手軽さ抜群!ファミコンコントローラーサイズの中華ゲーム機「PocketGo」を実機レビュー!

PocketGo 実機レビュー

見た目がゲームボーイライクで、大きさがファミコンコントローラーサイズ、2つの製品の良いところを併せ持つゲーム機を探していた人はいませんか。

「それ、あります!」本格的な販売がスタートした「PocketGo」は、所有欲を満たすデザインから多くのレトロゲーマーに人気の中華ゲーム機です。PocketGoの全部がわかる実機レビューをご紹介していきます。

手軽さ抜群!ファミコンコントローラサイズ「PocketGo」

続々とリリースを続けている中華ゲーム機に新た仲間「PocketGo」が加わりました。
先行してプレオーダーを開始していた人気商品が本格的に販売をスタートしています。

懐かしいデザインが心を動かす
PocketGoの大きなアドバンテージは、その “デザイン” ではないでしょうか。
懐かしの初代ゲームボーイが横長になったデザインに、ファミコンコントローラと変わらない大きさに強く興味をそそられます。

PocketGoのパッケージ

独自カスタマイズされた Linux系ベースの OSである Dinguxを搭載し、多くのゲームイメージに対応した PocketGoのスペック・比較・価格・特徴・使用感などをチェックしていきます。

PocketGoを見ていく

プレオーダーしていた手軽さ抜群の中華ゲーム機「PocketGo」が届きました。
公式サイトのほかに、海外通販サイト AliExpressでも本格的に販売がスタートした “大注目” の人気商品をしっかり見ていきます。

PocketGoを開封

PocketGoのスペック

PocketGoの気になるスペックをご紹介します。
RetroMiMiからは同じような見た目・スペックの「New BittBoy」が発表されています。
ここでは、New BittBoyと PocketGoのスペックを比較して見ていきます。

PocketGoのスペック

本体サイズ・バッテリー容量に違いはありますが、そのほかに大きな違いはありません。しかし、New BittBoyにはない L / Rボタンが実装されたことで、エミュレータで遊べるゲームタイトルの幅が広がりました。

メーカーから公開されているスペック表では、本体重量は100gと記載されていますが、実測したところ 85gとかなり軽量です。サイズも小さいことから持ち運びも便利で手軽さ抜群です。

付属品をチェック

PocketGoの付属品は、microSDカード、カードリーダー、microUSBケーブル、ユーザーマニュアル、レインボーフェイスボタンです。

ユーザーマニュアルは基本的な操作しか記載されていません。
こういったデバイスの知識がまったくない人には扱いが難しいゲーム機といえるでしょう。

PocketGoの付属品

ここでは、そういった初心者でも簡単に使えるように初期設定・使い方についても後ほど説明します。

PocketGoをしっかりチェックしていきます

それではPocketGoの本体をしっかりチェックしていきます。
本体のボタン・ディスプレイ・バッテリー・microSDカードスロットなどの気になるポイントをしっかりチェックします。

デザインは初代ゲームボーイを横長にしたモデルで、本体カラーはホワイトのみです。
付属するレインボーフェイスボタンを入れ替えることで、スーパーファミコンモデルにチェンジできます。

PocketGo

付属のmicroSDカードについて

PocketGoの初回出荷分(?)には 8GBの microSDカードが付属します。
この中に独自カスタマイズされた Linux系ベースの OSである Dinguxを搭載しています。

残念なことに、許諾を得られていない違法なゲームタイトル(ROMイメージ)が収録されていました。これから購入を検討する人は注意が必要です。

PocketGo

クリアな環境で使いたいという人は、microSDカードをフォーマットしてイメージ(ファームウェア)を書き込むことで解決できます。

オリジナルファームウェア(PocketGo.V1.0_CFW_10-06-2019)をダウンロードしてチャレンジしてみてください。

明るさ・音量はかなり細かく調整できる

明るさ・音量は Settings(設定)画面でお好みに変更できますが、特定のボタンを組み合わせても細かく調整ができます。音量調整ダイヤルも搭載しています。

  • SELECTボタン+ X or A・・・明るさ調整
  • SELECTボタン+ Y or B・・・オーディオボリューム調整
PocketGo

スピーカー音量は大きい

本体正面右側にスピーカー(モノラル)が搭載されています。
スピーカー音量は大きく、迫力あるサウンドを楽しめます。 音量調整ダイヤルを調整すれば消音にもできます。

イヤホン接続した場合の音量調整は音量調整ダイヤルではできません。
特定のボタンを組み合わせて(SELECTボタン+ Y or B)調整をしてください。

音割れが発生するゲームタイトルが確認されていますが、これはエミュレータ性能によるものです。今後のファームウェアアップデートを期待しましょう。

PocketGo

バッテリー・ボタン交換は難しい

PocketGoのバッテリー交換・ボタン交換は分解が必要です。
中華ゲーム機でよく利用されているバッテリー(BL-5C)は使われていないので、規格に合うバッテリーを取り付ける必要があります。

また、付属のレインボーフェイスボタンについても、分解しないと取り付けできません。
4カ所のネジを外しても、本体がツメでしっかりと固定されているので、力任せに取り外すと破損する可能性が高いです。

PocketGo

PocketGoの大きさをチェック

PocketGoの大きさは 123 x 56 x 14 mmと薄く・超小型です。
そして、重量も 85g(実測値)と軽量なゲームコンソールです。

初代ゲームボーイの大きさと比べてみると、ファミコンコントローラサイズのコンパクトボディが目立ちます。いつでもどこでも持ち運び・手軽に遊べるゲームコンソールです。

PocketGoの大きさ

鮮明で見やすいディスプレイ

PocketGoには 2.4インチのディスプレイが搭載されています。
さらにガラスレンズを搭載しているので、レトロゲームのドットをはっきり・くっきりと映し出します。右側から差し込むバックライトがやや気になりますが、ほぼ満点に近い見やすさです。

PocketGoのディスプレイ

データ移行は microSDカードのみ対応

現在のファームウェアでは、microSDカードを取り外さないとデータ移行できません
最近の中華ゲーム機はパソコンと接続するだけでデータ移行ができる製品が多いですが、対応していない点には注意が必要です。毎回、抜き差しするのは面倒です。

microSDカードをパソコンと接続すると4つのドライブが表示されます。
その内の「main」ドライブの “roms” フォルダ内にゲームイメージを保存しましょう。
※2つの無効ドライブ(フォーマットを求められるが無視)、bootドライブが表示されます。

PocketGoのデータ移行

付属のカードリーダーを使った場合、ドライブを認識しない・microSDカードを破損する現象が発生しました。信頼できるメーカーのカードリーダーを使うことをおすすめしたいです。

操作性は慣れ・押し心地は良い

中華ゲーム機としての操作性は一般レベルです。
この手のゲーム機はコマンド入力に難ありですが、数時間ゲームプレイをすれば慣れてくるでしょう。ボタンの押し心地は良い感じです。

SELECTボタン、STARTボタンの配置が逆になっている点は少し残念ですが、本体サイズがファミコンコントローラサイズということもあり、持ち心地は良く十字キー、ABXYボタン、L / Rボタンも問題なく操作できます。

PocketGoの操作感

初期設定・内蔵ゲームをチェック

PocketGoの初期設定・内蔵ゲームをチェックしていきます。
メインメニューで L/Rボタンのどちらかを押すことで、各種設定タブを切り替えできます。

ある程度の設定はされているので、特にこれといった設定は必要なく、そのまま遊べます。

PocketGoの初期設定

初期設定での本体言語は「English」が選択されています。
日本語は項目にないので、そのまま使うことをおすすめします。

Settings(設定)では、言語のほかに日付、スリープ時間、オーディオボリュームなどをお好みで変更できます。

PocketGoの内蔵ゲーム

内蔵ゲームは CaveStory(洞窟物語)、Quakeシリーズなどを収録しています。
一般的な中華ゲーム機よりも内蔵ゲーム・壁紙・スキンなどの収録数は少ないです。

PocketGoのエミュレータ

個人的には独自カスタマイズされた Linux系ベースの OSである Dinguxのレベルはまだまだといった印象を受けました。

PocketGoのユーティリティ

エミュレータの種類と使い方

中華ゲーム機としての総合的なスペックはそこそこな PocketGoでは、多くのゲームタイトルが遊べます。

ただし、独自カスタマイズされたエミュレータを搭載しているのでクセがあります。
エミュレータの標準設定で操作ボタンが真逆に設定されていることが多い(海外仕様)ので、本格的にゲームプレイをする前に確認しましょう。

PocketGoのエミュレータ設定

標準搭載されているエミュレータ

対応しているゲームイメージは多く、幅広いゲーム機のエミュレータを標準搭載しています。
しかし、独自カスタマイズされたエミュレータ性能・対応ゲームタイトルは少ないように感じました。

PocketGoのエミュレータ 種類

公式では ファミコン、ゲームボーイ、ゲームボーイカラー、ゲームボーイアドバンス、スーパーファミコン、メガドライブ、ゲームギア、PCエンジン、ネオジオなどに対応しているとアナウンスしています。

アップデートに期待

基本的な使い方は、エミュレータを起動してゲームイメージを選択するだけです。
あくまでもエミュレータ機なので、すべてのゲームタイトルが完全に動作するわけではありません。

エミュレータを起動して各種設定をしたい場合は、本体上部にある Resetボタン押すことで呼び出しできます。

プレイステーション(PS1)のエミュレータも搭載されていますが、設定項目がしぼられているために、快適に動作できるゲームタイトルを見つける方が難しいといった感じです。

エミュレータの完成度は低い

手軽さは抜群!ファミコンコントローラサイズの「PocketGo」

独自カスタマイズされたエミュレータを搭載、超小型で軽量なゲームコンソール「PocketGo」は、コストパフォーマンスが高い中華ゲーム機です。

トレードオフが求められる
搭載されているファームウェア・エミュレータの完成度が低い部分がネックになっています。対して、懐かしの初代ゲームボーイが横長になったデザインに、ファミコンコントローラと変わらない大きさに興味をそそられる人はきっと多いはずです。

バッテリー持ちは2時間(明るさ最大・音量(中))、手のひらサイズ、重さ 85g、価格の安さは大きな魅力です。

手軽さ抜群!PocketGo

現状では、本当の意味で遊べるエミュレータ・ゲームタイトルが限られていますが、今後 ファームウェアがアップデートされることで問題解決・完成度が高まることが予想されます。

そのデザイン性の高さから人気で、売れ行きも好調な「PocketGo」、今後のアップデートを見守りつつ、レトロゲームを手軽に遊ぶのに最適な1台になるでしょう。

あわせて読みたい

一昔前まではチープで使い物にならなかった中華ゲーム機も、最近ではデザイン・多機能・操作性を高めた商品が販売されています。多くの商品が販売されているので “どれを買えば正解なのか” と迷っている人はいませんか。結論からいうと超小型・軽量[…]

Dingux搭載、超小型・軽量ゲームコンソール「LDK landscape」実機レビュー

Amazonでお得に買い物できる節約術!

Amazonで少しでもお得に買い物したいのなら、Amazonギフト券での購入がおすすめです。

1円単位でも購入できるので余すことなく使い切れます。

しかも、初回購入なら 1,000円分のポイントがもらえる!

Amazonでお得に買い物

  1. キャンペーンにエントリー
  2. Amazonギフト券を 5,000円以上注文する
  3. コンビニ・ATM・ネットバンキング払いで支払う
  4. 支払い完了月の翌月中旬頃にポイント付与

Amazonでよく買い物をする人ほど、お得に買い物できる!
しかも、プライム会員なら還元されるポイントも UP!

\ お得に買い物できる節約術 /

最大2.5%分のポイントがもらえる!
コンビニ・ATM・ネットバンキング払いが対象

>実践済み!格安販売「Windowsライセンス」

実践済み!格安販売「Windowsライセンス」

圧倒的な安さで Microsoft Windows 10 / Officeなどを販売している consogameで Windows 10 Proを実際に購入した導入手順などを詳しくご紹介しています。

ローリスク・ハイリターンで、正規ライセンスを手に入れよう!

CTR IMG