中華ゲーム機「Z-Pocket Game」のプレオーダー開始!Sony Xperia 基板を採用した限定モデル

Z-Pocket Game プレオーダー開始

最も入手困難でマニア向けの中華ゲーム機「Z-Pocket Game」のプレオーダーが開始しました。
本来であれば LaoZhang氏が主催するチャットやグループメンバーにしか販売されない Android搭載ゲームコンソールが、ついに一般向けプレオーダーを開始しました。

Sony Xperia Z1 Compact のメイン基板・液晶ディスプレイをベースに、PS Vita のボタン類などを組み合わせたキメラモデル。個人製作ということもあり生産が遅く、マニア需要が高いアイテムとして知られています。

一般流通している ODROID-GO Advanceクローンな中華ゲーム機 ZPG Pro と名前が酷似していますが、こちらが正真正銘・本家本元な限定モデルです。


Z-Pocket Game の価格・販売ストア

Z-Pocket Game 価格

Z-Pocket Game の販売ストアは Retro Game Case に限定されています。
価格は 178ドルで、microSDカード(128GB、256GB)の付属により価格が異なります。
ちなみに、初期プレオーダー価格 167ドルと比べても変らず良心的な価格設定です。

カラーは全5色で、本体カラー&ボタンの組み合わせによって構成されています。
ブラック&ブラックボタン、ブラック&ホワイトボタン、ホワイト&ブラックボタン、ピンク&ホワイトボタン、ホワイト&ホワイトボタン といった感じです。

DIY製作品ということもあり、商品出荷は 2021年4月以降を予定しています。
真偽は不明ですが、今回のプレオーダー以降は生産しないようです。

Z-Pocket Game のスペック

Z-Pocket Game のスペックを詳しく見ていきます。
Sony Xperia Z1 Compact をベースに作られたコンソールで、総合的なスペックは高めです。
所持しているユーザー自体が少ない完全なマニア向けゲームコンソールです。

Z-Pocket Game スペック

免責事項:スペック情報の正確性には細心の注意を払っていますが保証はできかねます。

最高傑作と名高い中華ゲーム機「Z-Pocket Game」

Z-Pocket Game

Z-Pocket Game はマニアからは “最高傑作” と名高い中華ゲーム機です。
Sony Xperia Z1 Compact の本体基板・液晶ディスプレイをベースにしたスペックに、操作性に信頼がある PS Vita のボタン類を採用した限定モデルです。

LaoZhang氏の個人プロダクトということもあり、部品の調達コスト・生産が遅い・品質が安定していないというデメリットがあります。しかし、それ以上の『価値を見出す』ことができる中華ゲーム機マニアは絶対に手に入れておきたい逸品です。

あわせて読みたい

中華ゲーム機「ZPG Pro(Z-Pocket Game Pro)」の本格始動が開始しました。LaoZhang氏(個人)のプロダクト製品としてプレオーダーが開始されたモデルですが、製造メーカーとタイアップすることで ZPGブランド[…]

ZPG Pro 実機レビュー

実践済み!格安販売「Windowsライセンス」

圧倒的な安さで Microsoft Windows 10 / Officeなどを販売している consogameで Windows 10 Proを実際に購入した導入手順などを詳しくご紹介しています。

ローリスク・ハイリターンで、正規ライセンスを手に入れよう!

CTR IMG