中華ゲーム機「ANBERNIC RG505」販売開始

RG505 価格・販売ストア

中華ゲーム機「ANBERNIC RG505」の販売が開始されます。
2022年11月16日 午後7時からプレセールを開始、公式ストアにおけるプレセール価格は 20,499円(送料別途)で、プレセール期間(11月29日 午後7時)まで一般販売価格より 1,500円オフです。

主要スペックは 4.95インチ有機ELディスプレイ(960 × 544、マルチタッチ)、システムは Android 12、RAM は 4GB LPDDR4、ストレージ容量 128GB eMMC 5.1、バッテリー容量 5000mAh、SoC に Unisoc Tiger T618 を採用しています。

RG505 インターフェース

本体サイズは 189 × 87 × 18mm、重さは 286g、筐体素材は ABS樹脂素材を採用しています。カラーバリエーションは、全3色(グレー、グリーン、イエロー)です。

インターフェースは USB Type-Cポート、イヤホンジャック、下部に microSDカードスロットを備えており、ワイヤレス通信(Wi-Fi(2.4/5G)、Bluetooth 5.0)、バイブレーション、ステレオスピーカーという構成です。

RG505 スペック

大きな特徴として、システムは Android 12 でゲームフロントエンド採用(OTAアップデート対応)、PS Vita(PCH-1000)相当の 4.95インチ有機ELディスプレイ、6軸ジャイロセンサー、高品質なアナログスティック(Hall joystick)と、臨場感あるステレオサラウンドなデュアルスピーカーを採用しています。

エミュレーター性能は、Powkiddy X18S や Retroid Pocket 3+ と同等です。
ANBERNIC RG353シリーズよりも優れたモデルで、PSP、ドリームキャスト、セガサターンなどがそこそこ快適に動作、ゲームキューブ、PS2 の一部ゲームタイトルも動作します。

本体カラーや本体サイズ・重さ、ゲームフロントエンドを採用した Android 12 は好みが分かれるところですが、操作性・音質を向上した 4.95インチ有機ELディスプレイを採用した美しい色彩の描写・応対速度の速いゲーム体験が期待されます。

ANBERNIC RG505 商品ページリンク

一般販売価格:21,999円(送料別途)
販売開始:2022年11月16日 午後7時

プレセール期間:2022年11月16日 午後7時~11月29日 午後7時まで
一般販売価格から 1,500円オフ(割引後価格 20,499円)

anbernic

※Android 12 - RG505 アップグレード版 v1.18 について 1.Googleフレームワークとプレイス…

あわせて読みたい

中華ゲーム機「ANBERNIC RG505」は、RG353シリーズよりも優れた Unisoc Tiger T618 を搭載、システムに Android 12、PS Vita(PCH-1000)相当の 4.95インチ有機ELディスプ[…]

ANBERNIC RG505 レビュー
あわせて読みたい

中華ゲーム機「ANBERNIC RG353M」は、2022年上期で人気No.1 の RG351MP を踏襲した本体デザイン・金属筐体、RG351シリーズよりも優れた RockChip RK3566 を搭載、デュアルブートシステム採[…]

ANBERNIC RG353M レビュー
あわせて読みたい

中華ゲーム機「Retroid Pocket 3」は、本体デザインを刷新したモデルです。基本スペックは従来モデルから大きく変わりませんが、より大きな液晶ディスプレイ、デザインやカラーバリエーションの豊富さで注目されています。[…]

Retroid Pocket 3 レビュー
あわせて読みたい

Androidゲーム機「Powkiddy X18S」は、ツボを押さえた仕様が魅力です。Android 11、Unisoc Tiger T618、5.5インチ液晶ディスプレイ、解像度 1280 × 720 を搭載。ゲーミングで重要と[…]

Powkiddy X18S レビュー
あわせて読みたい

2022年上期(2022年1月~6月)の中華ゲーム機の売れ筋ランキングを発表します。世界的な半導体不足の影響が続いた 2022年上期、その中でも一番売れた中華ゲーム機の売れ筋ランキングを発表します。5つのカテゴリ分けしたラ[…]

2022年上期 中華ゲーム機ランキング

実践済み!格安販売「Windowsライセンス」

圧倒的な安さで Microsoft Windows 10 / Officeなどを販売している consogameで Windows 10 Proを実際に購入した導入手順などを詳しくご紹介しています。

ローリスク・ハイリターンで、正規ライセンスを手に入れよう!

CTR IMG