中華ゲーム機「ANBERNIC RG353P」販売開始

RG353P 価格・販売ストア

中華ゲーム機「ANBERNIC RG353P」の販売が開始されます。
2022年6月18日 午後6時55分からプレセールを開始、公式ストアにおけるプレセール価格は 17,449円で、プレセール期間の2日間のみ一般販売価格より 1,350円オフです。

主要スペックは 3.5インチ液晶ディスプレイ(640 × 480、4:3、タッチスクリーン)、デュアルブートシステム採用(Android 11 と Linuxベースのシステム)、ストレージ容量 32GB eMMC 5.1、バッテリー容量 3500mAh、SoC に RockChip RK3566 1.8GHz を採用しています。

RG353P インターフェース

『スーパーファミコンのコントローラー』をコンセプトにしたデザインで、本体サイズと重さは非公開、筐体素材は ABS樹脂素材を採用しています。カラーバリエーションは2色(グレー、クリアブラック)です。

インターフェースは USB Type-C を2つ(内1つは充電・給電用)、miniHDMI、イヤホンジャック、下部に microSDカードスロット2つを備えており、ワイヤレス通信(Wi-Fi(2.4/5G)、Bluetooth 4.2)、バイブレーション、ステレオスピーカーという構成です。

RG353P スペック

デュアルブートシステム(Android 11 / Linuxベースのシステム)の切り替えは、通常電源ON で Linuxベースのシステムを起動、ファンクションボタン(Fボタン)と電源ボタンを同時押しすることで Android 11 システムが起動します。(設定でデフォルトシステムを切り替え可能)

エミュレーター性能は、先に販売された ANBERNIC RG503 とほぼ変わりません。
PS1、ニンテンドーDS が快適動作、NINTENDO64、ドリームキャスト、PSP がそこそこ動作、セガサターン、ニンテンドー ゲームキューブは動作するレベルです。

AnTuTuベンチマークスコアだけで単純比較すると、ANBERNIC RG552 よりも劣るスコアとなっています。搭載されている RAM が 2GB LPDDR4 なので、システム環境・エミュレーターで ANBERNIC RG503 より若干の改善がみられるかもしれません。


ANBERNIC RG353P 商品ページリンク

一般販売価格:18,799円
販売開始:2022年6月18日 午後6時55分
2日間のみ販売価格から 1,350円オフ(割引後価格 17,449円)

anbernic

ブランド名:Anbernicモデル番号:RG353P 認証:CEオリジン:CN(オリジン)カラーディスプレイ:イエス画面…

あわせて読みたい

中華ゲーム機「ANBERNIC RG353P」は、RG351シリーズよりも優れた RockChip RK3566 を搭載、デュアルブートシステム採用(Android 11 と Linuxベースのシステム)、クラシックデザインを採用[…]

ANBERNIC RG353P レビュー

Amazonでお得に買い物できる節約術!

Amazonでお得に買い物したいのなら、Amazonギフト券 がおすすめです。

1円単位でも購入できるので余すことなく使い切れます。

しかも、初回購入ならキャッシュバックポイントがもらえる!

Amazonでお得に買い物

  1. キャンペーンにエントリー
  2. Amazonギフト券を 5,000円以上注文する
  3. コンビニ・ATM・ネットバンキング払いで支払う
  4. 支払い完了月の翌月中旬頃にポイント付与

Amazonでよく買い物をする人ほど、お得に買い物できる!
しかも、プライム会員なら還元されるポイントも UP!

\ お得に買い物できる節約術 /

最大2.5%分のポイントがもらえる!
コンビニ・ATM・ネットバンキング払いが対象

実践済み!格安販売「Windowsライセンス」

圧倒的な安さで Microsoft Windows 10 / Officeなどを販売している consogameで Windows 10 Proを実際に購入した導入手順などを詳しくご紹介しています。

ローリスク・ハイリターンで、正規ライセンスを手に入れよう!

CTR IMG