが登場しました。[…]

Clockwork uConsole

実践済み!格安販売「Windowsライセンス」

圧倒的な安さで Microsoft Windows 10 / Officeなどを販売している consogameで Windows 10 Proを実際に購入した導入手順などを詳しくご紹介しています。

ローリスク・ハイリターンで、正規ライセンスを手に入れよう!

CTR IMG