OneMix 3Pro と CHUWI MiniBookを徹底解説|使いやすさ・どっちが買い?

OneMix 3Pro vs CHUWI MiniBook

2019年、8インチサイズの超小型PC が主要メーカーより発売されています。
その中でもスペックが高く付加価値に優れた OneMix 3シリーズの「OneMix 3Pro」と、コストパフォーマンスに優れた「CHUWI MiniBook」が気になっている人も多いはず。

自分にマッチした UMPC はどっち?
出資者へ届き始めたばかりの CHUWI Minibook と、11月21日に発表されたばかりの OneMix 3Pro を比べていきます。

両者の製品を実際に触れてみて、スペックの違い、使いやすさ、特徴、メリット・デメリットなどを徹底比較していきます。

OneMix 3Pro と CHUWI MiniBook を徹底比較

これだけ多くの8インチサイズの UMPC が発売されると、どれが良いのか悩みますよね。
8インチサイズの UMPC の中でも、スペック重視の OneMix 3Pro と、コストパフォーマンス重視の CHUWI MiniBook をじっくり比べていきます。

選ぶ基準としては、価格・使いやすさ・どんな用途に使うかといった要素が多いに関係してきます。結論から言えば、総合的に “自分にマッチした製品を選ぶのが正解” です。

その判断基準の助けとなるチェックポイントをいくつかご紹介していきます。

OneMix 3Pro vs CHUWI MiniBook

OneMix 3Pro と CHUWI MiniBook の価格・ストア

OneMix 3Pro の参考価格は 128,000円(税別)、予約販売は 2019年11月21日からで、発売時期は 2019年12月23日を予定してます。

CHUWI MiniBook(Intel Core m3-8100Y モデル)の価格は 580ドル(およそ63,000円)で、海外通販サイトを中心に発売しています。

ストア製品名クーポン適用後の価格
GeekBuyingOneMix 3Pro 海外版 or 日本語版Mix3Pro939.99ドル
日本公式サイトOneMix 3Pro 日本語版116,999円(税別)
AliExpressCHUWI MiniBook580ドル

国内での安心できるサポートを期待したい人は、国内の量販店・公式ショップで購入するのがおすすめですが、今のところ CHUWI MiniBook の取り扱いはありません。

少しでも安く欲しい、価格重視という人は海外通販サイトでの購入がおすすめです。

OneMixシリーズの製品は、全国のヨドバシカメラ、ビックカメラの各店舗および One-Netbook 公式ショップ、Amazon.co.jp で購入した商品のみ国内サポートが受けられます。

OneMix 3Proと CHUWI MiniBook のスペックの違いをチェック!

OneMix 3Pro と CHUWI MiniBook のスペックを詳しく見ていきます。
購入を検討する上で、最も気になるポイントなのでしっかりチェックします。

OneMix 3Pro と CHUWI MiniBook スペック比較表

ここでは新しく発表されたばかりでトップクラスの性能を誇る OneMix 3Pro と、コストパフォーマンスに優れた CHUWI MiniBook を比べていきます。

CHUWI MiniBook には大きく、Intel Core m3-8100Y モデル、Celeron N4100 モデルの2が存在しますが、ここではハイスペックモデルを比較していきます。

OneMix 3Pro vs CHUWI MiniBook スペック

スペック表はあくまでも海外クラウドファンディングのキャンペーンページ、メーカー提供情報をベースに作成しています。一般販売までに仕様変更となる可能性があります。

OS はどちらも Windows 10 Home 64bit で、Office は付属していません。
Home版ではなく、Pro版や Office が必要な人はこの機会に格安で手に入れましょう。

あわせて読みたい

GPD製品(GPD WIN 2)で何度もSSD の換装をしていたところ、ライセンス認証ができなくなりました。問い合わせするのも時間がかかり面倒、新しい OS を購入するのは高すぎる。ローリンクハイリターンな格安ライセンスを手に入れろ![…]

consogame

総合的なスペックは OneMix 3Pro が圧倒している

当たり前の話ですが、OneMix 3Pro のスペックは高いです。
それもそのはず、世界で初めて第10世代クアッドコア CPU i5-10210Y を搭載した UMPC だからです。

CHUWI MiniBook に搭載された第8世代 Core m3-8100Y が、決して遅れているわけではなく、2019年に発売されたハイスペックモデルの一般的なスペックといえます。

あわせて読みたい

ここ最近になって多くのメーカーから UMPCが発売されています。しかし、同じような見た目、スペックで違いがわかりづらく、正直どれを選べば良いか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。この記事では、8インチサイズの人気 UM[…]

8インチ UMPC比較

どちらもこれ1台でオフィス作業、ブラウジングやメール利用などのライトな使い方はこなしてくれます。ちょっと重めな画像加工、映像処理などといった作業には OneMix 3Pro が向いています。

ディスプレイサイズと解像度・色合いに違いがある

OneMix 3Pro のディスプレイサイズは 8.4インチ、解像度は 2560 x 1600(WQXGA)です。
対して、CHUWI MiniBook は8インチ、解像度は 1920 x 1200(FullHD)です。

液晶ディスプレイの色合いを比べてみると、OneMix 3Pro の方が個人的には見やすく好みな色合いです。

同じ明るさに設定したところ、CHUWI MiniBook のディスプレイの方が OneMix 3Pro よりも明るいです。少し明るさを抑えて使った方が良いかもしれないですね。

OneMix 3Pro vs CHUWI MiniBook ディスプレイ

本体の大きさ・重さの違いは

OneMix 3Pro と CHUWI MiniBook の大きさ・重さに違いがあります。
メーカー側がアナウンスしている大きさ・重さは下記のとおりです。

OneMix 3Pro の大きさは 204 × 129.4 × 14.9 mm、重さは 659g
CHUWI MiniBook の大きさは 201 x 128.6 x 18~19.3 mm、重さは 660g

しかし、画像を見てもわかるとおり、実際の大きさに差があることがわかります。

OneMix 3Pro vs CHUWI MiniBook

大きさ・重さがコンパクトなのは CHUWI MiniBook といえます。
実測値ベースの本体重量は、OneMix 3Pro が 684g、CHUWI MiniBook が 660g で 24g の差がありました。

本体の厚さにほぼ違いはないものの、開いた状態でのキーボード側の厚さは数ミリほどの違いが見られました。

OneMix 3Pro vs CHUWI MiniBook 厚さ

大きさ、重さには関係ありませんが、OneMix 3Pro は指紋や皮脂が目立ちやすいカラー(ブラック)なので注意が必要です。

ストレージ容量・拡張性には要注意

OneMix 3Pro のストレージ容量は 512GB(PCIe SSD(取り外し不可))を搭載しています。
対して、CHUWI MiniBook は 128GB(eMMC 5.1)を搭載しています。

ただし、CHUWI MiniBook は 拡張ストレージ(M.2 PCIe SSDスロット)が用意しているので、うまく活用すれば OneMix 3Pro との差はなくなります。

OneMix 3Pro vs CHUWI MiniBook

実際の使いやすさどっちが良いのか

OneMix 3Pro と CHUWI MiniBook を実際に使ってみて、どちらが良かったのか、大きな差・注意点などをチェックしていきます。

内蔵ファンの音が大きいのはどっち

OneMix 3Pro と CHUWI MiniBook は、温度変換に応じて自動で内蔵ファンが回ります。
静かな環境で作業をしていると、ファンの音が気になることがあります。

OneMix 3Pro の内蔵ファンは静音性に優れているといえるでしょう。
対して、CHUWI MiniBook は独特な風切り音がうるさく感じます。

個体差なども考えられるので、あくまでも参考としてください。

インターフェイスに大きな差がある

OneMix 3Pro のインターフェイスは、MicroHDMI 出力・USB 3.0 × 1・イヤホンジャック・USB Type-C・microSDスロットです。

CHUWI MiniBookのインターフェイスは、MiniHDMI 出力・USB3.0 × 1・USB 2.0 × 1・イヤホンジャック・USB Type-C・microSDスロット・拡張ストレージ(M.2 PCIe SSDスロット)です。

拡張性に優れているのは CHUWI MiniBook です。
OneMix 3Pro と比べると、拡張ストレージ (M.2 PCIe SSDスロット)、USB 2.0 ×1が多く搭載しています。

OneMix 3Pro vs CHUWI MiniBook 厚さ

3つのスタイルで使えて便利

どちらの製品も3つのスタイルで使えて便利です。

通常モードではキーボードを使ったクラムシェルモード、液晶を折り返してタブレットモード、動画鑑賞向けのテントモードとして運用できる “ 2in1 ” タイプの UMPCです。

OneMix 3Pro vs CHUWI MiniBook

液晶部分を裏側に折り返すとキーボードは無効化され、タッチスクリーンのほかペン入力での操作ができます。

大きな違いは実感できませんでしたが、ヒンジ部分についてはよりスムーズに使えるように調整・改良されているのは OneMix 3Pro です。

OneMix 3Pro vs CHUWI MiniBook

スタイラスペンの筆圧感知に差がある

どちらの製品もタッチ操作だけでなく、スタイラスペンに対応しています。
CHUWI MiniBook は 2048段階の筆圧感知、OneMix 3Pro は 4096段階の筆圧感知で違いがあります。

優れているのは OneMix 3Pro です。
ただし、どちらの製品もプロフェッショナルに使えるというものではなく、イメージをラフ画にしたり、ビジネスシーンのちょっとしたメモを取るのに適したツールです。

どちらもペンは別売りな点には注意してください。

OneMix 3Pro vs CHUWI MiniBook

OneMix 3シリーズはカメラは未搭載

OneMix 3シリーズはカメラは未搭載です。
CHUWI MiniBook は 200万画素の WEBカメラが搭載されています。

ビデオチャット・テレビ会議などを使うシーンを想定している人には便利な機能です。

キーボードレイアウトに注意が必要

結論からいえば、どちらのキーボードにもクセがあります。
この部分は、すべての UMPC に共通していることです。

使っていけば慣れていく部分ですが、やはり自分に合った使いやすいキーボードレイアウトを選んで購入した方が便利です。

OneMix 3Pro vs CHUWI MiniBook キーボード

OneMix 3Pro のキーピッチは 18.2 mm、CHUWI MiniBook のキーピッチは 19mm でフルサイズキーボードと変わりません。

どちらの製品も英語キーボード/日本語キーボードが発売されます。
静音性に優れたキーボードは OneMix 3Pro で、ちょっと雑な感じにパチパチと入力できるのは CHUWI MiniBook です。

OneMix 3Pro vs CHUWI MiniBook バックライト

視認性が高いバックライトキーボードを搭載していますが、液晶ディスプレイの明るさと同じように、明るいのは CHUWI MiniBook です。

連続稼働時間に違いがある

OneMix 3Pro 試作品、CHUWI MiniBook(ファクトリーモデル)を使って測定しました。
測定には、ベンチマークテスト BBench を使いました。

  • ディスプレイの明るさ 50%
  • ボリューム 50%
  • スリープしない
  • 無線LAN / Bluetooth ON
  • 電源プランは「バランス」

上記の測定条件で、強制休止までの時間を測定してみました。

OneMix 3Pro の連続稼働時間は3時間34分でした。
CHUWI MiniBook の連続稼働時間は2時間34分でした。

大きな差の原因は、同じ設定にしても CHUWI MiniBook の液晶ディスプレイが「明るい」ことが原因だと考えられます。
電源プランと明るさを設定すれば、どちらの製品も連続稼働時間を延ばせます。

OneMix 3Pro と CHUWI MiniBook 徹底比較のまとめ

8インチサイズの UMPC の中でも、スペック重視の OneMix 3Pro と、コストパフォーマンス重視の CHUWI MiniBook を徹底比較してきました。

この記事執筆時点では、OneMix 3Pro は一番高いのスペックを搭載した UMPCです。 なので、ベンチマークテスト結果では CHUWI MiniBook を圧倒しています。

しかし、搭載されている機能、大きさ・重さ、インターフェース、最大開度、キーボードなどについては、CHUWI MiniBook も引けを取っていません。

総合的な操作性は互角、ビルドクオリティに差がある

結論としては、総合的な操作性に違いはありません
光学式ポインティングデバイス、それを補うタッチディスプレイ機能、キーボードレイアウトなど操作性は互角と言えるでしょう。

ただし、製品自体のビルドクオリティが優れているのは OneMix 3Pro です。
ライバル社と比べて一歩先を行くスペック、4096段階の筆圧感知、ヒンジの改良などといった面で差が表れています。

ただし、コストパフォーマンスが高いのは CHUWI MiniBook です。
メイン・サブどちらでも使いたい人は OneMix 3Pro、サブ機として・オフィス作業のみに使いたい人は CHUWI MiniBook がおすすめです。

OneMix 3Pro vs CHUWI MiniBook

サポート面で優れているのはどっち

サポート面で優れているのは OneMix 3Pro です。
全国のヨドバシカメラ、ビックカメラの各店舗および One-Netbook 公式ショップ、Amazon.co.jp などで取り扱いがされていて、日本国内でのサポートも十分に期待できます。

CHUWI製品は日本国内に代理店はあるものの、大手量販店での販売実績がほとんどなく安心できるサポートは期待できません。

ストア製品名クーポン適用後の価格
GeekBuyingOneMix 3Pro 海外版 or 日本語版Mix3Pro939.99ドル
日本公式サイトOneMix 3Pro 日本語版116,999円(税別)
AliExpressCHUWI MiniBook580ドル

OneMix 3Pro と CHUWI MiniBook、それぞれにスペックの違い、使いやすさ、特徴、メリット・デメリット、価格の違いなどがあります。

性能・価格だけでなく、トラブルがあった場合のサポート面についても、よく考えた上で自分にピッタリの UMPC を選んでみてください。

あわせて読みたい

2019年11月21日、One-Netbook社の新製品発表会が開催されました。そこで正式発表された世界最小 2in1 UMPCは、インテルの第10世代 Core プロセッサを搭載した OneMix 3シリーズ最上位モデル「One[…]

OneMix 3Pro レビュー

Amazonでお得に買い物できる節約術!

Amazonで少しでもお得に買い物したいのなら、Amazonギフト券での購入がおすすめです。

1円単位でも購入できるので余すことなく使い切れます。

しかも、初回購入なら 1,000円分のポイントがもらえる!

Amazonでお得に買い物

  1. キャンペーンにエントリー
  2. Amazonギフト券を 5,000円以上注文する
  3. コンビニ・ATM・ネットバンキング払いで支払う
  4. 支払い完了月の翌月中旬頃にポイント付与

Amazonでよく買い物をする人ほど、お得に買い物できる!
しかも、プライム会員なら還元されるポイントも UP!

\ お得に買い物できる節約術 /

最大2.5%分のポイントがもらえる!
コンビニ・ATM・ネットバンキング払いが対象

>実践済み!格安販売「Windowsライセンス」

実践済み!格安販売「Windowsライセンス」

圧倒的な安さで Microsoft Windows 10 / Officeなどを販売している consogameで Windows 10 Proを実際に購入した導入手順などを詳しくご紹介しています。

ローリスク・ハイリターンで、正規ライセンスを手に入れよう!

CTR IMG