Windows携帯ゲーム機「GPD WIN 4」レビュー|スライド式構造、Ryzen 7 6800U搭載機

GPD WIN 4 レビュー

Windows携帯ゲーム機「GPD WIN 4」は、スライド式構造を備えた 6インチサイズ、PSP や PS Vita を連想させるオーバルデザイン、物理キーボードを含めた汎用性の高さが魅力の AMD Ryzen 7 6800U 搭載モデルです。

主要スペックは Windows 11 Home、6インチ(1920×1080、マルチタッチ)、AMD Ryzen 7 6800Uプロセッサ、AMD Radeonグラフィックス、メモリー16GB / 32GB LPDDR5 6400MHz、ストレージ容量 512GB / 1TB / 2TB SSD を搭載しています。

GPD WIN 4 の価格・販売ストア

GPD WIN 4 価格・販売ストア

GPD WIN 4 は、日本国内でも先行予約を開始しています。
保証・サポートなどを重視する人には、国内代理店での購入がおすすめです。

カラーバリエーションは、全2色(ホワイト、ブラック)です。
お届け予定時期は、2023年4月~5月を予定しています。

・16GB / 512GBモデル(ホワイトのみ)
 一般販売価格:136,000円

・16GB / 1TBモデル
 一般販売価格:150,000円

・32GB / 1TBモデル
 一般販売価格:171,000円

32GB / 2TBモデル
 一般販売価格:189,000円

GPD WIN 4 のスペック

GPD WIN 4 のスペックを詳しく見ていきます。

  • ディスプレイ:6インチ、解像度 1920 × 1080、368PPI
    マルチタッチ対応、リフレッシュレート 60Hz または 40Hz
  • OS:Windows 11 Home、Steam OS デュアルブート対応
  • CPU:AMD Ryzen 7 6800U
  • GPU:AMD Radeon グラフィックス
  • メモリー:16GB / 32GB(LPDDR5 6400MHz)
  • ストレージ:512GB / 1TB / 2TB(PCIe 4.0 M.2 2280 SSD)
  • バッテリー:45.62Wh PD対応
  • I/Oポート:USB4ポート、USB 3.2 Gen 2 Type-Cポート、
    USB 3.2 Gen 2 Type-Aポート、microSDカードスロット、イヤホンジャック
  • 無線:Wi-Fi6、Bluetooth 5.2、4G/LTE(別売り)
  • その他:ステレオスピーカー、ジャイロスコープ、RGB LEDライト、マイク、
    指紋認証、光学式ポインティングデバイス、バックライト付きキーボード
  • 大きさ:220 × 92mm × 28mm
  • 重量:598g
  • 素材:ABS樹脂

免責事項:スペック情報の正確性には細心の注意を払っていますが保証はいたしかねます。

GPD WIN 4 のレビュー

Windows携帯ゲーム機「GPD WIN 4」をレビューします。
付属品から基本的な特徴、インターフェース、操作性、ゲーム動作確認、ベンチマークテスト、評価すべき点、欠点についても徹底解説します。

付属品

GPD WIN 4 付属品

マニュアル(中国語・英語)、USB Type-Cケーブル、電源アダプターが付属します。

大きさ・重さ

GPD WIN 4 大きさ・重さ

大きさは 220 × 93mm × 29~34mm、重さは 606g(実測値)です。
PSP、PS Vita を連想させる丸みのあるオーバルデザインが特徴です。

実際に持ってみると本体サイズに対して『重さ』を感じます。
ポータビリティに向いたサイズ感ですが、重量バランスが良いとはいえません。

GPD WIN 4 サイズ感

わかりやすく Steam Deck、Nintendo Switch と比較してみました。
いずれも実測値ではなく、公式発表されているスペックです。

製品名画面サイズ大きさ重さ
Steam Deck7インチ298 × 117 × 49mm669g
GPD WIN 46インチ220 × 92mm × 28mm598g
Nintendo Switch6.2インチ239 × 102 × 13.9mm398g

Windows携帯ゲーム機としては小さく、重さは 7インチサイズと同等と評価します。
任天堂から発売された携帯型ゲーム機を基準に考えると、重さは 500g未満がストレスなく使える印象を持ちます。人によっては短時間のゲームプレイでもストレス・負担に感じる重さです。

インターフェース

GPD WIN 4 インターフェース

インターフェースは、上部にイヤホンジャック、USB4ポート、USB 3.2 Gen 2 Type-Aポート、音量ボタン、電源ボタン。下部に USB 3.2 Gen 2 Type-Cポートを用意。

GPD WIN 4 インターフェース

左右にはグリップがあり、手のひらで包み込むようにホールドします。
左側には microSDカードスロット(UHS-I規格)、マウス/ゲームパッドモード切り替えスイッチ、右側には BIOSリセットスイッチを用意しています。

GPD WIN 4 インターフェース

正面にはゲームコントローラー、バックライト付きの物理キーボード、マイク、指紋認証、光学式ポインティングデバイス、ステレオスピーカー、左下にはストラップホールを備えています。

そのほかにバイブレーション、ジャイロセンサー、ワイヤレス通信(Wi-Fi6、Bluetooth 5.2)を搭載しています。必要に応じて Bluetooth機器や専用クレードル、USBハブ、外付けGPU(eGPU)を活用しましょう。

GPD WIN 4 RGB LEDライト

L1/R1ボタンには、RGB LEDライト機能を内蔵しています。
専用アプリ WinControls で ON/OFF、RGBカラー・照明効果を変更できます。

GPD WIN 4 インターフェース

背面左右にはカスタムボタン、左側には内蔵ファンを備えています。
高温時に風切り音が目立ちますが Windows携帯ゲーム機としては『静音』と評価します。

4G LTEモジュール(別売り)は、背面の上部・下部のくぼみに固定させて USB Type-Cポートにケーブル接続する構造です。ツメで引っ掛けるような形状となっているため、着脱を繰り返すと摩耗する恐れがありそうです。

画面

GPD WIN 4 ディスプレイ

液晶ディスプレイは鮮明、明るさも良好です。
6インチ液晶ディスプレイ(IPS、16:9)、解像度 1920×1080、画素密度 368PPI です。
リフレッシュレート 60Hz または 40Hz、マルチタッチスクリーン対応です。

ネイティブランドスケープな液晶を搭載しており、画面の向きは「横」表示です。
デフォルトの解像度は 1920 × 1080、スケーリングは 150% です。

この状態だと正常に表示されないアプリがあるので、必要に応じて解像度・スケーリングの調整や、Steamビックピクチャーモードでの起動が必要です。また、画面サイズが小さいため PC設定の変更やゲーム字幕などの視認性は良いとはいえません。

操作性

GPD WIN 4 持ちやすさ

GPD WIN 4 は、様々なシチュエーションにあわせた操作が可能です。
従来どおりのマウス/ゲームパッドモード切替、キーボード入力、タッチスクリーン操作に加え、新たに光学式ポインティングデバイス、6軸ジャイロスコープを実装しています。

GPD WIN 4 操作性

そのため、マウス/ゲームパッドモードの切り替えスイッチを都度変更したり、サードパーティ製アプリを導入しなくてもゲームパッドモードのままに光学式ポインティングデバイスを使ってマウス操作(短押し:左クリック、長押し:右クリック)が可能です。

GPD WIN 4 PS Vitaデザイン

十字キー、ABXYボタンの形状・大きさは PS Vita ほぼそのままのクローンです。
ABXYボタンサイズは 6.5mm、ストロークは 0.5mm と浅めですが確かな押し心地を実感できます。L1/R1はマイクロスイッチ、L2/R2ボタンはアナログトリガーで最大27度のストロークです。

本体のグリップは握るというよりも包み込む感じの持ち心地です。
例えるなら、厚みがおよそ2倍ある PS Vita を操作している感じです。個人的にはアナログスティックの高さが気持ち低く、RGB LEDライトを内蔵した R1/R2ボタン全体の可動域が広ければベストだと感じました。

GPD WIN 4 キーボード

最大のアドバンテージは、小さいながらも物理キーボードを搭載していることです。
液晶ディスプレイを上下移動できるスライド機構を採用しており、手動でスライドさせることでキーボードのバックライト機能が有効化(標準設定)します。

キーは指先で押すのに適したサイズ(7.5mm)で、隣り合わせのキー間隔が離れたアイソレーションタイプです。単純な入力作業に割り切って使うことを考えれば実用レベルに使えます。

専用アプリ

GPD WIN 4 専用アプリ

専用アプリ『WinControls』で各ボタンの設定・変更、カスタマイズが可能です。
バイブレーション機能の有無(強・弱・オフ)、RGB LEDライトのカラー変更も設定できます。

それ以外に特出した機能はなく、シンプルで直感的な設定画面です。
製品出荷時には機能が追加されている可能性があります。

GPD WIN 4 専用アプリ

TDP(Thermal Design Power)の変更は、アプリ『MotionAssistant』を使います。
簡単に設定できる専用アプリの提供はなく、ユーザーフレンドリーではありません。

ユーザー自身で自由に変更・設定が可能で、熟知している人向けといえそうです。
そのほかに Power Control Panel、Playnite などのサードパーティ製アプリを使うことを推奨しています。

TPDのほか、GPU周波数の設定変更も可能です。
設定を誤ると本体が起動しなくなる・壊れる危険性があります。

ゲーム動作確認

GPD WIN 4 ゲーム動作

最新のゲームタイトルも動作しますが、最低・推奨システム要件ありきです。
遊ぶゲームタイトルに合わせた画面設定(テクスチャクオリティ、品質、解像度など)の変更が必須です。

GPD WIN 4 FPS

手持ちのゲームタイトルが遊べるレベルに動作し、Ryzen 7 6800U の性能を実感できます。
解像度を 1280 × 720 に変更すれば、60FPS を超える快適なゲームプレイが可能です。

ゲーム解像度を下げた状態で高画質なスケールアップを実現できる機能『RSR(Radeon Super Resolution)』、水面や鏡、窓への映り込みなどのリアルな映像表現が可能な『レイトレーシング』に対応しています。

GPD WIN 4 RSR

AMD Software: Adrenalin Editon はプリインストールされています。
RSR(Radeon Super Resolution)を有効化してディスプレイ解像度を 1920×1080 に設定、ゲームを起動してゲーム解像度を 1280 × 720 にぐっと下げることで RSR が機能します。

画面サイズが小さい Windows携帯ゲーム機にマッチした機能で、ゲーム解像度・処理負荷を下げて高画質・スケールアップにして FPS を高めたり、逆に処理負荷を少し上げてリアルで鮮明な映像を映し出すといった使い方を選択できます。

すべてのゲームタイトル・環境で正常動作するものではありません。

ストレージ状態

GPD WIN 4 初期ストレージ

GPD WIN 4 のストレージ容量は 512GB / 1TB / 2TB です。
ストレージ(1TBモデル)は、パーティション分割されており、専用アプリと AMD Software: Adrenalin Editon がプリインストールされています。

搭載されている OS は「Windows 11 Home」です。
日本語対応しているので、問題なく初期インストールを進められます。

あわせて読みたい

GPD製品(GPD WIN 2)で何度もSSD の換装をしていたところ、ライセンス認証ができなくなりました。問い合わせするのも時間がかかり面倒、新しい OS を購入するのは高すぎる。ローリスクハイリターンな格安ライセンスを手に入れろ![…]

consogame

本体の初期化

万が一のトラブルがあっても、初期化ユーティリティで解決できます。
下記の手順を参考に進めてください。

  1. 電源オフを確認
  2. 電源ボタンを押す
  3. Tabキーを連打します。
  4. Boot メニューが表示されたら「Start」をタッチします。
  5. しばらく待つと完了です。
バッテリー残量が 50% 以上でないと実行できません。

GPD WIN 4 のベンチマーク

GPD WIN 4 ベンチマーク

GPD WIN 4 のベンチマーク結果を確認します。
設定・環境によっては変わることがあるので、あくまでも参考程度にとどめてください。

冷却能力

GPD WIN 4 ベンチマーク

ベンチマークテストで負荷をかけた状態の温度を計測しました。
最大温度は 80度を超えましたが、一定時間経過後には 30~40度台で安定します。

ゲームプレイでは、右グリップに体感的な温かさを感じます。
ほかのメーカーの Windows携帯ゲーム機と比べると内蔵ファンの風切り音は小さめですが、没入感があるゲームミュージックを楽しむにはイヤホンが必須となりそうです。

ストレージ速度(SSD)

GPD WIN 4 SSD速度

標準搭載されている M.2 2280 SSD のストレージ速度です。
BIWINブランドの PCIe 3.0規格の SSD が搭載されています。

PCle 4.0規格の SSD サポートしています。

ストレージ速度(microSDカード)

GPD WIN 4 microSDカード速度

microSDカードのストレージ速度です。
SanDisk Extreme PRO microSDXC UHS-Iカードを使用して測定しています。

バッテリー情報

GPD WIN 4 バッテリー情報

バッテリー状態です。
バッテリーの基本情報、容量、状態などの参考としてください。

ベンチマークテスト結果

GPD WIN 4 のベンチマークテスト結果です。
『18W(デフォルト)』、『28W』のベンチマークスコアを比較しています。
ベンチマークテストの解像度設定は 1920 × 1080 です。

ベンチマークテストバランスゲーム
ドラゴンクエストX ベンチマーク 標準品質 フルスクリーン1172613436
ドラゴンクエストX ベンチマーク 最高品質 フルスクリーン1080411708
ドラゴンクエストX ベンチマーク 標準品質 ウィンドウ1142812228
ドラゴンクエストX ベンチマーク 最高品質 ウィンドウ956610775
ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレ 標準品質81588640
ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレ 標準品質 ノートPC84628652
ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレ 高品質54505997
ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレ 高品質 ノートPC67147098
ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレ 最高品質49735543
PCMARK 1061366371
3DMARK Time SPY25852742
3DMARK Fire Strike60576594
3DMARK Night Raid2219524482
CINEBENCH Release23952810909
CINEBENCH Release23(Single Core)15341545

連続稼働時間

GPD WIN 4 の連続稼働時間の測定結果です。
測定にはベンチマークテスト BBench を使用しています。

  • ディスプレイの明るさは 50%
  • ボリューム 50%
  • スリープしない
  • 無線LAN / Bluetooth:ON
  • 電源プラン「バランス」
  • TDP設定「18W(デフォルト)」

上記の測定条件で、強制休止までの時間を計測したところ、計測結果は8時間46分でした。
重ためのゲーミング使用に限定した場合では、約1~3時間と見て良いでしょう。
処理の軽いゲームや作業で3~5時間といった感じです。

消費電力と供給電力の関係を考えると、モバイルバッテリーでの運用は厳しいです。
電源が確保できる環境での使用を推奨します。

まとめ

GPD WIN 4 レビュー

GPD WIN 4 は、GPD WINシリーズの最新作で Ryzen 7 6800U を搭載したモデルです。
PSP、PS Vita ライクな丸みのあるデザインで、画面・本体サイズは従来モデル(GPD WIN3)より大きく、光学式ポインティングデバイス、ジャイロセンサーを新たに搭載しています。

スライド式構造を備えたコンパクトな 6インチサイズ、隣り合わせのキー間隔が離れたアイソレーションタイプのバックライト付きキーボードを搭載したのは評価ポイントです。多才な操作方法が用意されており、単純な入力作業に割り切れば実用レベルで使えます。

メリット
デメリット
  • 本体サイズ
  • 物理キーボード
  • 光学ポインティングデバイス
  • 指紋認証
  • 放熱対策・冷却能力
  • RGB LEDライト
  • microSDカードスロット
  • ストラップホール
  • 価格
  • 画面サイズ:視認性
  • 重量バランス・重さ
  • 操作性:賛否両論
  • バッテリー持ち

ゲーミング体験だけにフォーカスすると、小さい画面サイズで視認性が悪く、ゲームコントローラーの操作性は良いとはいえません。しかし、一般的な PC操作などを含めると様々なシチュエーションで活躍できる唯一無二の Windows携帯ゲーム機であると実感します。

小型な本体サイズに対して、重心バランスが悪いためか『重さ』を感じてしまうのはマイナスポイントですが、ゲームだけでなく日常使いを想定している人、優れた操作性・インターフェースを求めている人に最適なモデルと評価します。

AMD Ryzen 7 6800U を搭載したモデルが続々と登場しています。
価格・スペック、重要視するポイントを整理したうえで、GPD WIN 4 を検討してみてください。

あわせて読みたい

モバイルゲーミングPC「GPD WIN Max 2」は、ゲームだけでなくビジネスユースにも活躍できるモデルです。Ryzen 7 6800U を搭載した高いスペック、拡張性の高さとインターフェースの豊富さが魅力です。主要スペ[…]

GPD WIN Max 2 レビュー
あわせて読みたい

ポータブルゲーミングPC「ONEXPLAYER mini Pro Ryzen版」は、Windows携帯ゲーム機としては一回り小さな 7インチサイズ、Nintendo Switchライクな見た目、RGBライトエフェクト機能、AMD […]

ONEXPLAYER mini Pro Ryzen 6800U レビュー
あわせて読みたい

Windows携帯ゲーム機「AOKZOE A1」は、大型8インチの Nintendo Switchライクな見た目に、RGB LEDイルミネーション機能、AMD Ryzen 7 6800U を搭載したモデルです。ちなみに、AOKZO[…]

AOKZOE A1 レビュー
あわせて読みたい

Windows携帯ゲーム機「AYANEO 2」は、全面ガラス張りのオーバルデザイン、オーディオ振動システム SoundTAPMagic や高品質センサー、AYANEO最高水準のマスターコントローラーを採用した AMD Ryzen […]

AYANEO 2 レビュー
あわせて読みたい

2022年下期(2022年7月~12月)の中華ゲーム機の売れ筋ランキングを発表します。世界的な半導体不足、円安が直撃した 2022年下期、その中でも一番売れた中華ゲーム機の売れ筋ランキングを発表します。5つのカテゴリ分けし[…]

2022年下期 中華ゲーム機ランキング

実践済み!格安販売「Windowsライセンス」

圧倒的な安さで Microsoft Windows 10 / Officeなどを販売している consogameで Windows 10 Proを実際に購入した導入手順などを詳しくご紹介しています。

ローリスク・ハイリターンで、正規ライセンスを手に入れよう!

CTR IMG