中華ゲーム機「ANBERNIC RG35XX Plus」レビュー|性能を強化したスペックアップモデル

ANBERNIC RG35XX Plus レビュー

中華ゲーム機「ANBERNIC RG35XX Plus」は、従来モデル RG35XX の性能と操作性を強化したスペックアップモデルで、主に定番のレトロゲームを楽しむことに特化した縦型モデルです。

ANBERNIC RG35XX Plus の価格、スペック、特徴、エミュレーター性能についてご紹介します。さらに、評価すべき点や欠点についても詳しくチェックしていきます。

ANBERNIC RG35XX Plus の価格・販売ストア

ANBERNIC RG35XX Plus 価格・販売ストア

ANBERNIC RG35XX Plus は、海外通販サイトを中心に広く販売しています。
カラーバリエーションは、全3色(グレー、ホワイト、クリアブラック)です。

・ANBERNIC RG35XX Plus
 一般販売価格:9,499円(送料別途)

ANBERNIC公式ストアにおける販売価格が最安値です。

anbernic

RG35XX Plus  技術仕様 カラー 透明ブラック/グレー/ホワイト スクリーン 3.5インチIPS全視野角、OC…

ANBERNIC RG35XX Plus のスペック

ANBERNIC RG35XX Plus のスペックを詳しく見ていきます。

製品名ANBERNIC RG35XX Plus
システムLinux
画面3.5インチ液晶ディスプレイ
IPS、4:3
解像度 640 × 480
SoCAllwinner H700 1.5GHz
RAM1GB LPDDR4
ストレージmicroSDカード
バッテリー容量3300mAh(8時間駆動)
インターフェースUSB Type-C × 2、イヤホンジャック、
microSDカードスロット × 2、
miniHDMI、シングルスピーカー
ワイヤレス通信WiFi 5、Bluetooth 4.2
大きさ117 × 81 × 22mm
重さ186g

免責事項:スペック情報の正確性には細心の注意を払っていますが、保証はできません。

ANBERNIC RG35XX Plus のレビュー

メーカー提供を受けた ANBERNIC RG35XX Plus をレビューします。
付属品から基本的な特徴、インターフェース、操作性、システム、エミュレーター性能に加え、評価すべき点や欠点についても徹底解説します。

付属品

ANBERNIC RG35XX Plus 付属品

1. スクリーンプロテクター
2. 液晶クリーナー
3. ユーザーマニュアル(中国語・英語)
4. USB Type-Cケーブル

大きさ・重さ

ANBERNIC RG35XX Plus 大きさ・重さ

大きさは 117 × 81 × 22mm、重さは 187g(実測値)です。
プラスチック筐体(ABS樹脂素材)で、大きさに対して重さは『軽い』です。

バッテリー容量が増したため、従来モデル RG35XX よりも本体が少し厚く重たくなりましたが、使用感は変わりません。また、表面コーティングはありませんが、成形精度や組み立て精度が高いです。

サイズ感

ANBERNIC RG35XX Plus サイズ感

参考として、従来モデル RG35XX、Miyoo Mini+ を比較してみました。
いずれも実測値ではなく、公式発表されているスペックです。

製品名画面サイズ大きさ重さ
ANBERNIC RG35XX3.5インチ117 × 81 × 20mm165g
ANBERNIC RG35XX Plus3.5インチ117 × 81 × 22mm186g
Miyoo Mini+3.5インチ108 × 78.5 × 22.3mm162g

本体サイズは従来モデルと大きく変わらず、重さは RG353V(180g)に近いです。
持ち運びに便利なポケットサイズに分類できるサイズ感です。

あわせて読みたい

中華ゲーム機「ANBERNIC RG353V」は、RG351シリーズよりも優れた RockChip RK3566 を搭載、デュアルブートシステム採用(Android 11 / Linuxベースのシステム)、ゲームボーイライクなデザ[…]

ANBERNIC RG353V レビュー

インターフェース

ANBERNIC RG35XX Plus インターフェース

インターフェースは、上部に miniHDMIポートを用意し、下部に USB Type-Cポート(給電・充電用)、イヤホンジャックを備えています。

本体正面のコントローラー右下部に、モノラルスピーカー(シングル)を搭載しています。
ボリューム出力は十分で、音質もそこそこ良好です。

ANBERNIC RG35XX Plus インターフェース

左側には音量ボタン、右側には電源ボタン、リセットボタン、microSDカード×2(内1つは Linuxベースのシステム起動用)を用意しています。

従来モデル RG35XX にはなかったワイヤレス通信機能(Wi-Fi と Bluetooth 4.2)を搭載しています。また、バイブレーション機能や 2.4Ghzワイヤレスゲームパッド接続もサポートしています。

ANBERNIC RG35XX Plus インターフェース

内蔵バッテリーが 2600mAh から 3300mAh に増加したことで、従来モデル RG35XX よりも駆動時間が2時間ほど延び、より長時間(8時間駆動)の利用が可能となりました。

バッテリーカバーを取り外すだけで内蔵バッテリーにアクセスできるようになりました。頻繁に交換する必要性はないため、ネジ止め式が採用されています。

画面

ANBERNIC RG35XX Plus 画面

本体の大きさに対して画面占有率が高いのが特長です。
3.5インチ液晶ディスプレイ(4:3)で、解像度は 640 × 480、画素密度は 229PPI です。
狭ベゼルでラウンドエッジ加工されたガラスレンズを採用しています。

液晶ディスプレイとガラスレンズの隙間がほぼないフルラミネーションディスプレイを採用しているため、反射面が少なく、高コントラストでクリアな映像を実現しています。

液晶ディスプレイの発色は良好ですが、最大輝度は従来モデル RG35XX よりも暗めです。
また、解像度とアスペクト比については、PSP(16:9)には適していないことや、ドリームキャストでは文字が潰れることに留意が必要です。

操作性

ANBERNIC RG35XX Plus 持ちやすさ

ABXYボタンサイズは 7.8mm、ストロークは 1.5mm で、ANBERNIC製品の標準仕様です。
ボタン側面の摩耗による削れや、押す角度によっての引っ掛かりもありません。

基本的なボタン配置や操作性は、従来モデル RG35XX そのままです。
細かな変更点としいては、光沢ボタンである ABXY のプリント印字がボタンになり、SELECT / STARTボタンの配置がやや下の配置に変更されて、角度が付いています。

ANBERNIC RG35XX Plus ボタン形状

緩やかな傾斜を持つエゴノミクス形状の背面ボタンを採用しています。
従来モデル RG35XX と比べると、背面ボタンに指を置いた状態から自然に L2/R2ボタンを押せるようになりました。

そのため、背面ボタンについては、従来モデル RG35XX よりも操作性は向上しています。一方で、クリアランスに余裕がある配置・取り付けは変わらず、本体を振ると背面ボタンがカタカタ鳴ります。

基本スペックが向上したことで、遊べるエミュレーターが増えましたが、アナログスティックが非搭載となっているため、汎用性においては注意が必要です。

システム

ANBERNIC RG35XX Plus システム

Linuxベースのシステム(独自UI)を採用しています。
わかりやすくシンプルな独自UI は、初心者でも簡単に操作できます。

設定の日本語選択、アイコン・画面デザインの変更、音量調整、明るさ調整、ステートセーブ・ロードなどを迷うことなく設定できます。新たにワイヤレス通信機能に対応したことで、Moonlight を使った PCゲームのリモートプレイも可能です。

ANBERNIC RG35XX Plus システム

一方で、エミュレーター機能については、簡単に起動ができる『ゲームルーム』と RetroArchベースの『RAゲーム』が用意されています。対応しているエミュレーターは同じですが、動作や設定に若干の違いがある点には注意が必要です。

CFW(カスタムファームウェア)の開発も進んでおり、将来的には導入することでカスタマイズ性の向上に加え、システムが改善される見込みです。

エミュレーター性能

ANBERNIC RG35XX Plus エミュレーター性能

エミュレーター性能は、RG351シリーズよりも優れ、RG353シリーズより劣ります。
主要スペックに Allwinner H700 を採用したモデルで、RG353シリーズや TRIMUI SMART PRO に近いエミュレーター性能、ゲーム動作が期待できます。

動作するエミュレーターは一般的なレトロゲームをはじめ、スーパーファミコン、プレイステーションが快適動作、ニンテンドーDS、NINTENDO64、PSP、ドリームキャストがそこそこ動作し、セガサターン、ゲームキューブも動作するスペックを搭載しています。

ANBERNIC RG35XX Plus エミュレーター

スペックに対して負荷が高めの PSP やドリームキャストに関しては、フレームスキップを設定することで、十分にプレイ可能なレベルで動作します。セガサターンやゲームキューブについては、そもそも動作が厳しいため推奨されておらず、エミュレーター設定も提供されていません。

解像度やアスペクト比の表示、アナログスティックが非搭載ということで、遊ぶエミュレーターやゲームタイトルによっては性能を持て余す可能性があります。ただし、従来モデル RG35XX の定番スペックからワンアップした性能を体感できます。

初期設定・使い方

ANBERNIC RG35XX Plus 操作性

基本的な使い方・設定方法は ANBERNIC RG35XX から大きく変わりません。
RetroArchベースの『RAゲーム』のショートカットは、こちらです。

  • MENU:メニュー画面
  • MENU+R2:早送り
  • MENU+L2:スロー
  • MENU+R1:セーブステート
  • MENU+L1:ロードステート
  • MENU+Y:フレームレート表示
  • MENU+B:スクリーンショット
  • MENU+X:ポーズ
  • MENU+START:終了
  • MENU+音量:明るさ調整
  • MENU+左/右:セーブスロット変更
  • ゲーム中に R2ボタン:【PSP】ジョイスティックと方向ボタン切替
  • ゲーム中に電源ボタン:【NDS】タッチペン機能

その他の詳しい手順については、こちらの記事を参考に進めてください。

あわせて読みたい

中華ゲーム機「ANBERNIC RG35XX」は、2022年上期で最も人気が高かった Miyoo Mini を意識した縦型モデルです。アナログスティックを排除したすっきりしたデザインが特徴です。ANBERNIC RG35X[…]

ANBERNIC RG35XX レビュー

まとめ

ANBERNIC RG35XX Plus レビュー

ANBERNIC RG35XX Plus は、従来モデル RG35XX の性能と操作性を強化したスペックアップモデルで、主に定番のレトロゲームを楽しむことに特化した縦型モデルです。

総合評価としては『初心者向け、万人受けするモデル』と評価します。
本体サイズはほぼそのままに、エミュレーター性能が向上しており、従来モデル RG35XX にはなかったワイヤレス通信機能を搭載し、バッテリー容量も増加しています。また、背面ボタンの操作性も改善されています。

メリット
デメリット
  • 縦型モデル
  • サイズ感〇
  • スペックアップ
  • 背面ボタン
  • ワイヤレス通信対応
  • バッテリー持ち
  • 価格
  • システム
  • シングルスピーカー
  • 内蔵ゲーム(要削除)
  • 技適未取得機器

一方で、エミュレーター性能は PSP やドリームキャストが動作するレベルに到達しましたが、アナログスティックがないので、遊ぶゲームには気をつける必要があります。ただし、RG353シリーズに近い性能なので、従来モデル RG35XX で厳しめだったゲームもスムーズに動作します。

標準システムやエミュレーター設定には改善の余地がありますが、手ごろな価格とカスタムファームウェア(CFW)に対する期待もあり、現行モデルを愛用しているユーザーでワンアップした性能を求める方は買い替えを検討する価値のあるモデルと評価します。

関連ページリンク

ANBERNIC RG35XX Plus
一般販売価格:9,499円(送料別途)

anbernic

RG35XX Plus  技術仕様 カラー 透明ブラック/グレー/ホワイト スクリーン 3.5インチIPS全視野角、OC…

あわせて読みたい

中華ゲーム機「ANBERNIC RG ARC」は、『セガ風のコントローラー』をコンセプトにしたデザインと、ANBERNIC製品として初めての標準6ボタン、操作しやすい方向ボタンを採用したモデルです。搭載システムとカラーバリエーショ[…]

ANBERNIC RG ARC レビュー
あわせて読みたい

中華ゲーム機「ANBERNIC RG35XX」は、2022年上期で最も人気が高かった Miyoo Mini を意識した縦型モデルです。アナログスティックを排除したすっきりしたデザインが特徴です。ANBERNIC RG35X[…]

ANBERNIC RG35XX レビュー
あわせて読みたい

中華ゲーム機「ANBERNIC RG353PS」は、『スーパーファミコンのコントローラー』をコンセプトにしたデザインや操作性をそのままに、Linuxシステムを採用したことでスペックと機能、価格を抑えた RG353P の廉価モデルで[…]

ANBERNIC RG353PS レビュー
あわせて読みたい

中華ゲーム機「TRIMUI SMART PRO」は、人気の TRIMUIブランドの最新モデルで、PS Vita風のデザインを採用したモデルです。特徴的な LEDライトの演出に加え、操作性やパフォーマンスも向上しています。T[…]

TRIMUI SMART PRO レビュー
あわせて読みたい

2023年上期(2023年1月~6月)の中華ゲーム機の売れ筋ランキングを発表します。物価高と円安が直撃した 2023年上期、その中でも一番売れた中華ゲーム機の売れ筋ランキングを発表します。4つのカテゴリ分けしたランキングを[…]

2023年上期 中華ゲーム機ランキング

Amazonでお得に買い物できる節約術!

Amazonでお得に買い物したいのなら、Amazon Mastercard がおすすめです。

しかも、年間費永年無料、新規入会なら数千ポイントがもらえる!

Amazonでお得に買い物

  1. プライム会員の場合 2%の高還元率
  2. コンビニ利用で 1.5%還元
  3. 申し込み当日から利用可能
  4. 新規入会で数千ポイントをプレゼント

Amazonでよく買い物をする人ほど、お得に買い物できる!
しかも、プライム会員なら還元されるポイントも UP!

\ お得に買い物できる節約術 /

最大2.0%分のポイントが還元!
プライム会員以外は1.5%

実践済み!格安販売「Windowsライセンス」

圧倒的な安さで Microsoft Windows 10 / Officeなどを販売している consogameで Windows 10 Proを実際に購入した導入手順などを詳しくご紹介しています。

ローリスク・ハイリターンで、正規ライセンスを手に入れよう!

CTR IMG