「Xiaomi Mi Max 3」コスパスマホを徹底分析!スペック比較やおすすめポイントをチェック!

Xiaomi Mi Max 3

Xiaomiのスマホの特徴は、なんといってもコストパフォーマンスの高さ。
一定のスペックは保ちつつ、日本国産メーカーと比較するとかなり低価格に抑えられた端末は、MVNOで使用するSIMフリー端末を求めている人にはぴったりです。

デザインにもこだわりたい人でも納得でき、日本国内外でも人気の高い「Xiaomi Mi Max 3」を徹底分析していきます!

Xiaomi Mi Maxシリーズとは

Xiaomi Mi MaxはXiaomi スマホの中ではMaxシリーズと呼ばれています。MaxシリーズはXiaomi Mi Max、Xiaomi Mi Max 2、そして最新バージョンであるXiaomi Mi Max 3 と三代目までが現在販売されています。

Maxシリーズの特徴は大画面ファブレット。ファブレットとは、フォン(Phone:電話)とタブレット(Tablet)を組み合わせた造語で、大きい画面を特徴としているスマートフォン全体を指す言葉です。

Xiaomi Mi Max 3

ファブレットは一般的に5‐7インチ程度のスマートフォンのことを指しています。XiaomiのMaxシリーズでは、初代のXiaomi Mi Maxで6.44インチ、最新のXiaomi Mi Max 3では6.9インチとファブレットの中でも特に大きなサイズ感が特徴です。

Xiaomi Mi Max 3ってどんなスマートフォン

Xiaomi Mi Max 3は中国のIT企業Xiaomiから2018年7月に発売されたスマートフォンです。大画面ファブレットを特徴としているXiaomi Mi Maxシリーズの最新作で、シリーズ市場最大の6.9インチという大きさを誇っています。

大きさ自体は、前作Xiaomi Mi Max 2と大きく変わらないものの、画面占有率が前作より6.5%も向上しているので、より大画面でのスマホ操作を楽しめるようになっています。

Xiaomi Mi Max 3

大画面を生かした動画視聴をメインでスマホを利用するユーザーや、タブレット感覚で使用したいユーザーにはとくにおすすめ。

Xiaomi Mi Max 3のスペック

それではMaxシリーズ最新のXiaomi Mi Max 3のスペックを見ていきましょう!
6GB/128GBモデルも存在しているようですが、Xiaomi公式サイトで公開されている情報のみを記載しています。

ネットワークをチェック

Xiaomi Mi Max 3は以下のネットワークに接続可能です。
幅広いネット―ワークに対応していますが、ドコモ系列、au系列、ソフトバンク系列の中には対応していないものもあるので注意が必要です。

ドコモ系列は4Gband19、au系列だとauプラチナバンド、ソフトバンク系列だとプラチナバンドBand8以外のネットワークが利用できません。メモリ4GB版と6GBと少し仕様が異なるので十分に確認してください。

対応しているSIMをチェック

Xiaomi Mi Max 3ではNano SIM、Micro SIMどちらも使用することができます。
デュアルSIMに対応しているので、キャリアのSIMと格安スマホMVNOのSIMとを併用する使い方もできます。その場合にはデュアルスタンバイを使うことが可能です。

ディスプレイをチェック

Xiaomi Mi Max 3のディスプレイは6.9インチです。
画面占有率は79.8%となっています。IPSディスプレイを採用しているのも特徴です。
解像度は1080×2160のフルHD∔。Corning Gorilla Glass3を使用しています。

Xiaomi Mi Max 3

大きさをチェック

Xiaomi Mi Max 3のサイズは176.2×87.4×8mm、重さは221gです。
アスペクト比は18:9と従来のシリーズよりも縦長のスクリーンが特徴です。

性能をチェック

Xiaomi Mi Max 3にはQualcomm Snapdragon 636を採用しています。
Antutuベンチマークスコアは90000点台なので、ミドルレンジクラス(2018年)の実力を備えたスマートフォンです。

Xiaomi Mi Max 3

性能はミドルレンジクラスですが、この見た目・大きさ・重さのバランスが取れたスペックが人気なのでしょう。

Xiaomi Mi Max 3のおすすめポイント

6.9インチの大画面

Xiaomi Mi Max 3最大の特徴は何といっても6.9インチを誇る大画面ファブレットであること。大画面ならではの迫力や使い勝手の良さが魅力です。

6.9インチの大画面でありながら、横幅88.4㎜と縦長の設計がなされているので、他の大型ファブレットよりもスマートフォンとして扱いやすいのも魅力の1つ。持ちづらいのは嫌だけれども、ファブレットに挑戦してみたいという人でも扱いやすいです。

Xiaomi Mi Max 3

さらに、その大きさを最大限に生かした画面占有率の高さも忘れてはいけません。画面占有率は79.8%と前作よりもアップ。6.9インチを最大に生かした大画面を楽しむことができます。

5,500mAhの大容量バッテリー

大きい画面のスマートフォンだと電池の減りが気になるもの。Xiaomi Mi Max 3なら、5,500mAhの大容量バッテリーを搭載しているので、安心して使い倒せます。

Xiaomi Mi Max 3のバッテリー容量

5,500mAhは、474時間も待受状態を維持でき、音楽再生でも233時間耐えうる容量です。バッテリー消費の激しい動画再生でも約17時間、ゲームプレイは約10時間使用可能。1日中モバイルバッテリーや途中充電なしに楽しめるので、余計な荷物を増やす心配もなし。

さらには、Quick Charge3.0に対応しているため、9V/2Aの急速充電もサポート。短時間の急速充電で長時間使える安心の端末といえるでしょう。

AIサポート付デュアルカメラ

今やスマートフォンのカメラの性能は多くの人にとって譲れないポイントの1つとなっていることでしょう。Xiaomi Mi Max 3では、リアメインカメラに12MPと5MPのデュアルレンズを採用。

Xiaomi Mi Max 3で撮影

デュアルレンズによって背景のぼかしなど、シングルレンズではなかなか実現できなかった多彩な写真撮影が可能となります。フロントカメラは8MPのシングルレンズではありますが、カメラがAIサポートされているため、AI処理による背景ぼかしも可能です。

Xiaomi Mi Max 3の写真

2万円台から購入可能なコストパフォーマンスの高さ

Xiaomi Mi Max 3の最大のおすすめポイントはそのコストパフォーマンスの高さ。6.9インチの大画面ファブレット、5,500mAhの大容量バッテリー、さらにはデュアルレンズカメラやカメラAIサポートを搭載したスマホを2万円台で手にすることができます。

Xiaomi Mi Max 3のサイズ

このコストパフォーマンスの高さは他社端末を凌駕しており、日本語にも対応しているグローバルバージョンが待望されていたのは納得です。

安く、高性能なスマホを使いたい人、メーカーではなく性能や価格にこだわりたい人、最新ガジェット好きには逃せないスマートフォンです。

前シリーズXiaomi Mi Max 2と比較してみると

スペックとしては、少し性能が上がった程度で大きな変化が見られないというのが実態です。

バッテリー容量が少し増えていること、OSがアップデートされていることなどが変化として見られるところです。刷新されているわけではありませんが、多少の改善が見られたと思っておけばよいでしょう。

サイズを比較

Xiomi Mi Max 3は176.15×87.4×7.99㎜。前作のXiaomi Mi Max 2は174.1×88.7×7.6㎜。

サイズは全体として少し大きくなったイメージ。ただ、横幅は前作より0.3㎜小さくなり、若干縦長に設計されています。

Xiaomi Mi Max 3

ディスプレイのサイズ比率を比較してみても、Xiaomi Mi Max 3が18:9という縦横比に対し、前作のXiaomi Mi Max 2は16:9。全体として縦型に延びているのがわかります。

デザインを比較

Xiaomi Mi Max 3、Xiaomi Mi Max 2どちらも角が丸みを帯びた柔らかさのあるデザインで、シンプルさが特徴となっています。Xiaomi Mi Max 3の方が、画面占有率が大きくなったことが大きなデザインとしての変化でしょう。

また、前面でいうと、Xiomi Mi Max2のディスプレイ周りはホワイト、ブラックをそれぞれ基調としていたのに代わり、Xiomi Mi Max3ではメタリック感のある素材に変更されています。よりスタイリッシュさが増したと言えるでしょう。

カメラを比較

Xiaomi Mi Max 3のカメラは12MPと5MPのデュアルレンズを採用、さらにAIサポートの導入により様々なシーンでの写真撮影をサポートできるようになりました。

一方、前作Xiaomi Mi Max 2のカメラはSONYのセンサIMX386を搭載していることが注目されていました。画素数は1200万画素でしたが、手ぶれに強く、きれいに撮影できるのが特徴。

Xiaomi Mi Max 3の写真

Xiaomi Mi Max 2でも十分きれいな写真を撮影することができましたが、Xiaomi Mi Max 3ではデュアルレンズとAIサポートの採用で写真撮影の幅が広がりました。

デュアルレンズやAIサポートはスマホカメラのトレンドでもあるので、最新トレンドを反映させ、カメラ機能がアップデートされています。

Xiaomi Mi Max 3 まとめ

Xiaomi Mi Max 3は、6.9インチの大画面、前作より占有率の上がったディスプレイ、トレンドを反映させた最新カメラを搭載した注目のスマートフォン端末です。
割引クーポンまたはフラッシュセールで2万円台で購入できるので、手軽に手を出しやすいお手頃価格スマホです。

Xiaomi Mi Max 3

コストパフォーマンスの高く、日本国内外にも多くのユーザーがいる人気スマートフォンを探している人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

全画面スライドスマホ「Xiaomi Mi Max 3」販売情報
商品名Xiaomi Mi Max 3
割引クーポンコードGBMPGM3
割引クーポンを使えば235.99ドル!
割引クーポンは限定数(30台)だけなので、この価格で購入するのは難しいかも。

Amazonでお得に買い物できる節約術!

Amazonで少しでもお得に買い物したいのなら、Amazonギフト券での購入がおすすめです。

1円単位でも購入できるので余すことなく使い切れます。

しかも、初回購入なら 1,000円分のポイントがもらえる!

Amazonでお得に買い物

  1. キャンペーンにエントリー
  2. Amazonギフト券を 5,000円以上注文する
  3. コンビニ・ATM・ネットバンキング払いで支払う
  4. 支払い完了月の翌月中旬頃にポイント付与

Amazonでよく買い物をする人ほど、お得に買い物できる!
しかも、プライム会員なら還元されるポイントも UP!

\ お得に買い物できる節約術 /

最大2.5%分のポイントがもらえる!
コンビニ・ATM・ネットバンキング払いが対象

>実践済み!格安販売「Windowsライセンス」

実践済み!格安販売「Windowsライセンス」

圧倒的な安さで Microsoft Windows 10 / Officeなどを販売している consogameで Windows 10 Proを実際に購入した導入手順などを詳しくご紹介しています。

ローリスク・ハイリターンで、正規ライセンスを手に入れよう!

CTR IMG