中華ゲーム機「Powkiddy RGB20S」レビュー|定番スペック、デコれるモデル

Powkiddy RGB20S レビュー

中華ゲーム機「Powkiddy RGB20S」は、定番スペック RockChip RK3326 を搭載、動物の『トラ』をイメージしたステッカーでデコれる縦型モデルです。

Powkiddy RGB20S の価格、スペック、特徴、エミュレーター性能、初期設定・使い方をご紹介します。評価すべきところ、欠点についても詳しくチェックします。


Powkiddy RGB20S の価格・販売ストア

Powkiddy RGB20S 価格・販売ストア

Powkiddy RGB20S は、海外通販サイトを中心に広く販売しています。
販売価格はざっくり調べると、11,000円~14,000円です。

カラーバリエーションは、ホワイト、イエロー、ブルーの3色。
microSDカードの有無、ストレージ容量によって価格が異なります。

\クーポンコード:BGJPde6e を適用すると 79.99ドル/
購入する際には microSDカードの有無、ストレージ容量をよく確認してください。

Powkiddy RGB20S のスペック

Powkiddy RGB20S のスペックを詳しく見ていきます。

  • システム:Open source linux system(ArkOS)
  • ディスプレイ:3.5インチ IPS、4:3
  • 解像度:640 × 480
  • CPU:RockChip RK3326(1.5Ghz)
  • GPU:Mali-G31 MP2
  • RAM:1GB DDR3
  • ストレージ容量:microSDカード
  • 大きさ:80 × 120 × 21mm
  • 重さ:172g(実測値)
  • バッテリー容量:3500mAh
  • ワイヤレス通信:なし
  • インターフェイス:USB Type-C × 2、イヤホンジャック、
    microSDカードスロット × 2
  • その他:スピーカー(シングル)、バイブレーション機能
  • 素材:プラスチック(ABS樹脂素材)

免責事項:スペック情報の正確性には細心の注意を払っていますが保証はできかねます。

Powkiddy RGB20S のレビュー

メーカー提供を受けた Powkiddy RGB20S をレビューします。
付属品から基本的な特徴、インターフェース、操作性、エミュレーター性能、初期設定・使い方にいたるまでを徹底解説します。

付属品

Powkiddy RGB20S 付属品

デコレーションステッカー2枚、マニュアル(中国語・英語)、USB Type-Cケーブルが付属します。

大きさ・重さ

Powkiddy RGB20S 大きさ・重さ

本体の大きさは 80 × 120 × 21mm、重さは 172g(実測値)です。
プラスチック(ABS樹脂素材)筐体ということで『軽い』です。

中華ゲーム機でも『縦型モデル』は珍しく、その中でも一般的な大きさ・重さです。
比較してみると、大きさ・重さ・サイズ感がわかりやすいです。

Powkiddy RGB20S サイズ感
製品名画面サイズ大きさ重さ
Powkiddy RGB20S3.5インチ80 × 120 ×21mm172g
ANBERNIC RG351V3.5インチ94 × 140 ×27mm223g
Miyoo mini2.8インチ93.5 × 65 × 19mm106g
ANBERNIC RG280V2.8インチ87 × 78 × 18mm122g

全体的なビルドクオリティは『ややチープ』
Powkiddy製品のなかでは、まずまずな品質と評価します。

インターフェース

Powkiddy RGB20S インターフェース

インターフェースは、下部に USB Type-Cポートが2つ(内1つは充電・給電用)、イヤホンジャック。正面中央にシングルスピーカー(モノラル)を用意、その他にバイブレーション機能を備えています。

Powkiddy RGB20S インターフェース

左側には、電源ボタン、リセットボタン、microSDカードスロット(ゲームイメージ用)が用意。右側には音量ボタン、microSDカードスロット(システム)、ワイヤレス通信ボタンを備えています。

ワイヤレス通信ボタンを備えていますが機能しません
チップそのものを搭載していないので『飾り』です。


画面

Powkiddy RGB20S 画面

Powkiddy RGB20S の液晶ディスプレイは鮮明です。
3.5インチ液晶ディスプレイ、解像度 640 × 480(4:3)、画素密度 228PPI です。
液晶ディスプレイとガラスレンズの隙間がないフルラミネーションディスプレイを採用しています。

従来モデルである Powkiddy RGB20 よりも解像度に優れたモデルです。
標準設定(明るさ100%)のままだと、明るすぎて色味が飛んでしまうので調整は必須といえるでしょう。

操作性

Powkiddy RGB20S 操作性

Powkiddy RGB20S の操作性は『難あり』です。
ABXYボタンのサイズは 7.1mm、ストロークは 1.4mm で、十字キー・L/Rボタンを含めて誘導性ゴム。そのほかのボタンはタクトスイッチを採用しています。ボタンの押し心地はやや硬めです。

Powkiddy RGB20S 操作性

L1 /R1 ボタン、L2 / R2ボタンは大きく、独立して設置されています。
この部分に指をかけて、十字キー・ABXYボタンを操作するのは難しいです。かといって、十字キー・ABXYボタンを中心に操作するには下部のクリアランスが狭くて持ちにくくなります。

また、十字キーの操作性が悪いせいか、押す位置・角度を気にする必要があります。
例えば左を押しているつもりが斜め上に入ってしまうケースが見受けられます。動物の『トラ』をイメージしたボタンレイアウトでの操作は慣れが必要です。

エミュレーター性能・所感

Powkiddy RGB20S エミュレーター

エミュレーター性能は RG351シリーズと同等です。
RockChip RK3326 を搭載した定番スペックで、動作するエミュレーター、ゲームタイトルは明白です。

Powkiddy RGB20S エミュレーター性能

動作するエミュレーターは一般的なレトロゲームをはじめ、スーパーファミコン、プレイステーションまでが快適動作、DS、NINTENDO64、PSP、ドリームキャストが遊べるレベルで動作します。エミュレーター設定、対応ゲームタイトルありきの性能で目新しさはありません。

標準搭載されているファームウェア(ArkOS)のほか、351ELEC、AmberELEC などにも対応しています。これまでに登場した同スペックの中華ゲーム機と比較しても、特出した機能・ポイントはありません。


Powkiddy RGB20S の使い方・初期設定

Powkiddy RGB20S 使い方・初期設定

Powkiddy RGB20S の使い方・初期設定を詳しく解説します。
基本的な使い方はこれまでにリリースされた製品と変わりません。
エミュレーター・ゲームタイトルによっては細かな設定・変更や試行錯誤が必要です。

システムメニューの日本語化

標準搭載のファームウェア(ArkOS)には日本語が用意されていません。
日本語するには、カスタムファームウェアの導入が必須です。

ホットキーリスト・ファンクションキー

各メニューのホットキーリスト・ファンクションキーです

グローバルメニュー

  • A:決定
  • B:キャンセル
  • Y:FAVORITES追加・削除
  • SELECT:クイックメニュー表示
  • START:システムメニュー表示
  • L/R:ゲームメニュー移動
  • 音量上下:音量調整

RetroArchメニュー

  • R3+上下:明るさ調整
  • SELECT+上下:保存スロット選択
  • SELECT+L1:クイックロード
  • SELECT+R1:クイックセーブ
  • SELECT+A:ポーズ
  • SELECT+B:リセット
  • SELECT+X / L3+R3:ゲームメニュー表示
  • SELECT+START:ゲーム終了

データ移行方法

ゲームイメージのデータ移行方法は、microSDカードスロット(ゲームイメージ)から microSDカードを取り出して移行する方法が一般的です。詳しくは次の記事を参考に進めてください。

あわせて読みたい

ずっしりとした重厚感・堅牢性を確保した金属筐体を採用した「RG351M」は、人気が高い RG351P をベースにワイヤレス通信機能を搭載した高級モデルです。ODROID-GO Advanceクローンな中華ゲーム機としての基[…]

中華ゲーム機「RG351M」 実機レビュー

カスタムファームウェア(CFW)の導入方法

下記の記事を参考にして準備を進めてください。

あわせて読みたい

Powkiddyブランドの Powkiddy RGB10 Maxシリーズ(RGB10 Max、RGB10 Max2)のカスタムファームウェア(CFW)の導入方法を解説します。ファームウェアをダウンロード最新[…]

Powkiddy RGB10 Max カスタムファームウェア(CFW

まとめ

Powkiddy RGB20S レビュー

Powkiddy RGB20S は、過去に発売した RGB20 を刷新したモデルです。
筐体形状・デザイン、ボタンレイアウト、液晶ディスプレイを刷新しています。

総合評価としては「コレクター向け」と評価します。
基本スペックは RG351シリーズでお馴染みの RockChip RK3326 に加え、人気の解像度 640 × 480 です。動物の『トラ』をイメージしたステッカーでデコれる縦型モデルです。

メリット
デメリット
  • 縦型モデル
  • 解像度 640 × 480 (4:3)
  • 軽量・サイズ感
  • microSDカードスロット2つ
  • 扱いやすい
  • 可愛いステッカー
  • 定番スペック
  • 操作性に難あり
  • シングルスピーカー
  • ワイヤレス通信機能なし
  • 使えないFNボタン
  • 子供向け中華ゲーム機

可愛らしいトラのステッカーが付属しますが、実際にデコる人は少数派。
ユーザーインターフェースは一般的な中華ゲーム機そのままなのに、『子供向けの中華ゲーム機』というコンセプトは無理があります。

また、ボタンレイアウトはクセあり、操作性や持ちやすさも難ありです。
こなれたシステムで CFW(カスタムファームウェア)が使えること、従来モデルよりも画面が鮮明なのは評価ポイントです。

Powkiddy RGB20S の購入を検討している方は、ANBERNIC RG351V、Miyoo Mini をあわせて検討することをおすすめします。

あわせて読みたい

中華ゲーム機「Miyoo Mini」は、本体の大きさに対して画面占有率が高い 2.8インチ液晶ディスプレイ(640 × 480)、使いやすい古典的なシステムを搭載した安価なモデルです。さっと取り出して使える小さなサイズ感、[…]

Miyoo Mini レビュー
あわせて読みたい

RG351シリーズ初の縦型モデル、木目調デザインをラインナップに含めた「RG351V」は、ODROID-GO Advanceクローンな中華ゲーム機の機能をさらに高めた改良モデルです。一般的に縦型モデルは横型モデルと比べて、[…]

RG351V 実機レビュー
あわせて読みたい

中華ゲーム機「RG280V」は、ANBERNIC社製品で最小・最軽量モデルです。画面サイズ、アナログスティック排除、シングルスピーカーといった部分はありますが、RG350シリーズのエミュレーター性能・機能はそのままです。金[…]

中華ゲーム機「RG280V」 レビュー
あわせて読みたい

中華ゲーム機「ANBERNIC WIN600」は、低価格・軽量な Windows携帯ゲーム機です。エミュレーターを遊ぶことにフォーカスしたスペックで、内蔵ストレージ(SSD)・メモリーを換装できるだけでなく、SteamOS をサポ[…]

ANBERNIC WIN600 レビュー
あわせて読みたい

2022年上期(2022年1月~6月)の中華ゲーム機の売れ筋ランキングを発表します。世界的な半導体不足の影響が続いた 2022年上期、その中でも一番売れた中華ゲーム機の売れ筋ランキングを発表します。5つのカテゴリ分けしたラ[…]

2022年上期 中華ゲーム機ランキング

実践済み!格安販売「Windowsライセンス」

圧倒的な安さで Microsoft Windows 10 / Officeなどを販売している consogameで Windows 10 Proを実際に購入した導入手順などを詳しくご紹介しています。

ローリスク・ハイリターンで、正規ライセンスを手に入れよう!

CTR IMG