オリジナル基板を再設計した「ゲームギア互換機」が登場か!最新の液晶交換キットにも対応

ゲームギア互換機 GAMEGEAR MAINBOARD

ありそうでなかった『ゲームギア互換機』が登場するかもしれません。
ゲームギアのオリジナル基板を再設計したメインボード「GAME GEAR MAINBOARD」の試作品を Mathjis Nilwik氏が発表しました。

1990年に発売された携帯型ゲーム機 ゲームギアのほとんどは正常起動しません。
新しい電源ボード、サウンドボード、液晶交換キット、外装シェルなどのカスタムパーツが発表されてきましたが、ここにきて完全互換のメインボードが登場です。

ゲームギア互換機 GAMEGEAR MAINBOARD

このメインボードは、オリジナル基板(1ASIC、2ASIC)よりも品質・カスタマイズ性に優れています。オリジナル基板設計を研究した仕様(Sega 315-5535 ASIC)、最新の高品質パーツ(コンデンサ、トランジスタなど)を採用しています。

液晶交換キットの導入もスムーズに行えるように基板設計されています。
現時点で4つ(BennVenn IPS、RetroSix Cleanscreen、RetroKai Magicscreen、McWill)に対応しています。 難易度が高いとされていた液晶交換キットの取り付けも手軽になりそうです。

ゲームギア互換機 GAMEGEAR MAINBOARD

将来的にはキット販売(価格未定)やオープンソースのハードウェアとして公開予定です。
ただし、特許や著作権などを侵害したくないので、セガからの回答を待ってから進めていくとのことです。

それ以外の課題として、中古のゲームギアを必要数確保することが困難なことをあげています。オリジナル基板(1ASIC(VA1))実装パーツを再利用しているので、需要を満たすだけの数量を生産することは厳しいかもしれません。

ゲームギア互換機 GAMEGEAR MAINBOARD

この計画がうまく進むようであれば、LiPoパワーボード(電源ボード)の生産、microSDカードによる読み込みを可能にしたオールインワンボードの開発、そのほかのオリジナル基板(1ASIC(VA1)以外)のメインボード開発についても進めていくようです。

GAMEGEAR MAINBOARD は、オリジナル基板の必要パーツを実装した完成品と、自身でオリジナルボードから必要パーツを取り外して実装する DIYキット の販売予定です。基板色はホワイト、ブラックの2色を予定しており、希望があればカラーバリエーションを増やしていくとのことです。

とはいえ、夢があるプロジェクトなのでこれからの動向に注視していきましょう!

  • ゲームギアのメインボード
  • オリジナルパーツを再利用
  • 完全互換、高品質パーツ
  • 液晶交換キットに対応
まとめ

Source:Mathjis Nilwik(Instagram)

Amazonでお得に買い物できる節約術!

Amazonでお得に買い物したいのなら、Amazonギフト券 がおすすめです。

1円単位でも購入できるので余すことなく使い切れます。

しかも、初回購入ならキャッシュバックポイントがもらえる!

Amazonでお得に買い物

  1. キャンペーンにエントリー
  2. Amazonギフト券を 5,000円以上注文する
  3. コンビニ・ATM・ネットバンキング払いで支払う
  4. 支払い完了月の翌月中旬頃にポイント付与

Amazonでよく買い物をする人ほど、お得に買い物できる!
しかも、プライム会員なら還元されるポイントも UP!

\ お得に買い物できる節約術 /

最大2.5%分のポイントがもらえる!
コンビニ・ATM・ネットバンキング払いが対象

実践済み!格安販売「Windowsライセンス」

圧倒的な安さで Microsoft Windows 10 / Officeなどを販売している consogameで Windows 10 Proを実際に購入した導入手順などを詳しくご紹介しています。

ローリスク・ハイリターンで、正規ライセンスを手に入れよう!

CTR IMG