もう迷わない!Dingux搭載、超小型・軽量ゲームコンソールの決定版「LDK Game」を実機レビュー

LDK Gameをレビュー

最近になって多くの中華ゲーム機が発売されて “どれを買えば正解なのか” と迷っている人はいませんか。結論から言うと超小型・軽量なゲームコンソール「LDK Game」は、そういった悩みを解決できる決定版です。

なぜ、多くのレトロゲーマーに LDK Gameが人気で、売れているのでしょうか。そういったポイントが全部わかる実機レビューをご紹介していきます。

超小型・軽量ゲームコンソールの決定版「LDK Game」とは

最近になって多くの中華ゲーム機が続々と発売されています。
ほとんどが「超小型・軽量」、「ゲームタイトルを数百本収録」を売りにして販売されていますよね。

しかし、操作性やディスプレイの見やすさが残念だったり、許諾を得られていない違法なゲームタイトルが収録されていたり・・・満足できる製品が少ないのが事実です。

手当たりしだいに気になる中華ゲーム機を買い物するお金の余裕はないし、安かろう悪かろうでは本末転倒です。そうなると「どれを買えば正解なのか」と迷っている人も多いのではないでしょうか。

LDK Gameが届きました

そこで注目をしたいのが Linux系ベースのOSであるDinguxを搭載した LDK Gameです。
多くのレトロゲーマーからの人気を集め、海外通販サイトで “とにかくよく売れている” ゲームコンソールです。

その人気の秘密・売れている理由を実機レビューを通してご紹介していきます。

LDK Gameを見ていく

海外通販サイト AliExpressで注文していた Dingux搭載、超小型・軽量ゲームコンソール「LDK Game」が届きました。

海外通販サイトでも人気が高い商品で、品切れだった在庫が最近になって復活しました。
LDK Gameの本体カラーは3種類(ホワイト・ブラック・イエロー)で、購入したのはホワイトです。

3種類のカラーの内、ホワイト・ブラックは どちらもスケルトン(半透明)カラーです。
イエローは半透明ではない原色カラーです。

LDK Gameを開封

LDK Gameのスペック

LDK Gameの気になるスペックをご紹介します。
大きな特長として、Linux系ベースのOSであるDinguxを搭載しているので、数多くのエミュレータに対応しています。

メーカーから公開されているスペック表には記載がありませんが、本体重量はおよそ100g、microSDカードは最大32GBまで対応(オリジナルファームウェアの場合)です。

LDK Gameのスペック

ゲームコンソールの形状・画面の大きさは異なりますが、スペック的には根強い人気の中華ゲーム機「RS-97」の互換機とみて良いでしょう。

付属品をチェック

LDK Gameの付属品は AVケーブルとmicroUSBケーブルのみです。
操作マニュアルは付属していないので、やや玄人向けの中華ゲーム機といえるでしょう。

なので、こういったデバイスの知識がまったくない人には難しいかもしれません。
ここでは、そういった初心者でも簡単に使えるように初期設定・使い方についても後ほど説明します。

LDK Gameの付属品

LDK Gameをしっかりチェックしていきます

それではLDK Gameの本体をしっかりチェックしていきます。
本体のボタン・ディスプレイ・バッテリー・microSDカードスロットなどの気になるポイントをしっかりチェックします。

保護フィルムがついてます。

LDK Gameにはディスプレイ保護を目的としたフィルムが貼られています
あくまでも出荷時の保護を目的につけられたフィルムなので、小さな傷などがついています。

小さな傷が気になる人は保護フィルムをはがして LDK Gameを楽しみましょう。
画面が傷だらけだ!」とクレームをつける人がいるようなので注意してください。

LDK Game本体をチェック

音量は細かな調整ができるダイヤル式

右側面には、電源ボタン・音量調整ダイヤルがあります。
電源ボタンのON/OFFはスライドさせるだけ、音量は細かな調整ができるダイヤル式です。

音量調整ダイヤルを最小にしても「消音」にはできません
気にしなければ聴こえないような小さな音声ですが、これはスピーカーで聴く場合だけの問題で、イヤホン使用では問題ありません。静かな室内でゲームプレイする場合には注意をしておきたいポイントです。

ただし、スピーカーをまったく使わなくて良いのであれば、設定のAudio volume数値を「0」にすることで完全消音にできます。

LDK Gameをレビュー

音質はノイズもなく良好

上部には、I/Oポートであるイヤホンジャック・microUSBがあります。
まれに音声にノイズ・乱れがみられますが、これはエミュレータでの再現性の問題です。
イヤホン使用での音声はノイズもなく良好です。

ちなみに、電源ランプはONで緑色、給電中・データ移行時には赤色に点灯します。
バッテリー残量が低くなっても電源ランプの色は変わりません。

LDK Gameをレビュー

明るさは5段階から選べる

左側面には、明るさ調整ボタン・Sleepボタン、microSDカードスロットがあります。
明るさは5段階から選べるので、お好みに合わせて調整ができます。

Sleepボタンはエミュレータによっては「設定ボタン」としても割り当てられています。
microSDカードは最大32GBまでしかサポートしていないので注意しましょう。

それよりも大きな microSDカードはデータ移行はできるものの認識しません。
ただし、この問題はカスタムファームウェアを導入することで解決できます

あわせて読みたい

超小型・軽量ゲームコンソールの決定版と名高い「LDK Game」にカスタムファームウェアを導入します。どうやって導入するのかわからない、難しそうと思っている人でも簡単に導入できる方法を解説していきます。カスタムファームウェア(Retr[…]

LDK Gameにカスタムファームウェアを導入
LDK Gameをレビュー

ストラップホールあります

本体下部にはストラップホールがあります。
こういったポータブルゲームコンソールでは「ストラップをつけたい!」という要望が多いようです。落下防止や持ち運びを考えて、お気に入りのストラップをつけるのも良さそうです。

LDK Gameをレビュー

スピーカー音量は大きい

本体裏側にはスピーカー・バッテリーボックスがあります。
スピーカー音量は大きく、迫力あるサウンドを楽しめます。ただし、上記でも説明したとおり、音量調整ダイヤルを最小にしても「消音」にはできません。

かすかな音声でも気になる人は、イヤホンで LDK Gameを遊ぶか、スピーカー穴をテープなどでふさぐなどの対策をすると良いでしょう。

スピーカーからの音声が一切なくても良いという人は、設定画面の Audio volume数値を「0」にすることで完全消音にできます

LDK Gameをレビュー

バッテリーは交換できる

LDK Gameでは、バッテリー「BL-5C」が採用されています。
多くの中華ゲーム機でも採用されているバッテリーで、汎用バッテリーは国内の通販サイトでも購入できます。

バッテリーの持続時間は、明るさを最大・音量(中)でおよそ2時間30分です
ディスプレイの明るさを暗く、イヤホンを使用すればバッテリー持ちはかなり良くなります。
不安がある人は予備バッテリーを用意しておきましょう。

バッテリーを取り外すと micrsoSDカードスロットが見つかります。
こちらは、システム(Linux系ベースのOSであるDingux)が搭載されている microSDカードなので、目的がない限りは取り外さないようにしましょう。

LDK Gameのバッテリー

LDK Gameの大きさをチェック

LDK Gameの大きさは 76 x 88 x 17mmと超小型です。
そして、重量も100gと軽量なゲームコンソールです。

初代ゲームボーイの大きさと比べてみると、その圧倒的な小ささ・コンパクトボディが目立ちます。カバンにさっとしまえて、いつでもどこでも手軽に遊べるゲームコンソールです。

LDK Gameの大きさ

鮮明で見やすいディスプレイ

LDK Gameには 2.6インチの大きなディスプレイを搭載しています。
鮮明で見やすいディスプレイは、レトロゲームのドットをはっきり・くっきりと映し出します。

LDK Gameのディスプレイ

ゲームボーイシリーズ、ゲームギア、PCエンジンなどのゲームタイトルをよく遊ぶという人は体験してみる価値は大きいです。

LDK Gameのエミュレータ(ゲームギア)のゲーム画面を撮影してみました。
オリジナル(実機)よりも、きれいで見やすいのがわかるはずです。

LDK Gameのディスプレイ

データ移行はPCと接続するだけ

データ移行をするのに、いちいち microSDカードを取り外すのって面倒ですよね。
LDK Gameはパソコンと接続するだけでデータ移行ができます

電源OFFの状態でパソコンと microUSBケーブルを接続して、電源ONで「Select USB mode」と表示されたら Aボタンを押すだけで接続完了です。

LDK Gameには2つの microSDカードスロットが用意されています。
パソコンと接続することで、どちらの microSDカードも認識するので、お好みに合わせてデータ移行を進めてください。

LDK Gameのデータ移行

操作性は満点ではない

LDK Gameの操作性は満点ではありません。
メーカー純正品との差は仕方がないことですが、一般的な中華ゲーム機と比べると操作性は満点ではないものの、それほど悪くはありません。

慣れれば問題はありませんが L/Rボタンが押しづらく、1回押したつもりが、2回押した感じに反応することがありました。

LDK Gameの操作性

個人的には、LDK Gameは 角(かど)ができて丸みがない外装シェルなので、持ちづらくゲームプレイに熱中するあまり指に力が入ってしまい、角が指に当たり痛くなることがありました。

初期設定・内蔵ゲームをチェック

LDK Gameの初期設定・内蔵ゲームをチェックしていきます。
メインメニューで L/Rボタンのどちらかを押すことで、各種設定タブを切り替えできます。

LDK Gameの初期設定

初期設定では LDK Game本体言語は「Chinese」が選択されています。
日本語は項目にないので「English」を選択すると良いでしょう。

Settings(設定)では、言語のほかに日付、スリープ時間、オーディオボリュームなどをお好みで変更できます。

LDK Gameの初期設定

内蔵ゲームは CaveStory(洞窟物語)、Quake、Chocolate Doom、Zelda風ゲームなど61ゲームタイトルを収録。

ざっと調べてみた感じでは、ファミコンのゲームタイトルなどの許諾を得られていないゲームイメージは収録されていないようです。

ただし、すべてを確認したわけではないので、許諾を得られていない違法なゲームタイトルが含まれているかもしれません。

LDK Gameを内蔵ゲーム

メインメニューのスキンは7種類、壁紙は100種類以上を収録しています。
気分に合わせて自分好みのスキン・壁紙に変更できます。

スキン・壁紙・フォントなどは、microSDカード(システム)の「apps」 → 「gmenu2x」 → 「skins」 → 「Default」で変更・追加できます。

LDK Gameのスキン

エミュレータの種類と使い方

総合的なスペックが高い LDK Gameは、エミュレータで多くのゲームタイトルを遊べます。
ゲームイメージは microSDカードの好きな場所に保存してください。
半角英数字のほかに日本語のファイル名にも対応しています。

LDK Gameでゲームボーイ

標準搭載しているエミュレータ

対応しているゲームイメージは多く、幅広いゲーム機のエミュレータを標準搭載しています。
標準搭載しているエミュータの名前/種類を簡単にまとめてみたので参考にしてください。

公式では ファミコン、ゲームボーイ、ゲームボーイカラー、スーパーファミコン、ゲームボーイアドバンス、メガドライブ、セガ・マスターシステム、PCエンジン、ネオジオなどに対応しているとアナウンスしています。

LDK Gameでファミコン

基本的な使い方は、エミュレータを起動してゲームイメージを選択するだけです。
あくまでもエミュレータ機なので、すべてのゲームタイトルが完全に動作するわけではありません。

エミュレータを起動して各種設定をしたい場合は、次のいずれかを押すことで設定画面を呼び出せます。Sleepボタン、L/Rボタン同時押し、Selectボタン、Start/Selectボタン同時押しなどです。

LDK GameでPCエンジン

プレイステーション(PS1)のゲームイメージを遊ぶ場合は、最初にPlaystation(Settings)を起動して設定をしておくと良いでしょう。

標準では設定項目 Core settingsの HLE emulated BIOSが「ON」、設定項目 GPU settingsの Frame Skipが「OFF」になっているので遅延が発生します。

設定項目 Core settingsの HLE emulated BIOSを「OFF」にして、自前のBIOS(SCPH-1001など)を設定し、設定項目 GPU settingsの Frame Skipを「Auto」に変更すればそこそこ遊べるようにはなるようです。

LDK GameでPS(プレイステーション)

ファームウェア(オープンソース)のアップデートも発表されています。
また、Dinguxで動くエミュレータも公開されているので、うまくゲームが動かない・不具合が発生するといった場合には試してみるのも良さそうです。

小型ゲームコンソールの決定版「LDK Game」

Linux系ベースのOSであるDinguxが採用、超小型で軽量なゲームコンソール「LDK Game」は、総合的なスペックも高く、対応しているゲームイメージも多い、そして何よりもレトロゲーマーに人気のゲームコンソールです。

メーカー純正品(実機)ではないので、ゲームの再現性や操作性に問題はあるものの、一般的な中華ゲーム機と比べてみても高い性能・満足する結果が得られました

バッテリー持ちは明るさを最大・音量(中)で2時間30分程度、手のひらに収まるコンパクトサイズ・100gという重さは、持ち運んで手軽に遊ぶのにも最適です。

いつでもどこでもレトロゲームを楽しみたい
そんなあなたの願いを小型ゲームコンソールの決定版といっても良い LDK Gameなら実現できます。

LDK Gameに大満足!

また、こういった中華ゲーム機の「どれを買えば正解なのか」と迷っている人に、Dingux搭載、超小型・軽量なゲームコンソール「LDK Game」はおすすめです。

中華ゲーム機でレトロゲームを遊んでみたいと考えている人は、LDK Gameの購入を検討してみてください。

あわせて読みたい

一昔前まではチープで使い物にならなかった中華ゲーム機も、最近ではデザイン・多機能・操作性を高めた商品が販売されています。多くの商品が販売されているので “どれを買えば正解なのか” と迷っている人はいませんか。結論からいうと超小型・軽量[…]

Dingux搭載、超小型・軽量ゲームコンソール「LDK landscape」実機レビュー

Amazonでお得に買い物できる節約術!

Amazonで少しでもお得に買い物したいのなら、Amazonギフト券での購入がおすすめです。

1円単位でも購入できるので余すことなく使い切れます。

しかも、初回購入なら 1,000円分のポイントがもらえる!

Amazonでお得に買い物

  1. キャンペーンにエントリー
  2. Amazonギフト券を 5,000円以上注文する
  3. コンビニ・ATM・ネットバンキング払いで支払う
  4. 支払い完了月の翌月中旬頃にポイント付与

Amazonでよく買い物をする人ほど、お得に買い物できる!
しかも、プライム会員なら還元されるポイントも UP!

\ お得に買い物できる節約術 /

最大2.5%分のポイントがもらえる!
コンビニ・ATM・ネットバンキング払いが対象

>実践済み!格安販売「Windowsライセンス」

実践済み!格安販売「Windowsライセンス」

圧倒的な安さで Microsoft Windows 10 / Officeなどを販売している consogameで Windows 10 Proを実際に購入した導入手順などを詳しくご紹介しています。

ローリスク・ハイリターンで、正規ライセンスを手に入れよう!

CTR IMG