アンダー3,000円イヤホンをBluetoothケーブルで楽しむ「KBEAR KS2」イヤホンのススメ

KBEAR KS2 レビュー

気兼ねなく使えて、出費の負担も少ない 3,000円以下の中華イヤホン。
ライトユーザー向けのエントリーモデルとしてだけでなく、自社ブランドの良さを知ってもらう販促用として “力を入れている” プロダクトです。

その一つである Kinboofi が新製品として「KBEAR KS2」をリリースしました。
マイナーチェンジモデルが頻繁に登場するラインナップだけに、音質・解像度は似たり寄ったり。

それであれば気兼ねなく使える Bluetoothイヤホンとして使っていこうということで、Bluetoothアップグレードケーブルと一緒に KBEAR KS2 をご紹介していきます。

気兼ねなく使えるイヤホン「KBEAR KS2」

KBEAR KS2 レビュー

中華イヤホンメーカーのオリジナルブランド Kinboofi(キンボファイ)は、コストパフォーマンスが高いイヤホン・ケーブルを発表しています。

Kinboofi 自社開発イヤホン「KBEAR KS2」は、その中でも割安な商品で 10mm複合振動版バランスドアーマチュア、ダイナミック型ドライバーユニットを1基ずつ搭載したカナル型イヤホンです。

“高級なイヤホンは買えないけれど、安価で良い音質・解像度のイヤホンを楽しみたい” を方針として、メーカー様よりご提供があった KBEAR KS2、KBEAR S1 を読者目線でレビューしていきます。

KBEAR KS2 をチェック

KBEAR KS2 ハウジング

多くのイヤホンメーカーが参入するエントリーモデルは激戦地帯です。
差別化を図るために個性的なカラーバリエーションを採用したハウジングが多いのが特徴です。

KBEAR KS2 は価格相当のオーソドックスなクリアなプラスチック素材を採用し、万人受けするハウジング形状に設計されています。

ハウジングの重さは片側4g と軽量で、側面に L/R の表記がプリント印字されています。
小さな空気穴がハウジング内側に2カ所あり、音漏れの心配はありません。

付属品は “ぎり標準レベル” のセット

KBEAR KS2 付属品

付属品は、2Pin(TFZタイプ)コネクタケーブル、マニュアル、イヤーピース(S / M / L)です。さすがに、3,000円以下のイヤホンに期待はできません。

この価格帯の付属品は、あくまでも「おまけ」としての傾向が強く、どのメーカーも充実させたくても予算的にできないのが現実です。

マイナーチェンジモデルだけに装着感は良い

KBEAR KS2 イヤホン

大手イヤホンメーカーの OEM製品の開発、自社ブランド製品といった幅広いニーズに合わせた多くのプロダクトを生み出してきた経験があるだけに装着感は良いです。

付属のイヤホンケーブルは 2Pin(TFZタイプ)で、シュア掛けしやすいようにケーブルにクセが付けられています。価格を考えれば当たり前のことかもしれませんが、お世辞にも取り回しが良いケーブルとはいえません。

KBEAR KS2 の音質・解像度

KBEAR KS2 イヤホン

最も気になる KBEAR KS2 の音質・解像度をチェックしていきます。
箱出しすぐの音質・音域ではなく、エージングを 30時間以上してからの感想です。

定番のドンシャリ系イヤホン

KBEAR KS2 リケーブル

この価格帯の中華イヤホンとしては、何番煎じかと思われる低音・高音が強調されている定番のドンシャリ系イヤホンです。はっきり言えばマイナーチェンジモデルで同価格帯のイヤホンと比べて飛びぬけている点はありません。

全体的なクリアさには欠ける印象で、エージングをしてみてもやや籠りがあるような味付けがされています。イヤーモニター型イヤホンと宣伝されていますが、残念ながらじっくりと曲に向き合うモニターサウンドとしての再現性に大きな期待はできません。

曲によってキレは感じられるものの、開放感や解像度はあまり感じられません。ただし、高音域の刺さりもなく、バランスも良いので聴き流し目的の普段使いとして使うのに最適なイヤホンです。

総合評価としては価格相当のコスパに優れたエントリーモデルです。
付属ケーブルでは低音域が過度に強調され、どれも同じように聴こえてしまうような印象があるので、リケーブルして自分好みに調整すると本領を発揮できるイヤホンだと思います。

Bluetoothケーブルでワイヤレスに楽しむ

KBEAR S1 Bluetoothケーブル

高価格帯のイヤホンは持ち運びたくないけど、無くしたときの出費が少ない 3,000円以下のイヤホンであれば手軽に持ち運びできる。そう思っている人も多いのではないでしょうか。

Bluetoothアップグレードケーブルを接続するだけで、手持ちのイヤホンをワイヤレスで楽しめます。ただし、やはりワイヤレスとなると Bluetoothデータ転送での音質劣化は避けられませが、ハイレゾ相当の音質を実現できる aptX HD に対応した「KBEAR S1」があると便利です。

1時間の充電で、10時間の連続稼働時間を持ち、電話の受話・着信拒否、音楽の再生・一時停止、曲送り、曲戻し、音量調整といった基本的な使い方ができる点は評価したいポイントです。

スマートフォンによっては aptX HD は使えませんが、aptX、AAC、SBC といったコーデックにも対応しています。フラットな音質のケーブルなので、どんなイヤホンにも合わせやすく、1本持っているだけで活躍できるシチュエーションを広げてくれます。

中華イヤホンをローテーションして楽しむ

KBEAR KS2 と KBEAR S1

中華イヤホンの中でもライトユーザー向けのエントリーモデルは、3,000円~5,000円の低価格帯で販売されています。気になったイヤホンをついつい購入していくと、使わなくなってしまうイヤホンも出てきます。

使わなくなっているイヤホンが再び日の目を見る
そういったイヤホンをローテーションさせて、気兼ねなく使えるようにできる Bluetoothアップグレードケーブル KBEAR S1 は意外と良い組み合わせです。

コストは余計にかかってしまうけれど、お気に入りのイヤホン・使わなくなっているイヤホンを活躍できるシチュエーションを広げてくれるので、人によっては十分な価値は引き出すマストアイテムとなりそうです。

あわせて読みたい

TINHIFI T2シリーズは、自然で誇張のないフラットな音域・解像度に定評があるイヤホンです。その最新作「TINHIFI T2 Plus」でも、その意思が見事に引き継がれています。 ただ、シンプルで聴きやすいイヤホンシン[…]

TINHIFI T2 Plus レビュー

Amazonでお得に買い物できる節約術!

Amazonで少しでもお得に買い物したいのなら、Amazonギフト券での購入がおすすめです。

1円単位でも購入できるので余すことなく使い切れます。

しかも、初回購入なら 1,000円分のポイントがもらえる!

Amazonでお得に買い物

  1. キャンペーンにエントリー
  2. Amazonギフト券を 5,000円以上注文する
  3. コンビニ・ATM・ネットバンキング払いで支払う
  4. 支払い完了月の翌月中旬頃にポイント付与

Amazonでよく買い物をする人ほど、お得に買い物できる!
しかも、プライム会員なら還元されるポイントも UP!

\ お得に買い物できる節約術 /

最大2.5%分のポイントがもらえる!
コンビニ・ATM・ネットバンキング払いが対象

>実践済み!格安販売「Windowsライセンス」

実践済み!格安販売「Windowsライセンス」

圧倒的な安さで Microsoft Windows 10 / Officeなどを販売している consogameで Windows 10 Proを実際に購入した導入手順などを詳しくご紹介しています。

ローリスク・ハイリターンで、正規ライセンスを手に入れよう!

CTR IMG