中華ゲーム機「GameForce」を実機レビュー。バックライトボタン搭載、EmuELEC認定モデル

GameForce 実機レビュー

中華ゲーム機「GameForce」は、これまでに発売された中華ゲーム機とは一味違います。
独自プロダクト商品だけに、バックライトボタン、解像度 640×480、ワイヤレス通信対応といった組み合わせは、中華ゲーム機マニアに刺さる仕様に完成されています。

EmuELEC公式認定された中華ゲーム機なので、オンラインシステムアップデート(OTA)をサポートしており、長期的なシステム改善が期待できるモデルです。

GameForce の価格・販売ストア、スペック、特徴、初期設定・使い方、エミュレータ性能などをご紹介していきます。


GameForce の価格・販売ストア

GameForce 価格・販売ストア

中華ゲーム機 GameForce は、公式ストアで販売しています。
いまのところ国内外の通販サイトで流通している商品ではない点には注意してください。

本体カラーバリエーションは、蛍光色のグリーン、オレンジに加え、ミルキーの3色。
販売価格は 95ドルです(別途送料 15ドルがかかります)

クーポンコード「tonchiki」適用で安く!

海外通販サイトで購入する場合は PayPal などの保護措置がある決済方法を利用しましょう。
万が一の事故のとき返金手続きが、クレジットカード決済より安心・簡単です。


GameForce のスペック

GameForce のスペックを詳しくチェックしていきます。
性能は、ここ最近になって発売された ODROID-GO Advance クローン機そのままです。

マニア・玄人好みなスペックかも!
中華ゲーム機「GameForce」
  • システム:Open source linux system(EmuELEC、RetroArch)
  • ディスプレイ:3.45インチ IPS (4:3)
  • 解像度:640 × 480
  • CPU:RockChip RK3326(1.5Ghz)
  • RAM:1GB
  • ストレージ容量:microSDカード(最大512GB)
  • 大きさ: 87 × 155 × 18~29mm(実測値)
  • 重さ:210g(実測値)
  • バッテリー容量:3000mAh
  • ワイヤレス通信:Wi-Fi(Bluetoothサポート未定)
  • インターフェイス:USB Type-C、イヤホンジャック、microSDカードスロット
  • 素材:プラスチック
  • その他:バックライトボタン(7色LED)、振動モーター、デュアルスピーカー

免責事項:スペック情報の正確性には細心の注意を払っていますが保証はできかねます。

GameForce をしっかりチェックしていく

中華ゲーム機「GameForce」をしっかりチェックしていきます。
付属品から基本的な特徴、初期設定・使い方、ホットキーリスト、データ転送、エミュレータ性能、実際の使い心地にいたるまで徹底解説していきます。

GameForce の付属品

GameForce 付属品

専用収納ポーチ、液晶クリーナー、マニュアル(中国語・英語)、USB Type-Cケーブルが付属します。日本語記載はありませんが、これまでにないレベルの詳しいマニュアル内容です。

システムの導入方法、使うべきアプリ、ホットキーリストがすべて網羅されています。
補足事項などを含めて、後ほど詳しく解説していきます。

ネオジオポケットライクなデザイン

GameForce 大きさ・重さ

GameForce は、Gao Feng氏による独自プロダクト商品です。
そのため、制作者の好みを反映したネオジオポケットライクなデザインが採用されています。

筐体品質は、Powkiddyシリーズと同等レベルといった感じです。
ANBERNIC が発売する RGシリーズのクオリティには勝てませんが、総合的な満足度が高い品質に仕上げられています。

本体サイズは一般的な中華ゲーム機レベル

GameForce 品質

GameForce の大きさは 87 × 155 × 18~29mm、重さは 210g(どちらも実測値)です。
販売ストア情報では未公開だったたの、大きく・重たいものと予想していました。

実際の大きさ・重さは一般的な中華ゲーム機と、ほとんど変わりません。
ほかの中華ゲーム機との比較は、次のとおりです。

製品名大きさ重さ
RG351P71 × 152 × 17.6mm181g
RG351V94 × 140 × 27mm223g
GameForce87 × 155 × 18~29mm210g

基本機能は充実している

GameForce I/Oポート

ここ最近になって発売された ODROID-GO Advanceクローンな中華ゲーム機は、少しずつ付加価値を向上しているものの、何かしら納得できないところがあります。

GameForce にも欠点はありますが、ほぼすべての付加価値が組み込まれています。
ざっくりと見ると欠点は、microSDカードスロットが1つしかないことだけです。
それ以外の機能は納得できるものとなっています。

GameForce 入出力ポート

液晶ディスプレイの解像度は 640 × 480、ワイヤレス通信対応(Wi-Fi、Bluetooth(サポート未定))、左右アナログスティック、デュアルスピーカー、振動モーターと充実しています。

それ以外にも、バックライトボタン、EmuELEC公式認定による長期的なサポート、オンラインシステムアップデート(OTA)に対応しており、これまでの中華ゲーム機にはない『強み』を持っています。

操作性は標準レベルと判断

GameForce 操作性

GameForce の操作性は高く評価されています。
筐体の持ちやすさ・ボタン配置は、評価が高い Retroid Pocket2 に似ています。
ボタンの押しやすさについては個人的には好みです。

L2/R2ボタンは奥まったところに配置されているので、指が短めな方には操作しにくいです。
また、左右アナログスティックには、L3/R3ボタン相当の押し込みボタンがありません。
そのため、左下に独立した G1/G2ボタンを搭載しています。

アナログスティックの操作性は、標準状態のままでは ANBERNIC の RGシリーズような快適さを体感できません。ただし、ゴムカバーを別途用意することでこの問題は改善できます。
全体的には満足できるものの、個人的には辛口評価の標準レベルと判断します。

バックライトボタンは7色で楽しい

GameForce イルミネーションボタン

GameForce のバックライトボタンは7色から選べます
カラーバリエーションは、レッド、グリーン、ブルー、ホワイト、パープル、イエロー、シアンです。その他にもステータスLED(右側LED)について設定が用意されています。

LEDライトはほどよい明るさなので、ゲームプレイ中に気になることはありません。
ただし、筐体が透けてしまう点については、筐体を分解して遮光するなどの対策が必要です。

ちなみに、バックライトボタン、ステータスLED の設定方法はこちらです。

  1. スタートボタンを押して「メインメニュー」を表示
  2. 「EMUELEC SETTINGS」を選択
  3. 「BUTTONLED COLOR」または「STATUS LED」を選択
  4. お好みのカラー、モードに変更

液晶ディスプレイは見やすく・鮮明

GameForce 液晶ディスプレイ

液晶ディスプレイサイズは 3.45インチ IPS、解像度は 640 × 480(4:3)です。
海外フォーラムなどでも評価されているとおり、見やすく・鮮明な液晶ディスプレイです。

ただし、フルラミネーション加工された液晶ディスプレイではありません。
ANBERNIC の RGシリーズと比べてしまうと、反射面が多く、高コントラストでクリアな映像は実現できていないと評価せざるを得ません。

実際のサイズ感を確認しよう

GameForce 大きさ・比較

ゲームボーイアドバンス、ネオジオポケットカラーと比べると、大きく・重たいです。
ただし、体感的にはそれほど負担にはならず、長時間のゲームプレイにも対応できます。

大きさについては、一般的な中華ゲーム機相当。
重さについては、ニンテンドー3DS(230g)に近いと考えればわかりやすいと思います。

エミュレータ性能は変わらない

GameForce エミュレーター性能

ODROID-GO Advance クローンな中華ゲーム機のため、基本的なスペックは変わりません。
そのため、動作するエミュレータ・ゲームタイトルは RG351シリーズ(RG351P/M/V)などと大差ないと判断して良いでしょう。

GameForce は、中華ゲーム機マニア・玄人向けモデルです。
システムの初期導入、エミュレータの各種設定・チューニングを自己解決して導入する必要があります。届いてすぐにゲームプレイできる環境ではない点には注意してください。

ただ、EmuELECとのオフィシャルパートナーシップを締結していることもあり、最新のファームウェアバージョンを継続して使えることが約束されています。CFW に頼らない健全な管理・運用を進めていくことが可能です。


GameForce の使い方・初期設定

GameForce 初期設定

GameForce の使い方・初期設定を詳しく解説していきます。
セットアップ・設定を進めるには、中級者以上の知識が必要です。
細かなエミュレータのチューニングなども必要となる点には注意してください。

GameForce には microSDカードが付属しません。
EmuELEC とのパートナーシップ締結の「取り決め」となっているためです。

ファームウェアの導入する

GameForce ファームウェア
  1. GitHub の EmuELECページを開く
  2. Assets項目の「EmuELEC-GameForce.aarch64-X.X-chi.img.gz」版をダウンロード
  3. ダウンロード後に解凍する(イメージファイル)
  4. Win32DiskImager をダウンロード・インストール
  5. 新しい microSDカードをパソコンに挿し込む
  6. Win32DiskImager を起動
  7. イメージファイルと新しいmicroSDカードの場所を指定
  8. Writeボタンを押して、しばらく待てば完了
  9. 最後に microSDカードを GameForce に挿し込み起動する

完了後にダイアログがいくつか表示された場合は、すべてキャンセルして問題ありません。
最後に、GameForce に microSDカードを差し込み起動しなけば完成しません。

システムメニューを「日本語」に設定

GameForce 使い方

ファームウェア導入後にやるべきことはシステムの「日本語化」です。
下記の手順を参考に設定していきましょう。

  1. GameForce の電源ON
  2. STARTボタンを押してシステムメニューを表示
  3. 「SYSTEM SETTING」を選択
  4. LANGUAGE を「JAPANESE」に変更して BACK
  5. ダイアログが表示されたら「YES」を選択
  6. 再起動後にシステムが日本語化されます。

ホットキーリスト・ファンクションキー

GameForce のホットキーリスト・ファンクションキー一覧です。
一覧の「HK」はホームボタン(ホットキー)のことです。
グローバルメニューのファンクションキーは、RetroArchメニューでも機能します。

グローバルメニュー
RetroArchメニュー
  • HK+十字上:音量UP
  • HK+十字下:音量DOWN
  • HK+十字右:明るさUP
  • HK+十字左:明るさDOWN
  • HK+START:エミュレーター終了
  • HK+R1:ステートセーブ
  • HK+L1:ステートロード
  • HK+R2:早送り
  • HK+十字左:セーブスロット+
  • HK+十字右:セーブスロットー
  • HK+X:メニュー画面
  • HK+B:リセット

ゲームイメージ・BIOSイメージのデータ転送方法

ゲームイメージ・BIOSイメージのデータ転送方法は2種類あります。
1つは microSDカードを取り出してデータ転送する方法
もう1つは Wi-Fiドングルを接続したデータ転送方法です。

詳しくは、下記の記事を参考にして準備を進めてください。

あわせて読みたい

ずっしりとした重厚感・堅牢性を確保した金属筐体を採用した「RG351M」は、人気が高い RG351P をベースにワイヤレス通信機能を搭載した高級モデルです。ODROID-GO Advanceクローンな中華ゲーム機としての基[…]

中華ゲーム機「RG351M」 実機レビュー

microSDカードの中身を認識しない場合は、「Linux File System for Windows by Paragon Software」などを導入すると良いでしょう。下記の記事を参考にして準備を進めてください。

あわせて読みたい

中華ゲーム機 No.1 の地位に君臨している RG350 を上回るスペックで注目されている期待の新星「RK2020」が登場しました。この中華ゲーム機の最大の注目ポイントは、ニンテンドー64、PSP、ドリームキャストも遊べるところで[…]

RK2020 実機レビュー
IPアドレスが「fe80」で始まる IPv6アドレスで表示されることがあります。
Wi-Fi設定を繰り返し行うことで、通常の IPアドレスが表示されます。

総合的な満足度は高い、マニア・玄人向けモデル

GameForce メリット・デメリット

独自プロダクト商品として誕生した中華ゲーム機 GameForce は、総合評価としては満足度が高い中華ゲーム機です。EmuELEC公式認定されている安心感は絶大で、これからも最新のシステム体験を継続していけます。

その反面、EmuELEC との取り決めで microSDカードを付属することができません。
ユーザー側はファームウェアの導入、エミュレータの各種設定・チューニングなどを自己解決できるスキルを求められます。

海外フォーラムなどで『システムが不完全』と評価されるのは、使用するユーザー側のスキル不足が原因なのかもしれません。例えば、ゲームイメージだけを保存して、BIOSイメージを保存・設定を忘れているケースなどが見受けられました。

上手く使いこなせれば、操作性の評価も高く、解像度 640 ×480、ワイヤレス通信、バックライトボタン7色、オンラインアップデート(OTA)対応など、非常にポテンシャルの高い中華ゲーム機です。中華ゲーム機マニア・玄人の方は是非、挑戦してみてください。

GameForce 実機レビュー
  • EmuELEC公式認定
  • 全7色!LEDバックライトボタン搭載
  • マニア・玄人向けの中華ゲーム機
クーポンコード「tonchiki」で安く!
あわせて読みたい

RG351シリーズ初の縦型モデル、木目調デザインをラインナップに含めた「RG351V」は、ODROID-GO Advanceクローンな中華ゲーム機の機能をさらに高めた改良モデルです。一般的に縦型モデルは横型モデルと比べて、[…]

RG351V 実機レビュー

Amazonでお得に買い物できる節約術!

Amazonでお得に買い物したいのなら、Amazonギフト券 がおすすめです。

1円単位でも購入できるので余すことなく使い切れます。

しかも、初回購入ならキャッシュバックポイントがもらえる!

Amazonでお得に買い物

  1. キャンペーンにエントリー
  2. Amazonギフト券を 5,000円以上注文する
  3. コンビニ・ATM・ネットバンキング払いで支払う
  4. 支払い完了月の翌月中旬頃にポイント付与

Amazonでよく買い物をする人ほど、お得に買い物できる!
しかも、プライム会員なら還元されるポイントも UP!

\ お得に買い物できる節約術 /

最大2.5%分のポイントがもらえる!
コンビニ・ATM・ネットバンキング払いが対象

実践済み!格安販売「Windowsライセンス」

圧倒的な安さで Microsoft Windows 10 / Officeなどを販売している consogameで Windows 10 Proを実際に購入した導入手順などを詳しくご紹介しています。

ローリスク・ハイリターンで、正規ライセンスを手に入れよう!

CTR IMG