中華ゲーム機「SUPBOR Q400」を実機レビュー。制限された環境・快適なゲームプレイは厳しいゲームコンソール

中華ゲーム機 SUPBOR Q400

中華ゲーム機「SUPBOR Q400」は、外部コントローラーを最大4つ接続できて、解像度もそこそこ高い、どちらかといえば TV出力して大画面で遊ぶことに特化した中華ゲーム機です。

一昔前の中華ゲーム機を思い出させる
SUPBOR Q400 の総合的な品質・スペックは一昔前の中華ゲーム機レベルです。
最近になって発売された中華ゲーム機をすでに持っている・遊んでいる人にとっては、はっきりいって扱いづらいゲームコンソールです。

海外フォーラムでも酷評が目立つ SUPBOR Q400 のメリット・デメリット、特徴、使い方・設定方法などを詳しくご紹介していきます。

SUPBOR Q400 は本当に酷評されるべきなのか

SUPBOR Q400 実機レビュー

2020年1月頃に発売された中華ゲーム機「SUPBOR Q400」は、海外通販サイトなどで Q400、小覇王Q400、Pandra Q400 と呼称されているゲームコンソールです。

4インチの大画面、解像度、Linuxベースという点で発表された当初は中華ゲーム機マニアから注目を集めていましたが、総合的な使いやすさという点では「イマイチ」「地雷」という酷評がされています。

実際に使ってみないことには酷評される理由ってわかりませんよね。
ということで、実際に使ってみた使用感を含めて SUPBOR Q400 をレビューしていきます。

SUPBOR Q400 のスペック

SUPBOR Q400 のスペックを詳しく見ていきます。
最も気になるポイントなので購入を検討している人は、ぜひ参考にしてください。
スペック表だけでは “わからないポイント” についても後ほど詳しく解説していきます。

SUPBOR Q400 スペック

メーカーが公開している情報をもとにスペック表を作成しています。
提供を受けた情報の真偽が不明な部分は非公開としています。

SUPBOR Q400 をしっかりチェックしていく

TV出力の大画面、マルチプレイに特化した中華ゲーム機「SUPBOR Q400 」をしっかりチェックしていきます。購入を検討する上での重要なポイントも、しっかりとご紹介していきます。

SUPBOR Q400 の付属品

SUPBOR Q400 付属品

SUPBOR Q400 の基本的な付属品はユーザーマニュアル、microUSBケーブルです。
最大4人のマルチプレイに特化した中華ゲーム機ということで、正しいレビューをするためにも外部コントローラーが付属するモデルを選びました。

本体の持ちやすさ・サイズ感は良い

SUPBOR Q400 本体

SUPBOR Q400 の持ちやすさ・サイズ感に加え、ビルドクオリティは良好です。
本体カラーは全3色(ブラック、ブルー、イエロー)です。

本体の大きさは 72.5 × 175 × 20mm、重さは 181g(実測値)です。
アナログパッドの高さを基準にすると、本体の厚さは 26mm ほどになります。

大きな4インチの液晶ディスプレイを搭載しているので、本体サイズは一般的な中華ゲーム機よりも大きいですが、軽量なのはポイントです。

SUPBOR Q400 レビュー

スピーカーはステレオで背面に2つ設置されています。
V-ボタン、V+ボタンで音量調整をするのですが、最大音量はそれほど大きくはありません。

おそらく、大音量になるとスピーカーは音割れしやすくなるので、音質劣化(音割れ)を防ぐための制限だと考えられます。

最大4つのコントローラーを接続できる

SUPBOR Q400 I/Oポート

最大の特徴は外部コントローラーを4つ接続できることです。
シングルプレイのほかに、対応するゲームタイトルであれば最大4人のマルチプレイが可能です。

USB Type-A が4つ搭載されていますが、好きな場所に外部コントローラー接続すれば認識します。外部コントローラーが1つしかなくても、本体側のコントローラを使えば2プレイモードで遊ぶこともできます。

SUPBOR Q400 外部コントローラ

ただし、すべての外部コントローラーに対応しているわけではなく、コントローラマッピングについてもエミュレータ、ゲームタイトルによって正しく設定できない点には注意が必要です。

ファームウェアの取り扱いに注意したい

SUPBOR Q400 I/Oポート

残念ながら SUPBOR Q400 に採用されているファームウェアは期待できません。
一昔前の中華ゲーム機は、自由にカスタマイズできない制限された環境が当たり前でしたが、現状ではまさにその状態であるといえます。

microSDカードスロットは1つしかないので、microSDカードにファームウェア・ゲームイメージを保存します。オリジナルファームウェアは配布されていないので、データ移行する際にはシステム破損をしないように注意しましょう。

RetroArchベースのファームウェアも存在しますが、ちらつき・点滅現象が発生するのでオリジナルファームウェアと比べても快適なゲームプレイは困難です。

ボタンは大きく・クリック感がある

SUPBOR Q400 操作性

SUPBOR Q400 に採用されているボタンスイッチ、アナログパッドはそれほど悪くはありません。L1/R1ボタン、L2/R2ボタン は押し心地がかなり硬いので操作性は中華品質です。

SUPBOR Q400 操作性

selectボタン、startボタン、音量調整(V-ボタン、V+ボタン)は小さく、ABXYボタン(正しくは〇×△□ボタン)下に並んで配置されています。

ボタンのクリック感・硬さが異なるためか、ゲームプレイ中に音量調整ボタンなどを誤操作するといったことはなかったです。

SUPBOR Q400 の使い方・初期設定

SUPBOR Q400 エミュレータ

SUPBOR Q400 には Linuxベースの独自UI が採用されています。
見た感じでいえば、Pandraベースの 使いやすさ・特徴を備えた UI です。

簡単な使い方として、L1/R2ボタンでタグを「Categor」に移動させてから、エミュレータを選択して、遊びたいゲームタイトルを選択するといった感じです。

また、microSDカードの対応するゲームフォルダにゲームイメージを保存するだけで、エミュレータで遊べるようになります。

遊べるエミュレータは限定される

SUPBOR Q400 エミュレータ

SUPBOR Q400 には、アーケード、ファミコン、メガドライブ、スーパーファミコン、PCエンジン、ニンテンドー64、プレイステーション、ゲームボーイなどのエミュレータが標準装備されています。

エミュレータによっては常に倍速動作、特定の条件で遅延などが発生するので、快適にゲームプレイができるエミュレータ・ゲームタイトルは限定されます。
調整できるような設定項目もないので問題解決はできず、動作できるゲームタイトルを探す工夫が必要です。

特に ニンテンドー64、プレイステーションのエミュレータ性能については期待できません。動作が極端に遅くなったり、不安定になる現象が発生します。

ゲームタイトルが収録されている

SUPBOR Q400 収録ゲーム

許諾が得られていないゲームタイトルが収録されています。
ゲームタイトルリストでは 3787本のゲームタイトルが表示されていますが、実際に収録しているゲームタイトル数は100本以下です。

microSDカードに収録されているゲームイメージは保存されているので簡単に削除・追加ができます。上画面のリスト表示画面でゲームタイトルの上にカーソルを合わせ R2ボタンを押すことで、Favorite(お気に入り)リストにゲームタイトルを表示・非表示させることもできます。

システムは制限されていて自由度は低い

SUPBOR Q400 使い方・設定

ゲームプレイ中に selectボタン + startボタン を同時押しすることで設定画面を呼び出せます。
ただし、ステートセーブ・ロード、ゲーム終了、コントローラマッピングだけを設定できる制限された環境です。

コントローラマッピングは、かなり細かく設定ができます。
マッピング設定後に「Save Game Remap File」を選択しないと設定保存されず、ゲーム起動時にマッピングが初期化されてしまう点には注意しましょう。

アスペクト比は変更できない

SUPBOR Q400 アスペクト比

SUPBOR Q400 は、標準設定のにワイド画面でしか遊べません。
設定画面には、アスペクト比の変更だけでなく、フレームスキップなどの機能もありません。

TV などの大画面出力する場合であれば気になりませんが、レトロゲームを遊ぶことを前提とした中華ゲーム機では致命的です。こればかりはシステム(ファームウェア)アップデートを期待するしかなさそうです。

システムアップデートを期待したい中華ゲーム機

中華ゲーム機 SUPBOR Q400

中華ゲーム機「SUPBOR Q400 」の最大の欠点はシステム(ファームウェア)です。
2020年1月頃に発売されて以来、オリジナルシステム(ファームウェア)の配布ばかりか、システムアップデートも確認できていません。

一昔前の中華ゲーム機であれば許せた仕様でも、最近になって登場した中華ゲーム機が高品質・高機能だけに総合的な品質の低さが目立ちます。せめてシステム面でユーザー側が設定できる項目・自由度が担保されていれば、酷評されることはなかったと思います。

中華ゲーム機としては大画面の4インチディスプレイ、解像度(800×480)、最大4人のマルチプレイ対応といったポテンシャルは持っているので、それを生かした使いやすいシステムアップデートを期待したいです。

あわせて読みたい

絶大な人気を誇る中華ゲーム機として誕生した「RG350M」は、RG350 をベースにした金属筐体、新しい液晶ディスプレイ、アナログスイッチ・ボタンを採用した中華ゲーム機です。重量感がある金属筐体、中華ゲーム機の王者君臨20[…]

RG350M 実機レビュー

Amazonでお得に買い物できる節約術!

Amazonで少しでもお得に買い物したいのなら、Amazonギフト券での購入がおすすめです。

1円単位でも購入できるので余すことなく使い切れます。

しかも、初回購入なら 1,000円分のポイントがもらえる!

Amazonでお得に買い物

  1. キャンペーンにエントリー
  2. Amazonギフト券を 5,000円以上注文する
  3. コンビニ・ATM・ネットバンキング払いで支払う
  4. 支払い完了月の翌月中旬頃にポイント付与

Amazonでよく買い物をする人ほど、お得に買い物できる!
しかも、プライム会員なら還元されるポイントも UP!

\ お得に買い物できる節約術 /

最大2.5%分のポイントがもらえる!
コンビニ・ATM・ネットバンキング払いが対象

>実践済み!格安販売「Windowsライセンス」

実践済み!格安販売「Windowsライセンス」

圧倒的な安さで Microsoft Windows 10 / Officeなどを販売している consogameで Windows 10 Proを実際に購入した導入手順などを詳しくご紹介しています。

ローリスク・ハイリターンで、正規ライセンスを手に入れよう!

CTR IMG