中華ゲーム機「KT R1」販売開始|価格 169ドルから

KT R1 価格・販売ストア

中華ゲーム機「KT R1」の販売が開始されました。
KTPocketブランドの第一弾として発表されたモデルで、2023年2月7日にリリース・出荷時期については未定です。一般販売価格は 169ドル~319ドルです。

主要スペックは、Android 12、4.5インチ(1620 × 1080、3:2、10点マルチタッチ)、MediaTek Helio G99プロセッサー、メモリー 4GB / 6GB / 8GB LPDDR4、ストレージ容量は 64GB / 128GB / 256GB、バッテリー容量 7500mAh / 7800mAh です。

KT R1 インターフェース

筐体素材は ABS樹脂素材、メタル素材の2種類を用意。
カラーバリエーションは、ホワイト、イエロー、レッド、グレーの全4色に加え、左アナログスティックの位置が異なるバリエーションをリリースします。

インターフェースは USB Type-C、イヤホンジャック、microSDカードスロットを備えており、ワイヤレス通信(Wi-Fi、Bluetooth 5.2 に加え 4Gモデル)、バイブレーション、カメラ、ステレオスピーカーという構成です。

KT R1 スペック

本体サイズは 169.8 × 79.5 × 18.3mm で、PS Vita よりも小さなサイズです。
重さは未公開ですが、ABS樹脂素材が 220g、メタル素材が 320g ほどと予想されています。

Geekbenchのスコアだけで単純比較すると、GPD XP Plus よりも劣りますが、Odin Pro や ANBERNIC WIN600 よりも優れたスコアとなっています。ただし、搭載されている GPU性能は劣るので総合的なエミュレーター性能は負ける結果となりそうです。

製品名KT R1
CPUMediaTek Helio G99プロセッサー
GPUARM Mali-G57 MP2
メモリー4GB LPDDR46GB LPDDR48GB LPDDR4
ストレージ64GB UFS2.1128GB UFS2.1256GB UFS2.1
画面4.5インチ
(1620 × 1080、3:2、10点マルチタッチ)
システムAndroid 12
ワイヤレス通信Wi-Fi 、Bluetooth 5.2Wi-Fi、Bluetooth 5.2 に加え 4Gモデル
バッテリー7500mAh7800mAh
本体サイズ169.8 × 79.5 × 18.3mm
重さ未公開
(ABS樹脂素材 ~220g、メタル素材 ~324g)
一般販売価格169ドル~219ドル199ドル~289ドル229~319ドル
出荷予定月未定

免責事項:スペック情報の正確性には細心の注意を払っていますが保証は致しかねます。

何度も延期を繰り返していましたが、やっと一般販売がスタートしました。
同時に予告されていたクラウドファンディングの開始時期については未定です。

KTPocketブランドの第一弾として Androidゲーム機の KT R1 をリリースします。
将来的には Windows携帯ゲーム機 KT Wシリーズも登場予定です。

公式サイトのアカウント作成時の認証について
メールアドレス認証より電話番号認証の方がスムーズなようです。

KT R1 商品ページリンク

販売開始時期:2023年2月7日(グローバル版)
クラウドファンディング開始時期:未定
出荷予定時期:未定

一般販売価格:169ドル~319ドル

あわせて読みたい

Androidゲーム機「GPD XP Plus」国内版が販売開始となりました。国内正規販売店 デントオンラインショップにおける販売価格は 62,000円で、公式ストア会員価格は 59,900円です。2022年8月に出荷開始予定です[…]

GPD XP Plus クラウドファンディング
あわせて読みたい

中華ゲーム機「ANBERNIC WIN600」は、低価格・軽量な Windows携帯ゲーム機です。エミュレーターを遊ぶことにフォーカスしたスペックで、内蔵ストレージ(SSD)・メモリーを換装できるだけでなく、SteamOS をサポ[…]

ANBERNIC WIN600 レビュー
あわせて読みたい

Androidゲーム機「Odin Pro」は、AYN Technologies の注目すべき新製品です。Android10、Snapdragon 845、5.98インチ液晶ディスプレイ、解像度 1080 × 1920 を搭載。スマ[…]

Odin Pro レビュー
あわせて読みたい

中華ゲーム機「ANBERNIC RG353P」は、RG351シリーズよりも優れた RockChip RK3566 を搭載、デュアルブートシステム採用(Android 11 と Linuxベースのシステム)、クラシックデザインを採用[…]

ANBERNIC RG353P レビュー
あわせて読みたい

中華ゲーム機「ANBERNIC RG503」は、RG351シリーズよりも優れた RockChip RK3566 を搭載、PS Vita(PCH-1000)相当の 4.95インチ有機ELディスプレイを採用したモデルです。AN[…]

ANBERNIC RG503 レビュー

実践済み!格安販売「Windowsライセンス」

圧倒的な安さで Microsoft Windows 10 / Officeなどを販売している consogameで Windows 10 Proを実際に購入した導入手順などを詳しくご紹介しています。

ローリスク・ハイリターンで、正規ライセンスを手に入れよう!

CTR IMG