超小型ゲーミングPC「GPD WIN3」の情報解禁!第11世代TigerLake-Uシリーズ、スライド式キーボード搭載モデル

GDP WIN3

超小型ゲーミングPC として知られるGPD WINシリーズの最新作「GPD WIN3」の情報解禁されました。中国圏フォーラム、Discord、日本の正規代理店 株式会社天空から情報発信されていることが確認できました。

公開された画像・試作機を見ると、今までにないスタイリッシュがデザインに、Nintendo Switchライクな見た目が特徴です。噂されていたとおり、第11世代TigerLake-Uシリーズを搭載してハイスペックに仕上げられています。

GPD WIN3 の大きなポイント

GDP WIN3

現時点でわかっている GPD WIN3 の情報は下記のとおりです。

  1. 5.5インチの液晶ディスプレイを搭載
  2. バックライト付きのスライド式キーボードを搭載
  3. バイブレーション機能付きコントローラーを搭載
  4. 第11世代TigerLake-Uシリーズを搭載
  5. 高速LPDDR4-4266Mhzメモリを搭載
  6. Thunderbolt4を搭載、eGPU対応
  7. Wi-Fi6、Bluetooth5.0、USB4 に対応
  8. シェルは航空グレード ABS合成樹脂・ロックウェル硬度は109R
  9. PCクラスのターボファン、デュアルヒートパイプを採用
  10. ドッキングステーションが登場
  11. すでに試作機(Core i5-1135G7版)は完成
GPD WIN3

スライド式キーボードは必要なときにだけ使うことができるので邪魔にならず、今まで以上にゲーミングに没頭できる・使いやすい環境が整っているように感じられます。

GPD WIN3 の本体上部には、音量調整ボタン、電源ボタン、イヤホンジャック、USBポートと思われる I/Oポートが配置されているのが確認できます。冷却性能を重視しているためか本体背面には大きな吸気口スリットがあり、思っていたよりも全体的に重厚感があります。

GDP WIN3

GPD WINシリーズ初となるドッキングステーションが登場します。
本体だけでは十分でない I/Oポートを充実させる目的で、本体の充電・給電、eGPUのためのポート、外部ディスプレイへの接続、LANポート、USBポートを手軽に増設できる仕組みです。

GDP WIN3

すでに試作機(プロトタイプ)は完成しているようで、Nintendo Switch Lite と変わらない大きさに仕上げられています。早ければ今年中には、GPD公式からクラウドファンディングついてのアナウンスがあるかもしれません。

コンセプトやスペックは異なるものの、One-Netbook社が発表した OneGX Pro の対抗馬になり得るモデルです。もしかしたら、OneGX Pro のリリース時期に GPD WIN3 をぶつけてくることも考えられます。

現時点で発信されている情報は、信ぴょう性が低い開発中のものです。
最終決定されたものではないので、変更される可能性があります。
あわせて読みたい

超小型ゲーミングPCの最新作「GPD WIN3」のクラウドファンディング開始時期は 2021年1月を予定しているようです。しかも、第11世代TigerLake-Uシリーズの Core i5-1135G7 を搭載した通常版、Core[…]

GPD WIN 3

Amazonでお得に買い物できる節約術!

Amazonで少しでもお得に買い物したいのなら、Amazonギフト券での購入がおすすめです。

1円単位でも購入できるので余すことなく使い切れます。

しかも、初回購入なら 1,000円分のポイントがもらえる!

Amazonでお得に買い物

  1. キャンペーンにエントリー
  2. Amazonギフト券を 5,000円以上注文する
  3. コンビニ・ATM・ネットバンキング払いで支払う
  4. 支払い完了月の翌月中旬頃にポイント付与

Amazonでよく買い物をする人ほど、お得に買い物できる!
しかも、プライム会員なら還元されるポイントも UP!

\ お得に買い物できる節約術 /

最大2.5%分のポイントがもらえる!
コンビニ・ATM・ネットバンキング払いが対象

>実践済み!格安販売「Windowsライセンス」

実践済み!格安販売「Windowsライセンス」

圧倒的な安さで Microsoft Windows 10 / Officeなどを販売している consogameで Windows 10 Proを実際に購入した導入手順などを詳しくご紹介しています。

ローリスク・ハイリターンで、正規ライセンスを手に入れよう!

CTR IMG