異色のネオンカラーが珍しい!中華ゲーム機「RG280M」を実機レビュー。使いやすさを継承した軽量・コンパクトモデル

中華ゲーム機「RG280M」 実機レビュー

大人気の中華ゲーム機 RG350シリーズを使ってみたけど、どうにも手にフィットしない、持ちにくいと感じた人はいませんか。軽量・コンパクトモデルの中華ゲーム機「RG280M」なら、その悩みを解決できます。

小さくなっても性能は変わらない
軽量・コンパクトサイズになって、性能まで下がってしまっては本末転倒ですよね。
RG280M は RG350シリーズの CPU性能、バッテリー容量はそのままに、よりカジュアルに遊べる使いやすさを追求したモデルです。

やっぱり携帯型ゲーム機は「小さなコンパクトモデルが欲しい」「手になじむフィット感を重視したい」と思っている人は、RG280M の使いやすさ・魅力を確認してみましょう。

小さくなってもパワフルな中華ゲーム機「RG280M」

RG280M 実機レビュー

小さなコンパクトモデルの中華ゲーム機「RG280M」が人気です。
最大の特徴は、アルミニウム合金の金属筐体、2.8インチの液晶ディスプレイ(IPS)、解像度 320 × 480、軽量でコンパクトサイズになったことです。

カラーバリエーションは全3色(グラデーション、ブラック、シルバーグレー)です。
英語圏では ネオンカラー、ダイアモンドブラック、スカイグレーと表現されていますが、こちらの方が RG280M の色味表現としては正しいです。

性能は変わらないので スーパーファミコン、プレイステーションといったエミュレータも快適に遊べます。異色で珍しいネオンカラーをチョイスしたのでご紹介していきます。

RG280M の価格・販売ストア

中華ゲーム機 RG280M は、海外通販サイト・国内サイトでも販売しています。
海外通販サイト:Banggood の販売価格およそ 9,400円 が最安値です。
クレジットカードのほかに、保証が手厚い PayPal にも対応しているので安心です。

税関検査が厳しくなっているようなので、海外通販サイトで購入する場合は、PayPal などの保護措置が用意されている決済方法を利用しましょう。

クーポンコード「BGRG280M」でさらに安く!
ストア商品名クーポンコードクーポン適用後
BanggoodRG280M(3カラー)BGRG280M9,400円
アマゾンRG280M(グラデーション)9XSLA7GG11,999円
アマゾンRG280M(ブラック)UX424KO411,999円
アマゾンRG280M(シルバーグレー)XCZEJAGA11,999円

RG280M のスペック

中華ゲーム機 RG280M のスペックを詳しく見ていきます。
最も気になるポイントなので、しっかりチェックしていきましょう。

RG280M スペック

RG280M をしっかりチェックしていく

コンパクトモデルになった中華ゲーム機「RG280M」をしっかりチェックしていきます。
RG350シリーズの性能そのままに、多才なエミュレータ性能を発揮できるパワフルな携帯型ゲーム機です。付属品から基本的な使い方・設定、使用感などもしっかり見ていきます。

RG280M の付属品

RG280M 付属品

マニュアル、クイックスタートガイド(英語・中国語)、USB Type-Cケーブルが付属します。

日本語での記載はないので、初心者はやや難しく感じてしまうかもしれませんが、画像が多めに使われているので慣れている人であれば迷うことはありません。

このマニュアルは詳しく解説されていないので、初心者は設定に悩んでしまうかも。
そういった部分も簡単に使えるように設定・使い方について後ほど説明します。

「金属筐体 × 異色のネオンカラー」という組み合わせ

RG280M 実機レビュー

過去の中華ゲーム機の歴史を振り返ってみても、金属筐体に異色のネオンカラーという組み合わせは見たことがありません。中華ゲーム機マニアも注目しているカラーリングです。

しっかりとした金属筐体を採用しているせいか、ネオンカラーであっても安っぽさは感じられず、中華ゲーム機の完成形として仕上げられています。

RG350M でも非常に評判が良かった液晶ディスプレイも健在です。
ガラスに液晶ディスプレイを直接貼り合せることにより視認性が大幅に向上しています。反射面が減り、高コントラストでクリアな映像表示を実現しています。

アフターサービスに力を入れる動きも

RG280M 実機レビュー

中華ゲーム機は基本的にメーカーによる保証・アフターサービスはありません。
ただ、RG280M では microSDカード(システム領域)の封印シールだけでなく、本体裏面にも分解防止の封印シールが見つかりました。

あくまでも憶測ですが、中華メーカーがこのような対策・動きを見せるときは、ライバルメーカーとの差別化、ブランドイメージ向上を目的とすることが多いです。ほかの中華製品と同じように中華ゲーム機市場が大きくなってきたことを示しています。

今後は「売ったら終わり」ではなく、販売した商品の修理・メンテナンスなどのアフターサービス・保証に力を入れる動きがみられるかもしれません。

思ったよりも軽量化はされていない

RG280M 実機レビュー

たしかに RG280M は軽量化されていますが、体感的には RG350 との違いはわかりません。
というのも、50g ほどしか重さに差がないからです。

コンパクトサイズになったためか、RG350M よりも重量感があります。
質感、触り心地、カラーリング、ビルドクオリティについては文句なしの百点満点です。

使い分けができる microSDカードスロットは便利

RG280M 実機レビュー

RG280M には2つの microSDカードスロットが搭載されています。
1つはファームウェア(OS)専用で、もう1つは ゲームイメージ専用と独立しています。

中華ゲーム機によっては、microSDカードスロットが1つしかなく、ファームウェア・ゲームイメージを混在して管理する必要があります。そのような中華ゲーム機と比べると使い分けができるのは便利です。

ファームウェア専用の microSDカードスロットは、画像を見てもわかるように封印されており、はがしてしまうと購入店での保証対象外となります。現状のファームウェアに不満がない場合は、そのまま使うのがおすすめです。

RG350M の押し心地・操作性は継承される

RG280M 実機レビュー

RG350M で採用された同一のアナログスティック、ボタン、スイッチが採用されています。
アナログスティックの高さ、ボタンを押した際のストローク、ブレが少ないクリック感がある押し心地・操作性は継承されています。

RG280M 実機レビュー

コンパクトサイズになったことで、十字キーとアナログスティックの配置間隔が狭くなっているので、人によっては操作性の良し悪しは分かれるところです。

RG350、RG350M、RG280M で一部のボタン(電源ボタン、音量ボタン)配置が異なるため、統一性があれば乗り換えた際にも戸惑わずに使えると思います。

バッテリー持続時間は「シリーズ最長記録」を達成

RG280M RG350M 比較

RG280M は内蔵バッテリーで、バッテリーを交換できません。
本体を分解するには封印シールをはがすことになり、販売店での保証対象外となる点には注意が必要です。

バッテリーの持続時間は、明るさ最大・音量(中)でおよそ7時間
RG350M よりも液晶ディスプレイは小さく、バッテリー容量は同じということもあり、バッテリー持続時間はシリーズ最長記録を達成しています。

RG280M と RG350M の違いをチェック

RG280M の購入を考えている人は、おそらく RG350 からの乗り換え、RG350M と比較検討をしている人が多いと思います。ここでは、本体の大きさ・重さ、スペック、特徴の違いを簡単にまとめていきます。

RG280M の大きさ・重さを比較する

RG280M RG350M 比較

RG280M と RG350M の大きさ・重さには大きな違いがあります。
人によっては持ちやすさ・フィット感が向上していることが感じられるはずです。

RG280M の大きさは 61 × 136 × 18mm、重さは 201g(実測値)
RG350M の大きさは 74 × 146 × 19mm、重さは 250g(実測値)
※実測値は小数点未満を四捨五入しています。

実際に持ち比べてみると体験的な重さの違いは感じられません。
この重さは身近な携帯型ゲーム機でいうと、PS Vita(新型)219g、DSi 214g、初代ゲームボーイ 220g といった感じで、それらよりも軽量です。

基本的なスペックはほとんど変わらない

RG280M と RG350M には、それほど大きな価格差はなく、基本的なスペックについても大きな違いはありません。

ただし、操作性の部分でも説明したとおり、一部のボタン(電源ボタン、音量ボタン)配置が変更されているので、乗り換えた際には少し戸惑うかもしれません。

それ以外にも、テレビ出力機能(Mini-HDMI)・右側アナログスティックがなくなり、電源ランプが画面横、2つの microSDカードスロットの位置変更もされています。

液晶ディスプレイの色味が変わった

RG280M 液晶ディスプレイの色味

RG280M の液晶ディスプレイは、2.8インチ、解像度 320 × 480 で、RG350M よりも画面は小さく、解像度が低いものが採用されています。

解像度が低くなったことでテキスト・文字つぶれが発生するのではと心配される方もいると思いますが、エミュレータによっては設定を変更することで改善できます。

ただし、液晶ディスプレイの鮮明さ・視認性は高く、高コントラストでクリアな映像表示は健在です。画像を見てもわかるように、RG280M の方が色味が濃く、はっきりくっきりとした映像が好みな人におすすめです。

ほかの中華ゲーム機と比べてどうなの?

RG280M RK2020 比較

一般的な中華ゲーム機と比べると、圧倒的なコストパフォーマンスを実現しています。

ワンランク上の CPU を搭載している中華ゲーム機 RK2020 には、エミュレータ性能は及びませんが、使いやすさ、操作性、ビルドクオリティ、スケールメリットにおいても圧倒しています。

ユーザー数が多いスケールメリットを生かした 独自のカスタムファームウェア(CFW)、エミュレータのバージョンアップが期待できるのは重要です。

あわせて読みたい

中華ゲーム機 No.1 の地位に君臨している RG350 を上回るスペックで注目されている期待の新星「RK2020」が登場しました。この中華ゲーム機の最大の注目ポイントは、ニンテンドー64、PSP、ドリームキャストも遊べるところで[…]

RK2020 実機レビュー

RG280M の使い方・初期設定

RG280M 使い方・設定

すでに RG350シリーズを持っている人は、使い方・初期設定で迷うことありません。
基本的な使い方・初期設定など基本的に変わりません。

音量調整はボリュームボタン、明るさ調整は 電源ボタン+ボリュームボタンで調整します。
エミュレータごとに設定・終了方法が異なりますが、L1/R1ボタン、SELECTボタン、SELECT/STARTボタン、電源ボタンなどを押すことで設定・終了ができます。

購入したストアによっては、ゲームイメージがはじめから microSDカードに保存されていることがあります。このような所持していないゲームイメージは必ず削除して、所有しているカートリッジから吸い出したゲームイメージを使うようにしてください。

RG280M 使い方・設定

エミュレータで遊ぶには、基本的に microSDカードにゲームイメージを保存して、RG280M にセットするだけです。マニュアルにも microSDカードの設定方法が書かれていますが簡単に手順を説明していきます。

  1. 遊びたいエミュレータにカーソルを合わせる
  2. SELECTボタンを押して「Edit エミュレータ名」を選択
  3. Selector Directory で「Aボタン」を押す
  4. ↑.. を何度か押して「sdcard」を選択
  5. ゲームイメージを保存したフォルダを開いて「STARTボタン」を押す
  6. 遊びたいエミュレータを実行するとゲームイメージが一覧表示される
FAT32形式で microSDカードをフォーマットしていないと、microSDカードの保存したゲームイメージは読み込めません。

電源ボタンは正しい方法でオフにしよう

RG280M 使い方・設定

Dingux搭載の中華ゲーム機は、電源ボタンを長押しして切ってはいけません。
メーカーからは設定画面(settings)から Power Off することが推奨されています。

特に RG280M は ファームウェア(OS)用の microSDカードスロットは封印されているので、システム破損をしてしまうと修理対象外になるので注意してください。

カスタムファームウェアの導入は非推奨

RG280M のファームウェア(OS)専用の microSDカードには封印シールが貼られていることから、カスタムファームウェアの導入は非推奨です。

ただし、RG350 と同じように有志が提供しているカスタムファームウェアを導入できます。標準ファームウェアの機能だけでも十分ですが、それ以上の機能を望む場合には自己責任で挑戦してみてください。

あわせて読みたい

GCW Zero を進化させた中華ゲーム機「RG350」にカスタムファームウェアを導入します。どうやって導入するのかわからない、壊してしまう不安があるからやっていない、という人でも安心して導入できる方法を解説していきます。[…]

RG350 カスタムファームウェア導入
初心者は興味本位でファームウェアの導入をしないでください。
販売店の保証対象外となるので注意してください。

エミュレータの種類と使い方

RG280M エミュレータ性能

RG280M に搭載されているエミュレータは、RG350シリーズと共通です。
スーパーファミコン、プレイステーションだけでなく、ファミコン、ゲームボーイ、ゲームボーイカラー、ゲームボーイアドバンス、メガドライブ、セガ・マスターシステム、PCエンジン、ネオジオなどに対応しています。

RG280M の使い方・初期設定でも解説したとおり、ゲームイメージ専用 microSDカードの好きな場所にゲームイメージを保存して実行するだけで遊べます。各種エミュレータの基本的な使い方はマニュアルに記載されています。

解像度が低くなったことでゲームタイトルによっては、テキスト・文字つぶれ発生しますが、エミュレータ設定を変更することで改善できます。例えば 、プレイステーションであれば標準設定で改善できています。(GPU setting → Video Scaling → hardware)

エミュレータを追加できる

RG280M エミュレータ性能

標準搭載されているエミュレータだけでも十分に遊べますが、RG280M に対応しているエミュレータを追加することもできます。

ゲームイメージ専用 microSDカードに追加したいエミュレータを保存して、RG280M にセットをすれば下記の手順でエミュレータを追加できます。

  1. applications から「DinguxCmdr」を起動する
  2. 右側に /media/sdcard を表示し、左側に /media/data/apps を表示
  3. 右側の microSDカードから保存したエミュレータを探す
  4. 追加したいエミュレータの上で「Xボタン」を押して「Copy」を選択
  5. 左側にコピーができたら「Yボタン」を押して「Quit」で完了

パソコンと接続してデータ転送もできる

この方法であれば、ファームウェア(OS)専用の microSDカードスロット、ゲームイメージ専用の microSDカードのどちらにもアクセスしてファイルの編集・削除などが実行できます。

ゲームイメージの追加・編集だけでなく、エミュレータの追加もこちらの方法で実行できます。
ファイルのバックアップも簡単にできます。

  1. RG350M(USB/DC)と パソコンを付属ケーブルで接続
  2. ドライバーをダウンロードして解凍
  3. RNDIS(INFファイル)だけを右クリック→インストールを選択
  4. RG350M の「settings」→「Network」を起動
  5. 4つの項目が表示されるので「Allow login without password」を選択
  6. 「ftp://10.1.1.2/」をブラウザ or フォルダで開く

データ転送について詳しく知りたい人は、GitHubページを参考にしてください。

携帯性を高めた小さなコンパクトサイズの中華ゲーム機

RG280M 実機レビュー

RG350M の操作性・使いやすさを継承したマイナーチェンジモデルが RG280M です。
携帯型ゲーム機として重視される「ポケットやカバンに収納しやすい」「持ち運びやすい」といった利便性は向上しています。

ただ、コンパクトサイズになったことで、液晶ディスプレイサイズが小さく・解像度が低くなり、ボタン配置変更、テレビ出力機能・右側アナログスティックなどが無くなりました。

快適なゲーミングを求めるのなら RG350M 一択ですが、RG350シリーズの大きさでは持ちやすさがフィットしない、コンパクトさを求める人向けの中華ゲーム機といえるでしょう。

中華ゲーム機の歴史を振り返ってみても、類を見ない “異色のネオンカラー” を求める人にもおすすめです。

あわせて読みたい

絶大な人気を誇る中華ゲーム機として誕生した「RG350M」は、RG350 をベースにした金属筐体、新しい液晶ディスプレイ、アナログスイッチ・ボタンを採用した中華ゲーム機です。重量感がある金属筐体、中華ゲーム機の王者君臨20[…]

RG350M 実機レビュー
クーポンコード「BGRG280M」でさらに安く!

Amazonでお得に買い物できる節約術!

Amazonで少しでもお得に買い物したいのなら、Amazonギフト券での購入がおすすめです。

1円単位でも購入できるので余すことなく使い切れます。

しかも、初回購入なら 1,000円分のポイントがもらえる!

Amazonでお得に買い物

  1. キャンペーンにエントリー
  2. Amazonギフト券を 5,000円以上注文する
  3. コンビニ・ATM・ネットバンキング払いで支払う
  4. 支払い完了月の翌月中旬頃にポイント付与

Amazonでよく買い物をする人ほど、お得に買い物できる!
しかも、プライム会員なら還元されるポイントも UP!

\ お得に買い物できる節約術 /

最大2.5%分のポイントがもらえる!
コンビニ・ATM・ネットバンキング払いが対象

>実践済み!格安販売「Windowsライセンス」

実践済み!格安販売「Windowsライセンス」

圧倒的な安さで Microsoft Windows 10 / Officeなどを販売している consogameで Windows 10 Proを実際に購入した導入手順などを詳しくご紹介しています。

ローリスク・ハイリターンで、正規ライセンスを手に入れよう!

CTR IMG