AMDじゃないの!? GPD WIN Max は、インテルの第10世代 CPU i7-1065G7 を搭載して登場か!?

GPD WIN Max リリース近い

GPD 社から新製品「GPD WIN Max」が発表される可能性が高まっています。
海外フォーラム(百度贴吧)で、GPD WIN Max とされる情報が出回り始めました。

搭載される CPU は AMD じゃない⁉
当初は搭載される CPU は AMD Ryzen シリーズが採用されると言われていました。
しかし、出回っているリーク情報を見ると、インテルの第10世代 CPU i7-1065G7 を搭載される可能性が高いようです。

正式な情報開示はないものの、GPD 社の Wade Wang 氏が提供したものと考えられる GPD WIN Max のリーク情報をチェックしていきます。

GPD WIN Max のクラウドファンディング開始が近い

最近になって GPD WIN Max のリーク情報が出回り始めています。
この情報の発信者は、GPD社の Wade Wang 氏が提供したもので、かなり信ぴょう性が高い情報だと考えられています。

本体のデザインは変わる可能性が高い

公開されている GPD WIN Max のデザインは古い画像だと言われています。
その理由としては、撮影しているスマートフォンが HUAWEI Mate 20 Pro だからです。
現在、Wade Wang 氏が使用しているのは HUAWEI Mate 30 Pro だといわれています。

GPD WIN Max の本体デザインは、大きく変更されてニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)のようなデザインが採用されるともウワサもあります。

仮にこのサイズ感での製品となると、ポケットサイズではなく 8.9インチの UMPC である GPD P2 Max と変わらない大きさになりそうです。

GPD WIN Max
この記事は、海外フォーラムで公開されている情報をまとめています。
大きく仕様変更される可能性も高いので、あくまでも参考としてお読みください。

クラウドファンディングの開始時期・価格は

過去の実績を考えると、このようなリーク情報が出回った2~3カ月後に正式な情報が公開され、クラウドファンディングが開始されています。

そう考えると、すでに GPD WIN Max のプロトタイプは完成していて、クラウドファンディングの準備を進めていると考えて良いでしょう。

クラウドファンディングの価格については未定ですが、一般販売価格よりも安価に設定されることが多いので、800ドル~1,000ドルになることが予想されています。

GPD WIN 2 と比べると性能は3倍に

当初 GPD WIN Max には、AMD Ryzen シリーズが採用されることが期待されていましたが、リーク情報を見る限りでは インテルの第10世代 CPU i7-1065G7 または i5-1035G7 が搭載される可能性が高いです。

GPD WIN 2 と比べると性能は3倍
ベンチマークテスト結果を見ると、スコアは GPD WIN 2 のおよそ3倍です。
さらに快適なゲーミングを GPD WIN Max では楽しめるようになります。

GPD WIN Max ベンチマーク

放熱対策も十分に対応できる

GPD WIN Max の冷却ファンは、もともと TDP 25W 向けに設計・開発されています。

なので、インテルの第10世代 CPU i7-1065G7 または i5-1035G7 が搭載されたとしても十分対応できる冷却能力を備えています。

GPD WIN Max ベンチマーク

実際に公開されているベンチマーク結果を見ると 59 ~ 60 度と安定しています。

Iris Plus Graphics と記載があることから、プロトタイプに搭載されている CPU は、インテルの第10世代 Core プロセッサの上位モデルだと判断できます。

GPD WIN Max ベンチマーク

GPD WIN Max の新しい機能について

そのほかにも、GPD WIN Max の新しく搭載される可能性が高い機能、スペックについてもチェックしていきます。

Thunderbolt 3 に対応予定

GPD WIN Max には、Apple 製品の多くに採用されている Thunderbolt 3 に対応予定です。
対応するのであれば、ノートパソコン用のドッキングステーションなどが幅広く使えるデバイスになりそうです。

そのほかの気になるスペックは

GPD WIN Max の気になるスペックとしては、メモリは 16GB、ストレージ容量は 256GB~512GB になることが予想されています。また、GPD WIN 2 と同じようにメタルパーツとABS素材を組み合わせた本体を採用予定です。

GPD WIN Max のリーク情報は、海外フォーラム(百度贴吧)で公開されていますが、なぜか一部の情報については削除されているケースが見受けられます。

過去の実績を考えると、2~3カ月以内には正式な情報が GPD 社から公開されると思いますが、どのような製品がお披露目されるか楽しみです。

Source:百度贴吧

あわせて読みたい

超小型ゲーミングPC「GPD WIN2」が、さらに進化して発売されています。正式には発表されていませんが、これまでにも細かなマイナーバージョンアップを繰り返してきた GPD WIN2の集大成ともいえる最新モデルです。超小型ゲーミング[…]

GPD WIN2 2019年最新版をレビュー

デントオンラインショップ

 日本初、実績 No.1 の国内修理サービス!
だから、GPD製品はサポート充実の正規販売店がおすすめ。
>実践済み!格安販売「Windowsライセンス」

実践済み!格安販売「Windowsライセンス」

圧倒的な安さで Microsoft Windows 10 / Officeなどを販売している consogameで Windows 10 Proを実際に購入した導入手順などを詳しくご紹介しています。

ローリスク・ハイリターンで、正規ライセンスを手に入れよう!

CTR IMG