挑戦者求む! 8.9インチ 新しいUMPC「MAG1」が、早くも GeekBuyingで発売!実際のところ、どうなのよ。

MAG1 Magic-Ben

「それ、GPD製品でしょ?」
「違うよ。Magic-Benの MAG1 だよ。」

突然登場した第4の勢力「Magic-Ben」
GPD、One-Netbook、CHUWI に続き、Magic-Ben の「MAG1」が参戦です!
このままだと中国メーカー同士の体力勝負、つぶし合いを強いられそうな気がします。

突然、製品発表したかと思えば、海外通販サイト GeekBuying でプレセールを開始、このスピード感ある Magic-Ben社のデビュー作をご紹介していきます。

新しく登場した UMPC「MAG1」ちょっとカッコイイ

中国広州に本部を構える Magic-Ben社は、UMPC のベンチャー企業として誕生しました。
そのデビュー製品として発表したのが 「MAG1」 なんです。

速発表・速プレセールのスピード感!
最近の UMPC製品といえば情報を小出しにして注目を集めるティーザー広告ばかり。

それと比べると、 製品発表からプレセールをすぐ開始した Magic-Ben の MAG1 には好感が持てます。やきもきしなくて良いですからね。

MAG1

本体天板には、Magic-Ben のロゴ(稲妻マーク?)が描かれています。
ゲーミングPCデザインっぽくて、ちょっとカッコイイかも。そんな MAG1 のスペック・価格・搭載されている機能・押さえておきたいポイントを確認していきます。

期間限定で使える割引クーポンで安くなる!

MAG1 が割引クーポンコードで安くなります!
期間限定で使えるクーポンなので、お早目にご利用ください。

しかも、プレセールが開始されたばかりなのに “希望小売価格よりも最大 26% OFF” で発売です。それに加えて割引クーポンも使えるなんてお得ですよね。

“独身の日セール” なら、超お得に使えるクーポンがあります!
1111GKB30 を使えば、なんと表示価格より 30ドル 安くなりますよ!

MAG1のスペックを確認!

最初に MAG1のスペックを詳しくみていきましょう。
GPD、One-Netbook、CHUWI といった企業からも UMPC が発売されているので、最も気になるポイントです。しっかりチェックしていきましょう。

MAG1 スペック

実際に発売される本体カラーは、人気カラーの「ブラック」のみです。
スペックそのままに、4G LTE 対応したモデルも発表されています。

もはや定番といえるスペックを搭載してきた

UMPCのベンチャー企業 Magic-Ben のデビュー製品ということで、ライバル企業と違ったスペックで発売されたかと言えば、もはや定番といえる “お堅い” スペックを搭載してきました。

MAG1は大きく2つのモデルを発表しています。
どちらもインテル第8世代 Core m3-8100Y を搭載しています。
一つは、メモリ 8GB、ストレージ容量 256GB のエントリーモデル、もう一つは、メモリ 16GB、ストレージ容量 512GB のハイスペックモデルです。

新しく発表された 4G LTE 対応モデルを合わせれば、全部で4つのモデルです。

MAG1

CHUIWI MiniBook や、OneMix 3シリーズのディスプレイサイズは8インチですが、MAG1 は GPD P2 Max と同じ少し大きな 8.9インチを採用しています。

Magic-Ben社が MAG1 のセールスポイントとしているのは、液晶ディスプレイの “ベゼル幅の狭さ” です。他社製品と比べるとたしかに狭いかも。

初!4G LTE に対応しています。

驚くべきことに MAG1 は、4G LTE 対応に対応します。
現在発売されている UMPC では、OneMix 3(初期ロットの一部)のみ対応していましたが、MAG1 は 4G LTE 対応モデルを用意しています。

4G LTE 対応 UMPCがデビュー!
正式に 4G LTE 対応をアナウンスした UMPC は MAG1 が初めてです。
SIMスロット、アンテナだけでなく、LTEモジュールも搭載しています。

4G LTE対応のUMPC

※ 4G LTE 対応モデルについては、2019年11月7日に発表されました。

大きさは GPD P2 Max相当

GPD製品によく似た製品は過去にも販売され続けていますが、同じように MAG1 の見た目は、GPD P2 Max によく似ています。タッチパッドを搭載している点なんかも・・・きっと、たまたまですよね。

本体の大きさは、207.2 x 146.5 x 17.5 mm で GPD P2 Max 相当ですが、本体の重さは どの製品よりも重たい 690g です。ただ、重たいといっても 30gくらいの差なので、体感的には気にならないかも。

ちなみに、重さを順に並べてみると・・・
MAG1(690g)、CHUWI MiniBook(660g)、OneMix3シリーズ(659g)、GPD P2 Max(650g)です。いずれも公式発表されたスペック数値です。
う~ん、ほとんど横ばいなのがわかりますね。

MAG1

I/Oポートは必要最低限

MAG1 の I/Oポートは、USB Type-C、USB 3.0、MicroHDMI、microSDカードスロット、イヤホンジャックと必要最低限のみです。

多くの USB機器を接続したいという場合には、USBハブが必要となります。
UMPC ってこんな感じのシンプル設計で良いと思います。

MAG1 I/Oポート

搭載されている機能もシンプル

MAG1 に搭載されている機能もシンプルです。
タッチスクリーン、バックライトキーボード、指紋認証、トラックパッド、4G LTE 対応(4Gモデルのみ)の5点です。

キーボードレイアウトは OneMix 3シリーズ相当
OneMix 3シリーズのような液晶画面が 360度回転、4096段階の筆圧感知を使わないという人であれば十分でしょう。

MAG1のキーボードレイアウトは、OneMix 3シリーズによく似ています。
GPD P2 Max の5列キーボードではなく、6列キーボードを採用しています。こちらの方がしっくりくるという人は意外と多いかも。

MAG1 キーボード

充電・給電には困らないかも

充電・給電は USB Type-C で 5V / 9V / 12V に対応しています。
ほとんどのモバイルバッテリー、ACアダプタ機器で動作確認ができるでしょう。
後発製品だけに、こういったところはキッチリ押さえてきていますね。

MAG1 給電・充電

ちょっと気になるところ

Magic-Ben社の Twitter アカウントでは、MAG1 の動画が公開されています。
MAG1 はクラムシェルタイプの UMPC です。
※メーカーから公開されたスペック表をもとにした最大開度です。

動画をよく見ると、大きく天板を開いたときに少し後ろにグラつくような動きが見受けられます。もしかしたら、GPD P2 Max と同じように “倒れそうで倒れない絶妙な重心” になっているかもしれません。

GeekBuyingでプレセールを開始!

海外通販サイト GeekBuying で、MAG1 は先行プレセールを開始しました。
エントリーモデル、ハイスペックモデルの価格はご覧のとおりです。

“独身の日セール” なら、超お得に使えるクーポンがあります!
1111GKB30 を使えば、なんと表示価格より 30ドル 安くなりますよ!
MAG1 大きさ

GPD P2 Max によく似たと大きさと機能(液晶ディスプレイは 8.9インチ、タッチパッド)と、OneMix3シリーズによく似たキーボードレイアウト(6列)を採用したモデル。

ライバル企業の “おいしいとこ取り” のMagic-Ben社のデビュー製品「MAG1」に注目です。

Magic-Ben MAG1は、プレセールを開始したばかりです。
実際に出荷されるまで、1カ月以上かかる点には注意をしてください。
あわせて読みたい

ここ最近になって多くのメーカーから UMPCが発売されています。しかし、同じような見た目、スペックで違いがわかりづらく、正直どれを選べば良いか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。この記事では、8インチサイズの人気 UM[…]

8インチ UMPC比較

Amazonでお得に買い物できる節約術!

Amazonで少しでもお得に買い物したいのなら、Amazonギフト券での購入がおすすめです。

1円単位でも購入できるので余すことなく使い切れます。

しかも、初回購入なら 1,000円分のポイントがもらえる!

Amazonでお得に買い物

  1. キャンペーンにエントリー
  2. Amazonギフト券を 5,000円以上注文する
  3. コンビニ・ATM・ネットバンキング払いで支払う
  4. 支払い完了月の翌月中旬頃にポイント付与

Amazonでよく買い物をする人ほど、お得に買い物できる!
しかも、プライム会員なら還元されるポイントも UP!

\ お得に買い物できる節約術 /

最大2.5%分のポイントがもらえる!
コンビニ・ATM・ネットバンキング払いが対象

>実践済み!格安販売「Windowsライセンス」

実践済み!格安販売「Windowsライセンス」

圧倒的な安さで Microsoft Windows 10 / Officeなどを販売している consogameで Windows 10 Proを実際に購入した導入手順などを詳しくご紹介しています。

ローリスク・ハイリターンで、正規ライセンスを手に入れよう!

CTR IMG