ゲーミングUMPC「ONEXPLAYER」国内版がリリース!先行予約特価131,670円から。予約特典に専用ハードケースが付属

ONEXPLAYER 日本国内版が登場

One-Netbook社の新製品「ONEXPLAYER」国内正規版の先行予約が開始しました。
第11世代インテル i7-1185G7モデルの『Ultimate Edition』を含む全5モデルが同時リリース、先行予約特価は 131,670円(税込み)で予約を受け付けしています。

発売時期は 2021年8月下旬を予定しており、先行予約キャンペーンとして、通常は別売りの収納できる専用ハードケースが付属します。また、着脱可能な専用キーボードは同時購入特価で 4,840円(税込み)です。


ONEXPLYAER のモデル・価格

ONEXPLAYER 先行予約価格

8.4インチポータブルゲーミングUMPC のモデル・価格は、次のとおりです。
目玉となるのは、やはり『Ultimate Edition』で、海外クラウドファンディング Indiegogo で即完売した数量限定の人気モデルです。

モデルCPUストレージ容量通常価格先行予約価格
Standard Editioni5-1135G7512GB146,300円131,670円
Standard Editioni5-1135G71TB151,800円136,620円
Pro Editioni7-1165G71TB166,100円149,490円
Ultimate Editioni7-1185G71TB198,000円178,200円
Ultimate Editioni7-1185G72TB239,800円215,820円

基本スペックや詳しい使用感については、こちらのレビュー記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい

ゲーミングUMPC「ONEXPLAYER」は、テンセントが特許取得したウワサの “PCビデオゲームコンソール” として登場し、2021年5月10日にクラウドファンディングサイト Indiegogo で、プロモーション目的[…]

ONEXPLAYER 実機レビュー

汎用性の高さならライバル機を圧倒する

ONEXPLAYER ノートパソコンライク

ONEXPLYAER の最大の特長は、ノートパソコンのように使える汎用性です。
8.4インチの高解像度・大型ディスプレイを採用しているので、別売りの専用キーボード、マウスを接続することで、気軽にノートパソコンライクな環境を実現できます。

画面サイズに比例して本体サイズも大きめなので、ポータビリティという点においては劣るものの、ゲーミングだけでなくメールやブラウジング、オフィス作業といったシチュエーションに合わせた使い方をしたい人に向いています。

拡張性についても意外と優れていて、USB Type-Cケーブル1本で大型モバイルディスプレイに接続して快適なオフィス環境を実現したり、eGPUボックス(外付けGPU)に接続すれば、よりハイスペックなゲーミング環境に向上させることも可能なポータブルゲーミングUMPC です。

実際に ONEXPLAYER、GPD WIN3、AYA NEO の3製品を使った経験からすると、持ち運びすることが少なく、ゲームだけに限らず使いたい人にピッタリのモデルです。

Amazonでお得に買い物できる節約術!

Amazonでお得に買い物したいのなら、Amazonギフト券 がおすすめです。

1円単位でも購入できるので余すことなく使い切れます。

しかも、初回購入ならキャッシュバックポイントがもらえる!

Amazonでお得に買い物

  1. キャンペーンにエントリー
  2. Amazonギフト券を 5,000円以上注文する
  3. コンビニ・ATM・ネットバンキング払いで支払う
  4. 支払い完了月の翌月中旬頃にポイント付与

Amazonでよく買い物をする人ほど、お得に買い物できる!
しかも、プライム会員なら還元されるポイントも UP!

\ お得に買い物できる節約術 /

最大2.5%分のポイントがもらえる!
コンビニ・ATM・ネットバンキング払いが対象

実践済み!格安販売「Windowsライセンス」

圧倒的な安さで Microsoft Windows 10 / Officeなどを販売している consogameで Windows 10 Proを実際に購入した導入手順などを詳しくご紹介しています。

ローリスク・ハイリターンで、正規ライセンスを手に入れよう!

CTR IMG