Powkiddy RGB10 Max/2 カスタムファームウェア(CFW)導入方法|シリーズ完全対応版

Powkiddy RGB10 Max カスタムファームウェア(CFW

Powkiddyブランドの Powkiddy RGB10 Maxシリーズ(RGB10 Max、RGB10 Max2)のカスタムファームウェア(CFW)の導入方法を解説します。


ファームウェアをダウンロード

最新のファームウェアをダウンロードします。
安定しているカスタムファームウェア(CFW)の EmuELEC をご紹介します。

そのほかにも RetroOZ、Batocera、351DROID などがありますが、Powkiddy推奨で多くのユーザーから評価されている EmuELEC がおすすめです。

GitHub

EmuELEC, retro emulation for Amlogic devices. Based on CoreE…

Powkiddy RGB10 Max / 2 CFWダウンロード

GitHubページを開いて、下にスクロールさせると「Assets」項目があります。
EmuELEC-OdroidGoAdvance.aarch64-X.X-odroidgo2.img.gz をダウンロードします。

X.X はバージョン数字です。
2022年2月時点では 4.3 が最新バージョンです。

ファームウェアを書き込む

ダウンロードしたカスタムファームウェア(CFW)を microSDカードに書き込みます。
安全のために新しい microSDカードを用意してください。

microSDカードを用意

  • Powkiddy RGB10 Max/2 は、microSDカードの容量 64GB以上を推奨

microSDカードスロットが1つしかないので、システム/ゲームデータの保管を考えると大容量の microSDカードを用意するのが無難です。

専用アプリで書き込み

ファームウェアを microSDカードに書き込みします。
書き込みには専用アプリが必要です。ここでは Rufus を使うことを推奨して進めます。

こちらから Rufus をダウンロードしてください。

Rufus: Create bootable USB drives the easy way…

Powkiddy RGB10 Max / 2 CFW書き込み方法
  1. Rufusを起動
  2. デバイス項目で microSDカードを選択
  3. 「選択」ボタンを押してダウンロードしたファームウェアを選択
  4. 「スタート」ボタンを押す
  5. メッセージが表示されたら「OK」
  6. しばらく待つ(2~3分)
  7. 完了

最後の仕上げ

Powkiddy RGB10 Max / 2 CFW

最後の仕上げとして、新しい microSDカードを本体に差し込みます。

  1. 本体が電源OFF になっているか確認
  2. 古い microSDカードを抜く(大切に保管)
  3. 新しい microSDカードを差し込む
  4. 本体の電源ON
  5. メインメニューが表示されるまで待つ(3~5分)
  6. 完了
本体に差し込まれていた microSDカードは保管をおすすめします。
Powkiddy RGB10 Max / 2 CFW 導入方法

続いて、システムを日本語化しましょう。

  1. スタートボタンを押して「MAIN MENU」を表示
  2. 「SYSTEM SETTINGS」を選択
  3. LANGUAGE を「JAPANESE」に変更
  4. Bボタンで戻る
  5. メッセージ表示されたら「YES」を選択
  6. 再起動したら完了

Powkiddy RGB10 Max/2 カスタムファームウェア(CFW)の導入は完了です。
実際にやってみると思っていたよりも簡単なのがわかります。

あわせて読みたい

中華ゲーム機「Powkiddy RGB10 Max」は、他社に先駆け ODROID-GO Superクローン機として登場したモデルです。これまでに発売された中華ゲーム機と比べると、画面サイズがワンランク上の5インチサイズになってい[…]

Powkiddy RGB10 Max 実機レビュー

実践済み!格安販売「Windowsライセンス」

圧倒的な安さで Microsoft Windows 10 / Officeなどを販売している consogameで Windows 10 Proを実際に購入した導入手順などを詳しくご紹介しています。

ローリスク・ハイリターンで、正規ライセンスを手に入れよう!

CTR IMG