2019年内に「GPD WIN Max」を発売!マイナーバージョンアップモデルの登場か!?【コラム】

GPD WIN2シリーズ

2019年内にGPD WIN2シリーズの新モデル「GPD WIN Max」が発売されるようです。
ゲーム向けチャットツールとして知られる Discordで GPD(SHENZHEN GPD TECHNOLOGY CO., LTD.)は、GPD WIN Maxのベータテスター募集をアナウンスしています。どのような製品が発表されるのかを予想していきます。

GPD WIN Maxの存在を発表

4月1日のエイプリルフールに GPD(SHENZHEN GPD TECHNOLOGY CO., LTD.)は、「謎のボックス」画像と一緒に、GPD WIN3のスペックを当日発表するかのようなツイートを公開しました。

GPDエイプリルフール

その後、GPD WIN3に関連する情報は正式には発信されてはいないものの、ゲーム向けチャットツールとして知られる Discordで、新モデルである GPD WIN Maxのベータテスター募集がアナウンスされました。

GPD WIN3

2019年内に発売予定のGPD WIN Maxと、2020年に発売予定のGPD WIN3の二つの製品情報が混在している状況ですが、この記事では GPD WIN Maxがどのような製品になるのかを予想していきます。

ベータテスターってどうなの?

GPD WIN Maxのベータテスターへの希望者は、GPD WIN2に関連する動画をYoutubeで公開し、ゲーム向けチャットツール Discordでアナウンスすればエントリーできます。
視聴回数の上位者はベータテスターに選ばれ、GPD WIN Maxを割引価格で提供されます。

GPD WIN Maxを発表

GPD製品のプロモーションを手伝い、割引価格で購入してベータテスターとして協力する・・・それって「ベータテスターとしてどうなの?」と感じてしまう内容です。

それでも「GPD WIN Maxをいち早く体験できる」のは魅力的だと思うので、ベータテスターに興味がある人はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

GPD WIN2のマイナーバージョンアップモデル

GPD WIN Maxは、GPD WIN2のマイナーバージョンアップモデルになると予想します。
“GPD WIN2” という製品名称が付けられていることを考えれば、GPD WIN2に付加価値・修正を加えたマイナーバージョンアップモデルが発売されると考えるのが自然です。

また、“MAX” という文字が加わっていることから、アップル製品の iPhone XS Maxのようなサイズアップしたモデルが発売されるのではないかという予想もされています。

GPD WIN2

しかし、大幅なバージョンアップ(デザイン、サイズ、基板変更など)に成功した GPD WIN2シリーズを発売するのなら、GPD WIN Maxとしてではなく、GPD WIN3として発表するのが妥当です。

GPD WIN3として発表を控えていたモデル(プロトタイプ)が、GPD WIN2と比べて思いのほか大きな違いがなかったので GPD WIN Maxとして発表したという可能性も考えられます。

追記:GPD(SHENZHEN GPD TECHNOLOGY CO., LTD.)は、製品名称を「GPD WIN Max」と発表しました。事前にアナウンスされていた GPD WIN2シリーズでも、GPD WIN3でもないサイズアップした『新商品』です。

SIMカードスロット付きモデルではない

大変興味深いことに、少し前にGPD Win2 改造版 SIMカードスロット付きが アマゾンで発売されました。実際に購入者へ届けられたかはわかりませんが、GPD WIN MaxでSIMカードスロット付きのモデルが販売される可能性はかなり低いと考えられます。

GPD WIN2 SIMカードスロット

CPU性能はパワーアップする

GPD WIN MaxのCPUには、AMD Ryzen™シリーズが採用されるのではと期待されています。しかし、新たな部品調達・技術的なコストなどを考えると GPD WIN Maxでは採用されないように思えます。

現実的に考えると GPD Pocket2のマイナーバージョンアップに合わせて、CPUがIntel® Core™ m3-7Y30から、Intel® Core™ i7-8500Yに変更される可能性がもっとも高いと考えられますが、AMD Ryzen™シリーズを望む声が多いので実現するかもしれません。

冷却モジュールを改善

GPD WIN2の安定したパフォーマンスを発揮するために、GPD WIN Maxでは冷却能力を高めた冷却モジュールが搭載されるでしょう。

GPD WIN2の性能を最大限に引き出す冷却モジュール「GPD Win2 Third Cooling Mod」がクラウドファンディングのキャンペーンで多くの注目を集めました。

より快適なゲーミング体験を実現するために、ユーザーフィードバックを反映した冷却モジュールが搭載は必須だと考えられます。ダブルファンを搭載する検証作業が進めているとウワサされています。

GPD WIN2 冷却モジュール

M.2 (Type2280)のSSD

GPD WIN2では、換装可能な M.2 2242 SATA 3.0が採用されていますが、GPD WIN Maxでは M.2 2280のSSDが採用されるかもしれません。

M.2 Type2280専用シェル

採用される可能性はぐっと低そうですが、GPD WIN2ユーザー(主に海外)の多くが M.2 2280のSSDを望んでいます。冷却モジュールの変更と合わせて採用される可能性はありそうですが、新たな部品調達を考えると実現は難しいかもしれません。

GPD WIN Maxの正式発表が楽しみ

GPD(SHENZHEN GPD TECHNOLOGY CO., LTD.)は、ゲーム向けチャットツールとして知られる Discordで、GPD WIN Maxの存在を発表しました。

しかし、GPD WIN Maxの正式発表はされておらず、価格は未定、スペックは数か月中に発表、発売は2019年内だとアナウンスされています。

GPD WIN2

2020年にはGPD WIN3の発表も控えていることから、GPD WIN2シリーズとして新たに加わる「GPD WIN Max」にどれほどの注目が集まるかはわかりません。しかし、2019年内に発売される GPD WIN Maxの正式発表に期待したいと思います。

デントオンラインショップ

 日本初、実績 No.1 の国内修理サービス!
だから、GPD製品はサポート充実の正規販売店がおすすめ。
>実践済み!格安販売「Windowsライセンス」

実践済み!格安販売「Windowsライセンス」

圧倒的な安さで Microsoft Windows 10 / Officeなどを販売している consogameで Windows 10 Proを実際に購入した導入手順などを詳しくご紹介しています。

ローリスク・ハイリターンで、正規ライセンスを手に入れよう!

CTR IMG