ODROID10周年記念モデル Arduinoベースのゲームコンソール「ODROID-GO」をレビュー。

ODROID10周年記念モデルの「ODROID-GO」が届きました。
Arduinoベースのゲームコンソールキットで複数のレトロゲームを遊べます。
見た目は任天堂から発売されたゲームボーイシリーズに似ていることから興味をそそられるユーザーもいるのではないでしょうか。ODROID-GOのサイズ感・操作性を見ていきます。

ODROID-GOとは

ODROID-GO」は、ODROIDの10周年を記念して発売されたゲームコンソールキットです。2.4インチ液晶画面(LCD)、1200mAhリチウムイオンバッテリー、microSDカードスロット、ゲームボーイシリーズに似ている見た目を備えています。

エミュレータを使って多くのレトロゲームを楽しむことはもちろん、Arduinoの学習用としても楽しめるArduinoベースのゲームコンソール組立キットです。

ODROID-GOを開封する

ODROID社から10周年記念モデルとして発売された Arduinoベースのゲームコンソール組立キット ODROID-GOは、シンプルなパッケージに梱包されています。
配達業者はFedEx(フェデックス)でした。

パッケージ自体には緩衝材は使われていないので、配達状況によってはパッケージがつぶれて届くことがありそうです。

部品ごとに一つずつ梱包されています。部品数も少ないので組み立てをするときに迷うことはありません。

気になる価格は

ODROID-GOは任天堂から発売されたゲームボーイシリーズに似ていることから、多くのレトロゲーマーからも注目を集めています。気になる販売価格は32ドルですが、送料(日本国内へ発送の場合)として別途14ドルが必要です。

合計46ドル(送料14ドル込み)で購入できます。注文してから8日後と早くに届きました。問題がないかぎり日本国内へは10日前後で届くようです。

組み立ては簡単

ODROID-GOの組み立ては簡単です。
組立方法は公式サイトで公開されているので、画像が多いので文章を読まなくても組み立てはできます。おそらく30分もかからないはずです。

十字キーのシリコンパッド、ネジ2本が余りました。(スペアパーツ?)10pinヘッダはArduino学習用として使う部品です。

ゲームボーイのような見た目

ODROID-GOのゲームボーイのような見た目は最高です。
少しだけチープさは感じますが、手にとってみるとしっかりとした作りなのがわかります。
重量と大きさを測定したところ、本体の重量は約110g、121.7 x 76.2 x 13.5 mmと小型で軽量です。(測定値は参考としてください)

本体裏面にはmicroSDスロットを搭載しています。
バッテリーの充電は付属のUSBケーブル(microUSB)を使います。

本体上部には10pinソケットがありArduinoの学習用として使えます。

初代ゲームボーイ(ブロス)と並べてみると、いかにコンパクトなのかがわかります。
塗装をして自分好みのモデルを作ってみても面白そうです。

レトロゲームを遊ぶ!

microSDカード(8GB以上)に公式サイトからダウンロードしたファイルを保存するだけでエミュレータを実行できます。ファミコン(NES)、ゲームボーイ、ゲームボーイカラー、セガ マスターシステム、ゲームギアのエミュレータを実行できます。

ゲームイメージ(ROMファイル)をmicroSDに保存するだけでゲームを遊べます。
スピーカーの音量は4段階(無音が含め)で音割れもなくクリアなサウンドです。
スタートボタン+上・下キーで液晶画面の明るさも4段階調整できます。

2.4インチ液晶画面(LCD)は見やすく、ボタンの押し心地・操作性も良い感じです。
エミュレータ性能のせいか、一部のゲームタイトルで画面が真っ黒になる現象・少しの遅延を確認できました。また、正しくセーブ・ロードができないゲームタイトルも多いです。

ゲーム画面が正しく表示されない場合、メニューボタン(上部4つの左端ボタン)を押してから、Bボタンを押してゲームに戻れば正しく表示されます。ゲームタイトルによっては特定のポイントでゲーム画面が正しく表示されない現象が確認できました。

エミュレータ性能は高くはないものの、それなりに多くのゲームタイトルを手軽に遊べるのは魅力的です。個人的にボタンの押し心地・操作性は気に入っています。

まとめ

ODROID社から10周年記念モデルとして発売されたArduinoベースのゲームコンソール組立キット「ODROID-GO」は、知識がなくても簡単に組み立てができるキットです。

ゲームボーイシリーズによく似た見た目でありながら、本体サイズ:121.7 x 76.2 x 13.5 mmとコンパクトなサイズ、重量も約110gと小型で軽量です。

スペックはそれほど高くはありませんが、複数のミュレータを実行できます。
すべてのゲームタイトルが快適に遊べるわけではありませんが、コストパフォーマンスが高い学習用ゲームコンソールキットだと思います。個人的にはかなり満足しています。

あわせて読みたい

ODROID10周年記念モデル Arduinoベースのゲームコンソール「ODROID-GO」は、搭載されているエミュレータを使って複数のエミュレータを実行できます。また、見た目が任天堂から発売されたゲームボーイシリーズに似ていることか[…]

Arduinoベースのゲームコンソール「ODROID-GO」をゲームボーイシリーズに近づける

Amazonでお得に買い物できる節約術!

Amazonで少しでもお得に買い物したいのなら、Amazonギフト券での購入がおすすめです。

1円単位でも購入できるので余すことなく使い切れます。

しかも、初回購入なら 1,000円分のポイントがもらえる!

Amazonでお得に買い物

  1. キャンペーンにエントリー
  2. Amazonギフト券を 5,000円以上注文する
  3. コンビニ・ATM・ネットバンキング払いで支払う
  4. 支払い完了月の翌月中旬頃にポイント付与

Amazonでよく買い物をする人ほど、お得に買い物できる!
しかも、プライム会員なら還元されるポイントも UP!

\ お得に買い物できる節約術 /

最大2.5%分のポイントがもらえる!
コンビニ・ATM・ネットバンキング払いが対象

>実践済み!格安販売「Windowsライセンス」

実践済み!格安販売「Windowsライセンス」

圧倒的な安さで Microsoft Windows 10 / Officeなどを販売している consogameで Windows 10 Proを実際に購入した導入手順などを詳しくご紹介しています。

ローリスク・ハイリターンで、正規ライセンスを手に入れよう!

CTR IMG