Androidゲーム機「Logitech G Cloud Gaming Handheld」登場|クラウドゲーミングデバイス

Logitech G Gaming Handheld

マウスやキーボードで知られている Logitec G(日本国内での名称:ロジクール)と、世界最大のゲームパブリッシャーである Tencent Games が手を組み、クラウドゲーミングデバイス「Logitech G Cloud Gaming Handheld」を開発しました。

公式ストアにおけるプレセール価格は 299.99ドル(一般販売価格は 349.99ドル)です。
Xbox Cloud Gaming や NVIDIA GeForce NOW などのクラウドゲームサービスに特化したモデルで、Androidベースのシステムに独自UI・テーマを採用しています。

Logitech G Gaming Handheld

主要スペックは、SoC に Qualcomm Snapdragon 720G、システムは Android 11、7インチディスプレイ(1920 × 1080、16:9、マルチタッチ)、RAM 4GB、ストレージ容量 64GB、バッテリー 23.1Wh を搭載予定。

本体の大きさは 256.84 × 117.21 × 32.95mm、重さは 463g。
インターフェースは、microSDカードスロット、イヤホンジャック、ワイヤレス通信機能(Wi-Fi5、Bluetooth 5.1)、操作性・持ちやすさに優れたグリップ付きのコントローラーを採用しています。

Logitech G Gaming Handheld

Google Play ストアのほか、Xbox、NVIDIA、Steam といったリモートプレイ・クラウドゲームアイコン、Google Chrome、YouTube のアプリに対応した価格を抑えたクラウドゲーミングデバイスです。

テンセントのグループ企業はゲーム事業の資本提携、買収を加速させています。
One-Netbook社のゲーミングUMPC「ONEXPLAYER」の開発・マーケディングに協力したことでも知られています。


関連リンク

一般販売価格:349.99ドル
プレセール価格:299.99ドル

公式サイト:Logitech G

あわせて読みたい

中華ゲーム機「ANBERNIC WIN600 Ultimate Edition」は、限定カラー採用、主要スペック(メモリー・SSD)をアップグレードした低価格・軽量な Windows携帯ゲーム機です。Windows 10 / St[…]

ANBERNIC WIN600 Ultimate Edition レビュー
あわせて読みたい

Androidゲーム機「GPD XP Plus」は、従来モデル GPD XP のアップグレードモデルです。本体の大きさ・重さ、着脱式モジュールはそのままに、MediaTek Dimensity 1200プロセッサを搭載、冷却能力・[…]

GPD XP Plus レビュー
あわせて読みたい

Windows携帯ゲーム機「AYANEO AIR」は、超軽量薄型 398g を実現したモデルです。AYANEOシリーズとしては初となる有機ELディスプレイ、LEDイルミネーション機能、LC/RCボタン、microSDカードスロット[…]

AYANEO AIR レビュー
あわせて読みたい

中華ゲーム機「Retroid Pocket 3」は、本体デザインを刷新したモデルです。基本スペックは従来モデルから大きく変わりませんが、より大きな液晶ディスプレイ、デザインやカラーバリエーションの豊富さで注目されています。[…]

Retroid Pocket 3 レビュー
あわせて読みたい

GPD WINシリーズの最新作「GPD WIN 4」の情報解禁です。スライド式構造を備えた新型Windows携帯ゲーム機で、すでにモックアップが完成し、スライド式構造、詳細スペックについて公開されています。主要スペックは、[…]

GPD WIN 4 スペック

実践済み!格安販売「Windowsライセンス」

圧倒的な安さで Microsoft Windows 10 / Officeなどを販売している consogameで Windows 10 Proを実際に購入した導入手順などを詳しくご紹介しています。

ローリスク・ハイリターンで、正規ライセンスを手に入れよう!

CTR IMG